『真犯人フラグ』8話のネタバレ・あらすじと感想~あな番のふたりが登場!?~

真犯人フラグ
スポンサーリンク

林と真帆の不倫疑惑がSNSに拡がった。
林は否定するが、どこかすっきりしない。
そして何故か河村も林と真帆を関係を否定する。

そんな中、林を狙ったぷろびん。
だが、茉莉奈の正論になすすべは無かった。

林と真帆を追う中、二宮が何者かに追われ…?

『真犯人フラグ』第8話はそんなお話です。

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトをご確認下さい。

ドラマ『真犯人フラグ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、あります!!今は殆どの番組で、過去放送のドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【真犯人フラグ】"を、"無...

真犯人フラグ 8話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~あな番のふたりが登場!?~

ドラマ『真犯人フラグ』第8話のネタバレ

-またまた-

それでも探しますか?と書かれた、妻の相良真帆(宮沢りえ)と後輩で愛住ホームの営業マンである林洋一(深水元基)の写る画像が載せられた紙をを見ていた相良凌介(西島秀俊)は、チャイムが鳴る音に我に返る。

その紙を握り潰しながら部屋のドアを開けると、そこには林が立っており、凌介を見てニヤッと笑った。

その時、橘一星(佐野勇斗)は河村俊夫(田中哲司)に連絡し、居酒屋で林が凌介の事を見たと告げ、SNSで林と真帆の画像が出回っていることを告げると、それを見た河村は驚いた。

真帆と林の大学が同じだったと言う橘に、在学期間は被ってはないと河村は告げるも、不倫について橘に尋ねられた河村は、大学の同窓会であったと聞いたが、不倫はありえないと河村は珍しく否定した。

全部疑えって河村が言ったという橘に慌てて、河村は凌介に聞くしかないと告げたが、林が凌介のとこに向かったのでは、と橘は推測していた。

だが、居酒屋で自身の画像が炎上していることを知った林は、おそらく凌介の自宅にいるのではないか、と橘は告げた。

その頃、訪れた林は炎上した画像について説明するが、その画像の着いた紙を持っていた凌介は「(画像の)場所はどこ?」と尋ねるが、林がカフェと答えるも「ホテルだよね?コンシェルジュいるし」と告げる。

ホテルのカフェバーみたいなとこに行っただけだという林の言葉に、林が新居を建てるにあたり家にやってきた時のことを思い出す凌介は、林を許してくれた。

だが林は、急に知らない人に叩かれるのはつらい事だと凌介を気遣い謝るが、林が謝ることじゃないと凌介は告げた。

そして、このままでは工事のゴーサインも出ないため、他の会社を紹介させて欲しいという林に断る凌介だが、今は新居を建てることだけを考えてください、と真剣に林は告げた。

その姿に、ありがとうと告げた凌介は林と握手を交わすのだった。

そして帰ろうとした林が凌介の部屋のドアを開けると、駆けつけたと思われる二宮瑞穂(芳根京子)が驚いていた。

二宮は橘から凌介の様子を見てきて欲しいと言われたという二宮は、なんで林に「ありがとう」なのかと不思議がっていたが、無事だった様子に落ち着く。

下まで送るという凌介に、橘が迎えに来るからと言い、この状況ではまずいと告げた二宮は、凌介の部屋のドアを外から閉めるのだった。

林が帰ろうとタクシーに手を上げると、そのタクシーから河村が現れ「時の人じゃないですか」と告げた。

自分から話すのと追求されるのどっちがいいかという河村に脅えつつも、他の話でもいいという河村の言葉に、林はタクシーに乗り去っていった。

-茉莉奈の決意-

家族写真を見ていた凌介は、100歳まで今のままで生きよう、一緒に続けよう…そう告げる真帆とのひとときを思い出していた。

翌朝、出勤した凌介は社内で流れていた林のゴシップネタをやるワイドショーのチャンネルを変えるよう太田黒芳春(正名僕蔵)に告げられる小峯祐二(森田甘路)だが、何故か色んな社員に気遣われていた。

