ドラマ『ミステリと言う勿れ』2話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~久能の憧れ・サラサラストレートヘア~

ミステリと言う勿れ
スポンサーリンク

何故かバスジャックに巻き込まれた久能。
人質と思ってた坂本もバスジャック犯だった。

犬堂家に連れてこられた久能達。
そこには美しい女性の写真があった。
犬堂愛珠。
だが、誰もその女性を知らなかった。

愛珠は連続殺人事件の最初の被害者だったのだ。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第2話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2022.1.15時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

アイキャッチ画像はhttps://www.fujitv.co.jp/mystery/より引用させていただいてます。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』キャスト・原作・主題歌は?菅田将暉主演!天然パーマで変わり者の大学生・久能整がただただ喋りまくる
話題の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』を、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【ミステリと言う勿れ】"を、"無料!"で視聴...

ミステリと言う勿れ 2話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~久能の憧れ・サラサラストレートヘア~

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第2話のネタバレ

-秩序を守るのが人間-

印象派展に向かった久能整(菅田将暉)はバスジャックに遭遇してしまう。

そんな久能が落としたと思われる印象派展のチケットを拾った風呂光聖子(伊藤沙莉)は美術館に到着するも、久能の姿がないことに気づき久能に電話をするも、応答はなかった。

捜査本部では生きたまま埋められた遺体の件で話し合われていた。

風呂光はお茶菓子を買うよう頼まれて紫陽花堂で買って帰ると、池本優人(尾上松也)から被害者が紫陽花堂で働いていたことを知ってたのかと言われる。

知らなかった風呂光だが、自分も遺体発見現場に連れて行って欲しいと頭を下げるが、青砥成昭(筒井道隆)から「やめておけ」と告げられる。

バスの中では自己紹介を求める犬堂オトヤ(阿部亮平)に、淡路一平(森永悠希)、柏めぐみ(佐津川愛美)、坂本正雄(久保田悠来)、奈良崎幸仁(金田明夫)、露木リラ(ヒコロヒー)、熊田翔(永山瑛太)、そして運転手の煙草森誠(森下能幸)、久能は名乗り出た。

仕方なく事務仕事をする風呂光は、そこでバスジャック事件が起こったという通報があった事を聞くも、どのバスもダイヤは乱れていないという青砥はガセだろうと告げる。

おもむろにため息を着く風呂光を見た青砥は苦い顔をしていた。

一方、バスの中では窓を覆うよう指示された乗客たちは窓を覆うが、これからトイレにいけと言うオトヤは、ひとりでも帰らなければ全員の命はないと告げた。

だが久能はそれは違うと思います、と言うと、悪いのはオトヤひとりだと告げると怒りを買い、お前からトイレに行けと告げられる。

トイレに行った久能は、メモに「これを見つけた人へ」と書き、見つけたら池本の携帯に連絡をするよう、自分はバスジャックに囚われていることを書くも、メモが足りなくなり、慌てて壊れた通路の石畳に挟んだ。

