dai-docoro☆ベジタ 「ミニトマトとバジルのミネストローネ」作り方のレシピ(2022.3.6放送)

dai-docoro☆ベジタ
スポンサーリンク

2022年3月6日TBS『dai-docoro☆ベジタ』で放送された「ミニトマトとバジルのミネストローネ」のレシピを詳しくご紹介します!

抗酸化作用の高い、真っ赤なトマトを使った栄養たっぷりのスープ!

教えてくれたのは、イタリアンレストランラ・ルッチョラ オーナーシェフ 鈴木浩治さんです。

3月6日の放送で紹介された「ミニトマトとバジルのミネストローネ」のレシピを、速報でご紹介します。

ミニトマトとバジルのミネストローネ
※画像はdai-docoro☆ベジタから引用させていただいています。

dai-docoro☆ベジタ 「ミニトマトとバジルのミネストローネ」作り方のレシピ(202.3.6放送)

材料(2人分)

まずは材料をご紹介いたします。

・ミニトマト:8個

・ベーコン(スライス):40g

・たまねぎ:1個

・にんじん:1/3本

・セロリ:2本

・にんにく:1g

・オリーブオイル:12g

・塩:少々

・水:500ml

・チキンコンソメスープの素:1/2個

・冷やご飯:75g

・バジル:15枚

【仕上げ用】

・粉チーズ:小1

・黒こしょう:適量

・オリーブオイル:7g

作り方(調理時間:約30分)

  1. トマトは半分に切っておく。たまねぎは粗みじん切り、にんじん、セロリ、にんにくはみじん切りにしておく。ベーコンも食べやすく切っておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、トマト以外の①を加えて炒める。
  3. やわらかくなってきたら、塩を加えて味をととのえ、フタをして蒸し煮にする。
  4. 野菜がやわらかくなったら、トマト、水、チキンスープの素を加え、さらに中火で10分間煮込む。
  5. 冷やご飯、ちぎったバジルを加えてひと煮立ちさせる。
  6. お皿に盛りつけ、粉チーズ、黒こしょうをかける。オリーブオイルを回しかけて完成。

“この記事のまとめ”

料理のポイントです!

ポイント1

野菜を蒸し煮にすると、うま味と甘みが出てくる!!

ポイント2

イタリアでは、冷やご飯は野菜のひとつ!

野菜ソムリエ 関宏美さんによると、新鮮なミニトマトはヘタが青々としてピンと立っているもの。
赤色が濃ければ濃いほど、リコピンが豊富で、高い抗酸化作用が期待できます。

ミニトマトとたまねぎは相性バッチリ。
トマトのリコピンとたまねぎのケルセチンで、健康的な体作りが期待できます。

野菜たっぷり栄養いっぱいのミネストローネ!

みなさんもぜひご家庭で作ってみてくださいね。

その他の『dai-docoro☆ベジタ』レシピは、こちらからご覧いただけます。

[word_balloon id=”4″ position=”L” size=”M” balloon=”bump” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]
「dai-docoro☆ベジタ」
TBS系列 日曜12時54分~放送
料理・健康情報番組
鈴木 浩治(大阪「ラ・ルッチョラ」オーナーシェフ)
関 宏美(野菜ソムリエアワード、2018年日本一)
[/word_balloon]

最後までお付き合いありがとうございました。