「アリバイ崩し承ります」Abemaオリジナル前編 ネタバレ・あらすじ~無料視聴方法も!~

2020年ドラマ
スポンサーリンク

『アリバイ崩し承ります 特別編 時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ』がAbemaTVで前後半の独占放送が決定しました。

時乃の幼少期や学生時代を描き、祖父から教わったアリバイ崩しのノウハウや、時乃のルーツについて紐解く物語です。

前編は、こんなお話です。

[balloon_left img="https://podafoods.com/wp-content/uploads/2020/02/youngwoman_37.png" caption="ライター"]

この日が休みだった察時は、時乃のアリバイ崩しのルーツを聞く。

小学生の時乃に祖父の時生がアリバイ崩しの練習問題集を渡す。

高校生だった雄馬が時計の修理に美谷時計店を始めて訪ねてくる。

中学1年になった時乃は祖父の時生本人のアリバイ崩しに挑戦する。

[/balloon_left]

アイキャッチ画像はhttps://www.tv-asahi.co.jp/alibi/#/?category=dramaより引用させていただいてます。

ドラマ『アリバイ崩し承ります』特別編は、AbemaTVで配信中です。

Abemaプレミアムは初回1ヶ月間無料で、1ヶ月以内に解約すれば料金は掛かりません。

『アリバイ崩し承ります』特別編 前編のネタバレ・あらすじ

1.アリバイ探しのルーツ

この日休みだった察時美幸(安田顕)は掃除中の美谷時乃(浜辺美波)に声をかける。

箱のようなものを掃除する時乃に「それは何?」と尋ねると「時間を動かす道具」だと応える。

アリバイ崩しを教えてくれた祖父・美谷時生(森本レオ)が作ってくれたアリバイ崩しに使うアイテムの一つだと言う。

アリバイ崩しはどのように教わったのかに興味を持った察時が時乃に尋ねてみる。

時乃が初めて祖父の時生にアリバイ崩しを教えてもらったのは小学校3年生の頃だったらしい。アリバイ崩しをする祖父に憧れ、アリバイ崩しを教えて欲しいと頼んだと言う。

それより以前に祖父が何故アリバイ崩しをやってるのか尋ねたことがあったらしい。アリバイとは時間を盗むこと、盗まれた時間を取り戻すことも時計屋の仕事だと思ってると話してた祖父に、将来時計屋を継ぐ時乃はどうしてもアリバイ崩しを教えてほしいと頼んだのだ。

「血は争えないね」と呟きながら時生が用意してくれたのが、アリバイ崩しの練習問題集と書かれた1冊のノートだった。

時生が自分の練習のために作ったノートで、それを時乃に譲ってくれたのが、アリバイ崩しを始めるきっかけだったらしい。

2.アリバイ崩しの事は秘密

小学校3年生の時に譲り受けたアリバイ崩しの練習問題集を全て解き終わったのは、時乃が中学校1年生の頃だったらしい。

1問終わっては答え合わせをしてもらい、ちょうど最後の問題が解けた日は、当時高校3年生だった渡海雄馬(成田凌)が自分の時計を直しに、初めて美谷時計店を訪ねてきた日でもあったらしい。

合わせてアリバイ崩しの事は絶対に誰にも言わない事を時生と約束した日でもあった。

この日、時乃のノートを見た雄馬に何のノートか尋ねられた時、時乃が正直にアリバイ崩しの練習問題集と答えようとしたとき時生に口止めされたのだ。

雄馬が帰った後、不思議に思った時乃は何故アリバイ崩しのことを言ってはいけないのか時生に尋ねた。すると時生は「アリバイ崩しは一番大事な時間を盗んでるのかもしれない、怒ってる人もいるかもしれない。だからアリバイ崩しのことはおじいちゃんと時乃二人だけの秘密なんだよ」と言われたのだった。

