『真犯人フラグ』6話のネタバレ・あらすじと感想~しし座流星群~

真犯人フラグ
スポンサーリンク

菱田の家から真帆と同じ傘が見つかった。
そのことから菱田を探り始める二宮達。
そんな時、ぷろびんがまた動画をアップする。

凌介を庇った橘がターゲットにされた動画。
だが橘はプロキシマで出資者達に謝罪動画を配信する。

そして清明は押し入れに向かって手を合わせる。
「ごめんなさい、ごめんなさい…」
押し入れの中には何があるのか…?

『真犯人フラグ』第6話はそんなお話です。

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトをご確認下さい。

ドラマ『真犯人フラグ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、あります!!今は殆どの番組で、過去放送のドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【真犯人フラグ】"を、"無...

真犯人フラグ 6話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~しし座流星群~

ドラマ『真犯人フラグ』第6話のネタバレ

-合鍵-

妻の相良真帆(宮沢りえ)と同じ傘を菱田家で見つけた相良凌介(西島秀俊)だが、菱田朋子(桜井ユキ)はその傘をフリマアプリで見つけたと言い、弁当を渡すと凌介を見送った。

だがその事を聞いた二宮瑞穂(芳根京子)達は菱田を怪しがるが、家族ぐるみで仲が良かったからありえない、という凌介に、実はご近所さんが…というパターンは多いと河村俊夫(中田哲司)に告げられる。

菱田を犯人にするのは決め手にかける、という凌介に、みんなそれ以上は言わなかった。

河村との帰り道、これからは小説家として今回の事件を考えてみようと言われる凌介。

日野渉(迫田孝也)の店に残った橘一星(佐野勇斗)と二宮は、菱田が勤務する整体の店を予約するが、やんわりと菱田のいる時間帯を二宮な聞き出していることに驚く橘と日野だった。

帰宅した凌介は自宅の鍵を日野の店に落としていたことを知らず部屋のドアを開けると、鍵が開いている事に驚く。

恐る恐る中に入ると「部屋とYシャツと私」を嬉しそうに口ずさみながら凌介のワイシャツにアイロンをかける菱田の姿があった。

声を出せずにいた凌介に気付いた菱田は、思わず悲鳴を上げるが、凌介だと気付き「帰るまでに(アイロン掛けを)終わらせるつもりだった」と言うも、菱田が上がり込んでいる事に驚きを隠せない凌介。

すると菱田は合鍵を見せると、子供の忘れ物などのために真帆と合鍵を交換した事を伝えると、凌介はそのまま持っていてくれと告げた。

でも勝手に上がるのは困るという凌介は、ふと思い出し、ドライブレコーダーに映る息子の相良篤斗(小林優仁)を連れる、真帆と同じ傘の人物が菱田ではないか、と凌介は尋ねた。

わたしじゃないですよ、と菱田は笑顔で答えるが、足の裏にツボの場所が書かれた靴下の「心臓」の部分を、凌介に見えないように足の指で押していた。

-変えられたターゲット-

翌日、ぷろびんこと徳竹肇柄本時生)は凌介に突撃した日の動画をアップすると、凌介を庇った橘をターゲットにし、プロキシマと橘のことを「信者ビジネスの教祖様」と例えていた。

橘は凌介に連絡をする間、プロキシマの社員達は届いた脅迫状を撮影し、ぷろびんを訴える準備は万端だと意気揚々だった。

出資者とサロンメンバーに対してだけ生配信をするという橘の言葉に、ぷろびんに負けた感がある、と社員達は少し落ち込んでいた。

集まった脅迫状を見た橘は「ほんとにくだらない」と悪態をついていた。

その頃、凌介はぷろびんの動画を見るが、二宮は気にしない方がいいというも、そこに上司の太田黒芳春(正名僕蔵)が現れ凌介のおかげで業務が滞っていると伝えられる。

更にはことある事に二宮に手伝ってもらっている事を告げられた凌介だが、業務外で何をしようと勝手だという二宮の言葉に、二宮に救われたなと言う太田黒。

プロキシマでの生配信を前に、橘は自身の母に何か問題はないかと連絡をとっていたが、母からは大丈夫だと伝えられ、いよいよ生配信が始まる時間となった。

プロキシマ出資者とサロンメンバーに向けた配信中、橘擁護のコメントで溢れていたが、橘はそこで凌介の娘である相良光莉(原菜乃華)と交際していることを明かした。

そこまで言う?という相川誉(南彩加)の言葉を余所に、その事を告げた上で心配をかけることがあるかもしれないが、よろしくお願いします、と橘は締めくくった。

コメントはしばらく止まっていたが、その後は賛辞で溢れ、プロキシマのメンバーは安心するも、ぷろびんはその結果に納得いかなかった。

捜査会議では冷凍遺体について有力な情報がないこと、サッカーボールについてはサッカー教室のグラウンドの砂の成分のみ検出されたことがつたえられた。あ

週間追求編集部では、ローファーのタレコミと現場付近で目撃された人物とトンネル内の足跡は女性、サッカーボールが蹴り込まれた日の防犯カメラに映ったのは男性との情報が飯田修(岩瀬亮)より告げられる。