だがその後やってきた人物がそのメモをバラバラに破いて風に飛ばした。

バスを出すと突然飛び出してきた自転車にバスが大きく揺れ、乗客たちも悲鳴をあげた。

オトヤは運転手に「殺すぞ!」と言うが、柏はやめて!と声を上げた。

なぜ殺しちゃいけないんだというオトヤは乗客たちなぜ殺しちゃいけないんだと問いかけるが、みんな口々に当たり前だとしか言わず、オトヤを納得させなかった。

すると久能は人を殺してはいけないことは無いと告げると、秩序を守るためだという久能は、今ここにいる人達は秩序を守っているから頃そうとしないだけだと告げる。

淀みなく喋り続ける久能に怒りを覚えたオトヤは久能を刺そうとするが、すんでの所で翔が久能を救い、坂本が犬堂の額を柱に打ち付けた。

正義のヒーローかと思った坂本はオトヤの仲間だったのだ。

-犯人探しのバスジャック-

風呂光は青砥に言われた事を思い出し、突然聞き込みへと走った。

あちこちで聞き込みを行う風呂光は、バス停の名前を告げたバーテンダーの言葉に、再び久能の事を思い出した。

その頃、バスジャックされたバスはまだ走っていた。

翔に助けて貰ったお礼を言うも、久能は計算して言ってたのかと言われ、計算ではないと告げると、ムフ、と金髪は告げた。

「僕たち似てるかも」

しばらくすると洋館の前でバスが止まり、犬の鳴き声が聞こえる中、坂本は告げた。

「ようこそ、犬堂家へ」

洋館へ招き入れられた乗客たちは、美しい女性の写真が飾られているのに目を止めると、この女を知ってるかと言われ、誰も知らないと答えた。

そして飾られた絵に「garo」と書かれているのを見つけた久能は、誰が書いた絵かと尋ねると、坂本が自分だと言うと、本当の名前は犬堂ガロだ、と告げた。

用意されていた食事に毒は入ってないと告げたガロは出ていくと鍵をかけた。

そんな中、それぞれに脱出を試みるが、洋館の窓の外は格子があり出ることは出来なかった。

すると露木は自分はジャーナリストだと告げると、最近起こっている連続殺人事件の話をすると、二人は犯人で、自分たちは殺されるのではないかと告げた。

その頃風呂光は、今回の連続殺人の被害者は、住まいは離れているものの、利用しているバスは同じだったことを告げる。

すると池本は久能と大事な時に連絡が取れないと告げると、風呂光は印象派展に向かうバスの話をすると、バスジャックを疑った。

そして風呂光は久能がバスジャックに遭遇しているのでは無いかというも、池本はそんなことは無いだろうと聞き入れなかった。

風呂光はネットでバスト接触事故を起こしかけた事件を見つけ、実際にそこへ向かうが、バスが止まるはずのない場所にあったことを警官も風呂光も不思議がっていた。

あちこち見回る風呂光は、石畳に躓くと、何者かがバラバラにした久能が書いた手紙の紙片を見つけた。

警察へ戻った風呂光は、やはり久能はバスジャックに遭遇していること、そして連絡殺人事件のバスと久能の乗ったバスがあった場所の近くには犬堂家があることを告げる。

犬堂家とは、最初の被害者である犬堂愛珠の住まいでもあるのだ。

スポンサーリンク

-今まで犯した重い罪の話-

乗客たちが待つ部屋にやってきたガロは、愛珠が3ヶ月前に行方不明になったことを告げると、最後に見かけたのはバスだったと言う。

乗客の誰かと一緒だったというガロは、愛珠は見つかったが既に亡くなっており、バスジャックの最初の被害者になったことが分かったと言う。

そして煙草はガロ達に頼まれて運転したというと、終点間近は常連の人しかいないため、愛珠が乗ってきたことは覚えていると告げた。

それを聞いた久能は「え?僕、終点まで乗ったことないんですけど?」と告げると、オトヤから「お前は最初から関係ないんだよ!」と告げる。

オトヤの言い分では、久能は勝手に事件に巻き込まれてきたのだと言われ、久能は「えー?」と驚くのだった。

誰も犯人だと名乗り出ないため、ガロは今までした一番重い罪の話をしろと言う。

すると翔が自分から話す、と言うと、友達と喧嘩し「お前なんか死ねばいい」と告げたことを後悔していたが、本当に友達は死んだのだと言う。

淡路は子供時代に駄菓子屋でしょっゅう万引きをしてたら、その駄菓子屋が潰れたと言うと、いじめられていた事を明かし、誰も逃げていいと言わなかった、と言う。

すると久能は、どうしていじめられてる方が逃げないといけないのか、と告げた。

海外ではいじめてる方がそれほど病んでいると思われカウンセリングを受けるが、日本は逆だという。

日本ではいじめられる側を逃がすが、みんなが「あいついじめてる、病んでるよ、カウンセリング受けさせなきゃ」って考えになればいいと思う、と告げた。

それを聞いた淡路は何故か泣き始めた。

ガロに指名された露木は、消防車がみたくて嘘の通報を何度かして見ていたが、そのせいで火事に間に合わなかったというと、ガロは嘘をつくのはその頃からかと告げる。

露木が町工場の事務員であることを明かすが、たまには嘘着いてもいいじゃないと言うと、自分がバカみたいだと告げた。

元カレが突然大陸に言った話や写真を送り付けてくるという露木に、久能は何が馬鹿みたいなんですか?元カレはいかだでも作って大陸に行ったのからと尋ねた。

飛行機だという露木に、それは毎日コツコツ働く人のおかげで元カレは大陸に行けたのだから、そんな話は聞かなくてもいいと久能は告げると、露木は「そうね」と告げた。

-ふてぶてしい-

犬堂達が部屋を去ると、突然柏が「みんなが逃げますよ!」と大声で叫んだ。

柏はまだマスコミが来てないじゃないですか、と言うと、そうすればみんなに心配してもらえると言い、翔は心配してもらいたいのか、と尋ねた。

柏は子供ができない事で離婚を切り出されており、実は旦那との子供を結婚前に身ごもり、世間体が悪いからと堕胎させられてから子供ができないのだと言う。

不妊治療に通うも、親戚から不自然な事だと言われるという柏に、また久能は告げた。

はちみつを人間が作れるか、と言うと、人間発明だって同じ、あなたはしたいことをすればいいというも、苦しいことをもっと苦しい事でごまかすのは良くないと告げた。

翔もちゃんと怒ったことがない人は怒り方が分からない、だからあなたもちゃんと怒ろうと柏に告げると、柏はありがとうございますと告げて涙を流した。

すると洋館の窓が割られ、SATが突入してきた。

風呂光がやってきた事にメモを見て貰えたと喜ぶ久能だが、メモは破られていたと聞き、久能は驚くのだった。

久能が警察関係者だからふてぶてしいのかとトオヤが告げるも、元々ふてぶてしいと青砥は告げる。

この中に連続殺人犯がいます、と久能は告げた。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第2話のまとめ・判明したこと

・サラサラヘアーの翔くん
・誰が真犯人なのか…え?真犯人フラグ?
・今回の阿部亮平さんはSnowManじゃない方です
・SAT乗り込んだよ!?
・そして今回も久能は久能

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第2話の感想

40代女性
40代女性
バスジャックの中に仲間おったんかい!確かにどこかでもうひとり犬堂さんいたなと思ってたんだけど、坂本~お前か~!(笑)というわけで、今回話終わらなかったのですが、毎回ほんのり続いていくパターンでしょうか。にしても白石麻衣さん…うん、美しいという言葉に恥じない美しさですね。羨まし限りだ。次回はどんな展開になるのか今から楽しみです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』無料視聴方法

ドラマ『ミステリと言う勿れ』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』第2話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/axa05410/status/1483076067011469316?s=21
https://twitter.com/i1018m/status/1483076008165396493?s=21