屋上で二宮と話す凌介は、気遣われていることに気付くが、二宮はクレーム電話も減ってることを告げると、凌介は林と真帆の不倫はない事を世間に公表しようかと言い出した。

不倫はないんですね?という二宮にない、という凌介はおめでたいかなと言うも、妻のことをいちばんわかってるのは自分だ、と告げた。

その事を橘に電話する二宮は「(林を)一切疑ってない」と呆れていたが、橘は好きな人信じられる?と言うと、橘は「はい」と告げ、人間だって動物だから、と二宮は告げた。

だが都合が悪くなった橘は、電話が不通になったふりをして電話を切った。

愛住ホームでは相良家の件は馬場健次郎(高杉一穂)に引き継ぎをするよう上司の井上幸作(戸田昌宏)に告げられ、不倫の件は上層部と相談中だと告げられる林の姿があった。

その後、等々力茉莉奈(林田岬優)に呼び出された林は開口一番に「ごめん」と告げるが、何に対しての?と問うと、そこにぷろびんこと徳竹肇(柄本時生)とカメラを持った町山大輝(遼太郎)があらわれた。

新キャラ登場!というぷろびんは茉莉奈の指輪に気付くと「これから結婚する人が不倫してるってどうするんですかー?」と告げた。

「あんな年増と不倫するわけない、普通に考えてわかるでしょ」と茉莉奈は告げたが、ぷろびんは引き下がらなかった。

じゃ、あんたがババァになったら相手にされなくなるけど結婚して大丈夫ですかー?と尋ねたぷろびんに「迷惑系YouTuberが人並みに幸せになれると思ってるんですかー?」と茉莉奈に問い返された。

言い返そうとしたぷろびんは町田に肩を叩かれると「ボツ」と告げられ、町田に去られてしまい、仕方なくぷろびんは立ち去った。

林に言う前に言っちゃったよという茉莉奈を抱きしめる林だが「でもパパ(等々力幸造/長谷川公彦)は分かんない」と茉莉奈は言うと、何もしてないんだから大丈夫だよね、と茉莉奈は告げた。

抱きしめられつつ「おう」と答える林田が、表情はかなり気まずいものだった。

一方、自宅でSNSを見る菱田朋子(桜井ユキ)は、林と真帆の不倫疑惑画像を見て楽しそうにニヤニヤしていた。

同じ頃、有給申請をする本木陽香(生駒里奈)は、本木の穴を埋めるのが大変なのと上司に説教されるが、上司がお金をくすめる場面を盗撮した映像を見せた木本。

上司を丸め込んだ木本は「わたし来週あたりインフル、なっちゃうかもです」と笑顔で告げた。

その頃、橘は林を探るために二人の大学を尋ね同窓会名簿を見ており、二宮は望月鼓太朗(坂東龍汰)に林の画像を見せて知らないかと探っていた。

団地情報に詳しい望月を頼るが、望月は不倫の話は聞かないと告げた。

そこで二宮は、人間は成長しすぎて恋愛する時だけバカになると告げると、二宮はバカになってないか、と望月は告げた。

聞き返す二宮を見ると、望月は逃げるように配達へ向かったが、二宮はあの時のSNSアカウント「アフロディーテ下僕」を思い出していた。

スポンサーリンク

-愛住ホームの方針-

刑事の阿久津浩二(渋川清彦)と落合和哉(吉田健悟)は林を訪ねて愛住ホームを訪れていた。

林の不倫が事実だとしたら、今までの男女複数犯説が濃厚になると落合が告げるも、突然百葉箱の話をする阿久津は開けたことあるかと言うと、あります!と返され、もういいと告げた。

百葉箱の話を掘り下げようとする落合は、見た事もないのに知ったようなことを言うなってことだ、と阿久津に告げられてしまうが、そこに林がやってきた。

林に突然、不倫現場の写真の場所に行ったかと尋ねると、林は肯定した。

林の画像が撮影されたことから、相良家を数ヶ月前から狙っていた人物がいた事を述べる阿久津は、そんな人物に心当たりはないかと言うも、林は「ない」と言いつつも表情は穏やかではなかった。

現代追求では、飯田がもし林と真帆の不倫が真実なら、別れを切り出された腹いせに子供を誘拐したのではないかと仮設を立てるも、それは無いと編集部でまとまった。

だとしたら林が凌介からみんなを奪おうと子供を誘拐したのではないか、と告げていたが、そんなことは無いと河村は否定した。

では凌介のDVでは、という言葉に、それはいちばん無いと河村は告げた。

その時、橘は真帆の実家が取材陣に囲まれる画像がSNSにあったことを告げると、凌介は心配して真帆の母である館野志乃生(丘みつ子)に電話をかけた。

ロールパンとぬか漬けはあるという言葉に、凌介はスーパーで買い出しをし実家へ向かうが、取材陣に真帆は不倫はしません、迷惑ですと告げると、中に入った。

凌介の差し入れに安心する志乃生と館野三郎(浜田晃)は、取材陣に言われると、違うことなのにそうなのかと思ってしまう心理があると心情を吐露した。

そして林は本当に大丈夫なのかという二人の言葉に、信頼できる人だという凌介は、これから林の会社の取材会見だと告げ三人て閲覧した。

そこでは林の不倫は事実無根だと発表した井上は、更に相良家の工事は続けることを告げ、それを見た凌介は驚いていた。

そして「ありがとう林くん!」と告げていた。

愛住ホームでは会見を終えた社長に等々力から連絡が入り「二度目はない」と告げられ、林は生きた心地がしなかった。

ワイドショーでは雫石が自分なりの見解を繰り広げていたが、日野渉(迫田孝也)の店には手塚翔太(田中圭)と手塚菜奈(原田知世)が訪れており文芸サークルの話で盛り上がっていた。

