まる得マガジン 魔法のびん調理レシピ(6)「魚のコンフィ」作り方(2022.2.8放送)

まる得マガジン
スポンサーリンク

2022年2月8日NHK Eテレ『まる得マガジン』で放送された「魚のコンフィ」のレシピを詳しくご紹介します!

便利!魔法のびん調理を楽しもう!
材料をびんに入れて湯せんするだけの簡単調理。

教えてくれたのは、料理研究家、フードコーディネーター 市沢衣久さんです。

2月8日の放送で紹介された「魚のコンフィ」の作り方の速報です。

魚のコンフィ
※画像はまる得マガジンから引用させていただいています。

まる得マガジン 魔法のびん調理レシピ「魚のコンフィ」作り方(2022.2.8放送)

材料

まずは材料をご紹介いたします。

・サーモン(刺身用)250g

・塩:小1/2

・レモン(国産):輪切り2枚

・ローリエ:1枚

・塩:小1/2

・オリーブオイル:カップ1/2

※煮沸可能なびん、フタはスクリュータイプのものを用意する。

作り方

  1. サーモンはスティック状に切り、塩をふる。15分間味をしみ込ませる。
  2. 水気が出てくるので、ペーパータオルでしっかり拭き、ビンの中に縦に入れる。
  3. レモンの輪切り、ローリエをびんの隙間に入れる。塩、オリーブオイルを注ぎ入れる。
  4. フタをしてビンを傾けながら全体をなじませる。
  5. 鍋の底に布を敷き、フタを少しゆるませてからびんを置く。
  6. びんの中身がかくれるくらい水を注ぎ、中火にかけて加熱する。
  7. 沸騰したら弱めの中火で20分間煮る。(途中お湯が減ったら継ぎ足ししてください)
  8. びんを取り出して乾いた布巾の上にのせる。粗熱が取れたら完成。
  9. 料理で使うときは、ローリエを取り出しサーモンを箸でほぐして。そのまま食べても良いし、料理にアレンジしても良いです。

“この記事のまとめ”

料理のポイントです!

ポイント

棒状に切ると、火の通りにムラがない!

「コンフィ」とは食材をオイルに浸けて加熱するフランスの料理法。
今回はびん1つでサーモンのコンフィを作りました。

サーモンのおいしさが凝縮して、後からさわやかにレモンが香ります。

このコンフィで作るパスタをご紹介します。

■サーモンと青じそのパスタ
コンフィ(100g)に千切りにした青じそ(4枚)を混ぜ、ゆでたパスタに和えるだけ。

■サーモンと温野菜のサラダ
加熱した野菜に、ほぐしたサーモンのコンフィとオイルをかけるだけ。

コンフィはマグロやカツオでもおいしく作れるそうですよ。

ぜひみなさんもご家庭で「魚のコンフィ」作ってみてくださいね。

その他の『まる得マガジン』レシピは、こちらからご覧いただけます。

最後までお付き合いありがとうございました。