3.アリバイ崩しの実技が始まる

アリバイ崩しの練習問題集を解き終えた時乃に、今度は実技でアリバイ崩しを教えてくれるようになった。それは時生の72才の誕生日のことだった。

この日は二人で誕生日をお祝いしていた。時乃はハンカチをプレゼントとして送った。インスタントカメラで一緒に写真を撮ったり、二人で楽しい夜を過ごしていた。

すると誕生日パーティにご機嫌の時生は「私からのサプライズだ」と言って新しい『アリバイ崩しの問題』を出題すると言うのだ。

新しいアリバイ崩しの問題に興奮する時乃に「問題を出すのは明日だよ、明日はお店も休みだからね」と言ってなだめる。

時生は「今度の問題は今までとは一味違うよ、犯行に及ぶのは私自身だからね」と話す。

4.時生の時系列

15:00過ぎ:時乃が学校から帰ってくる

15:00過ぎ:居間でおやつを食べながら15時20分まで待機

15:20:店の振り子時計がちゃんと動いてるかを店で確認

15:25:時生がこっそり店の振り子時計を止めに戻ってくる

15:25:時乃はこの時も居間で待機

15:30:振り子時計を再確認すると15時25分で止まってる

16:00過ぎに時生が帰宅

15時20分~30分の間に時生が時計を止めに店に来たことは間違いない。

しかし時生は15時25分には全く別の場所にいたことを証明すると言うのだ。

16時過ぎに時生は店に戻ると15時25分のアリバイを時乃に渡す。それはインスタントカメラで撮った写真のネガとフィルムだった。

そこにあったのは昨日の誕生日に時乃と一緒に撮った写真。それと15時25分に"触ってはいけない壁時計"と一緒に写る時生の写真があった。

この"触ってはいけない壁時計"のある公園までは車で20分はかかる。もちろん壁時計の針を勝手に動かすことはできない。

察時の考えた推理を時乃に話す。察時はこの写真は別の日に撮られた写真ではないかと答える。

しかしこの写真は間違いなく、時生の誕生日の後に撮られた写真なのだ。理由は一緒に用意されていた写真のネガの位置がその順番になっていたからだった。この当時のカメラのネガは必ず撮った順番に並ぶ。つまり15時25分に"触ってはいけない壁時計"と一緒に写る時生の写真のネガの位置が、誕生日の日に撮った写真のネガのあとにあることから、この写真は間違いなく、誕生日の後に撮られたということになる。しかも写真の明るさから考えて、午前15時25分でもない。

続けて察時は、この"触ってはいけない壁時計"を鏡に映して、その鏡の前で撮ったのではないか、つまり鏡だと反転するので実際には8時35分に撮ったのではないかと推理する。

しかしその写真の画角だと反射した鏡がカメラに写り込んでしまう。

では写真のネガを裏焼きしたのではと推理する察時。しかしその場合は他の写真も反転するはずだが、他の写真は反転してない。

答えを話そうとする時乃を察時が慌てて止める。

中学1年生の時乃がこのアリバイを崩したと聞き、察時はもう少し考えさせてほしいと言う。

時乃はヒントはもう十分出ていることを示唆する。

以上が今回のネタバレ・あらすじになります。後半へ続きます。

『アリバイ崩し承ります』特別編 前編のまとめ・判明したこと

・小学3年生の時乃は祖父の時生に初めてアリバイ崩しの問題集をもらう

・中学1年生で問題集全てを解き終えた時乃はアリバイ崩しを実践で教わることになる

・中学1年生の時乃が高校3年生の雄馬と美谷時計店で初めて出会う

・時乃に初めて出題したアリバイ崩しの実戦の犯人は時生本人

『アリバイ崩し承ります』特別編 前編の感想

[balloon_left img="https://podafoods.com/wp-content/uploads/2020/02/youngman_34.png" caption="40代視聴者"]

ついに念願のおじいちゃんと時乃の競演が実現しました。回想シーンが少ないとは思ってたのですが、それはこの特別編のためだったんですね。

流石に中学1年生のみなみちゃんは、あまりにも美しすぎて無理があるのではと思ったのは私だけではないでしょうね。高校生役ならまだ全然いけますが中学もしかも1年生はちょっと無理がありますよね。

でもやっぱ可愛いからOKでしょう!アリバイ崩しの方は、来週までにしっかり考えたいと思います。

いよいよ本編は来週が最終回ですか。大分寂しいですが続編、いや映画化も期待しましょう(^^♪

[/balloon_left]

『アリバイ崩し承ります』無料視聴方法

ドラマ『アリバイ崩し承ります』特別編は、AbemaTVで配信中です。

Abemaプレミアムは初回1ヶ月間無料で、1ヶ月以内に解約すれば料金は掛かりません。

『アリバイ崩し承ります』特別編 前編の感想とSNSの反応