その時、現れた凌介に翔太は感激するも、手塚夫婦に励まされ、愛さえあればなんとかなるから頑張って、と翔太に抱きつかれ、凌介は抱き返していた。

その頃、サッカーチームではなにか届いたと言われる山田だが、そこには10番のユニフォームが入っていた。

山田は「永久欠番、フォーエバー、篤斗ー!」と行方不明中の凌介の息子である相良篤斗(小林優仁)の名前を叫んでいた。

日野は雫石の事を告げるが、やたらと凌介を犯人扱いするが、恨みでも買ったのかと言う日野に、凌介は知り合いだったことは否定しなかった。

-心配かけたくない-

サッカークラブの近くを歩く菱田は山田に突然引っ張られ、どう言い訳すればいいか、と戸惑うが、菱田は突然山田にキスをすると「しー、ですよ」と口元に指を立てた。

日野の店にやってきた二宮と橘は、2年前の同窓会だけ林と真帆が出席していたが、その頃なにかなかったかと言われ、凌介は大阪に単身赴任していたことを告げる。

橘は居酒屋での林が保険金の話を警察に垂れ込んだ話を告げると、凌介は落ち込んでしまった。

その後、帰宅する二宮は着けられている気配を感じ走り出すが、捕まって馬乗りになったその人物は「しちは ごじゅうろく」と告げて手を振りあげたが、そこに橘が駆けつけた。

不審人物は逃げ、橘は110番しようとするが、二宮に止められる。

また凌介がもう危ないから手伝わなくていいと言うから、という二宮に、好きになったんなら仕方ない、と告げられる。

その頃、新興宗教の会でスマホを差し出した女性だが、祭司の女性がそのスマホを扱うと「充さん」からのメッセージを再生した。

女性に訴えかけるようなメッセージの声は、謎の男「ナカムラミツル」のものだった。

帰宅した凌介が菱田の姿に驚いていた頃、団地の外では悪態をつきながら暴れる男の姿に怯える猫おばさんの姿があるが、男の方から何かが飛んできた。

黙ってやり過ごそうとする猫おばさんの前に現れた手に悲鳴を上げて逃げたず猫おばさんに、その男である林は「なんだよ」と零していた。

林はその中からスマホを探り出すと、とある画像を見てくっそ!と地面を叩きつけると「ぶっ殺してやる」と呟いていた。

一方、真帆から不倫の相談を受けていたという菱田に「嘘だ」と言うも、二人の寝室を探し始めた菱田はとある封筒を差し出した。

開いて中を見ようとする凌介に「誰が出るかな~♪」と歌いつつ、菱田は背後から凌介の腰を抱くのだった。

ドラマ『真犯人フラグ』第8話のまとめ・判明したこと

・10のユニフォームは清明くんの?
・2択デカは今日も2択で尋ねていた
・林の本性が顔に出すぎてて笑った
・茉莉奈…割といい子なのか…?

『真犯人フラグ』第8話ネタバレ筆者の感想

40代女性
40代女性
話がだんだん転がってきましたね。凌介の元に届いた画像は既にSNSで広まってるし、林がますます怪しいんですが、最後にスマホに写ってたの誰の画像なのかいまいち分からず…。ついでに菱田と山田は何かしら繋がってますね。しかも主導権は菱田。ついでに河村も謎の怪しさを突然見せて来たし、二宮襲った人の言葉はなんだ?毎週来週が楽しみすぎて!ありがとうございます!(笑)

『真犯人フラグ』無料視聴方法

ドラマ『真犯人フラグ』は毎週日曜22時30分~

1話~最新話は、huluで"全話フル動画見放題配信中"です。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『真犯人フラグ』第8話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/qeywkxpqvalnktf/status/1467515906687664128?s=21
https://twitter.com/y_yuzu_kei/status/1467515858172137474?s=21
https://twitter.com/nishimaru_toto/status/1467515699610656769?s=21