団地ではこれといって何も無く、ゴミの分別についてうるさい人物がいる程度で、なんの問題は無い平和な団地だと上原啓太(竹森千人)はまとめた。

河村はもう少し詳しく調べたいと両角猛(長田成哉)に声をかけていた。

スポンサーリンク

-ネズミ-

その頃、愛住ホームの林洋一(深水元基)に呼び出された凌介だが、林はワールドカップの話を持ち出し、新居の話ではないか、という凌介な言葉に頭を下げた。

凌介の事件が大きくなり、会社からの命令に平社員の自分にはどうする事も出来ないと頭を下げた。

申し訳ないという凌介に、林は「うち訴えます?」というも、家族が戻ったら再開して欲しいという凌介は、自分にとって新居は約束であって未来なんだ、と告げた。

帰り道、凌介は知らない男性(前野朋哉)とすれ違うが、「どこかで会いませんでしたか」と、閉じた踏切の向こうから告げられる。

自分がテレビで取り上げられてるからでは、という凌介に、多分10年前ぐらいに会ってると思う、と言う男性に「お名前は」と尋ねる凌介だが、電車が通り姿が見えなくなった。

電車が通り過ぎた後、その男性の姿はどこにもなく、凌介は驚くのだった。

一方、帰宅する菱田清明(桑名愛斗)は「キヨ!」と呼びかけられ驚くも、前方から全速力で走ってくるサッカークラブのコーチ・山田元哉(柿澤勇人)姿があった。

篤斗を気にしてるなら清明が元気出いないと、という山田は、何かあれば自分か母さん(菱田)に言えよ、と言うと、しゃがみ込んだ山田は、清明の肩を掴み「お母さんに言えよ」と告げた。

その姿に清明は「うん」と頷くのだった。

凌介の団地で様子を見ていた河村と両角は、帰宅してきた清明に声をかけようと両角を急かすが、清明に声をかけた両角はな、にかの衝撃にバランスを崩した。

そこには猫おばさんが仕掛けた多数の罠があり、猫おばさんは「引っかかるのは下等生物ばかりね」というと「この辺はネズミが多い」と言いつつ清明の姿を見ていた。

帰宅した清明はランドセルを投げ捨てると、押し入れの前に正座し、何度も「ごめんなさい!」としきりに謝っていた。

その頃、何者かがパプリカを無心に切っていたが、手を切り血が流れるも、その後もパプリカをみじん切りにするも「充さん」という人物からずっと電話が鳴っていたが、応答はしなかった。

日野の店を訪れていた阿久津と落合だが、酒の提供について阿久津に色々言われる落合は注文した酒を返そうとするが、日野は気にせず飲んで欲しいと酒を返した。

凌介を好きか嫌いかという阿久津に「好き」と即答した日野は、真帆と凌介が結婚した経緯を思い出していた。

河村と日野に、凌介がしてくれないから自分からプロポーズした、という真帆の報告を受け、大騒ぎしたことを述べる日野は、真帆が大学のアイドルだったと告げた。

その時、例の男性の言葉に、アルバムを見つつうたた寝をしていた凌介は、真帆からの着信があることに驚くが、添付された画像には星空が写っていた。

その事を阿久津に知らせた凌介は、真帆からの画像を送信すると、今日はしし座流星群の日だと告げた。

そして、妻は生きています!と言う凌介の言葉に、阿久津は電話口で多少戸惑うのだった。

同じ時、車から荷物を下ろそうとする本木陽香(生駒里奈)に「手伝いましょうか」と声をかけてくる男性がいたが、陽香はやめた方がいいと思う、と告げた。

そして男性に「わたし、葬儀屋なんで。葬儀屋さん」と詰め寄り、男性は思わずその場を立ち去ってしまった。

車の中には大きなダンボールが積まれていた。

-お探しものです-

プロキシマでは相川に「女友達で同じもの身につける人どう思う?」と言うと、ニコイチは分からないと言い、そんなことをするのは友達じゃない気がすると告げた。

友達以上の仲かそれ以上の何かがあるのでは、という相川の言葉に、橘は菱田と真帆が映る画像を多数見ていた。

男性整体師にマッサージをしてもらう二宮は、それとなく菱田のことを尋ねるが、めっちゃ聞きますね?と言われ、思わず二宮は黙ってしまった。

二宮が帰る頃、菱田がやってきて、男性整体師に菱田を紹介されるも、二宮はそそくさと去っていった。

男性整体師は菱田に赤い傘を持ってないかさっきの客に尋ねられたと聞き、菱田は二宮の顧客名簿を確認するが、そこには「山里優」と書かれていた。

その後、日野の店に集まった凌介、橘、二宮、河村は、菱田について赤い傘はいつも持っているものでは無い事や菱田のシフト等を告げた。

そして菱田と真帆の画像を見せる橘に、真帆と菱田は仲が良かったんだと納得し、ママ友だと思ってたらそうじゃなかったこともあると河村も告げた。

すると光莉の受験の件でまほがあボスママに目をつけられたことを告げた凌介は、菱田が合鍵も持っていることを告げた。

それを聞いた他の面々は驚き、一方的に凌介の情報を握られていた事が発覚してしまうこととなった。

翌日、橘は赤い傘を目的にフリマサイトを見ていたが、そこには篤斗が着ていたと思われる服が出品されていることに気付く。

一方、二宮は「お探しものです」と書かれたメールを見つけ凌介を呼ぶ。

「お探しものです」は、例の冷凍遺体が入った箱にも書かれており、同一人物が送ったのではないかという二宮は、添付ファイルを開いた。

そこには何かに布をかけられたものが映っており、そこにはちと思われるか赤い物が多数飛び散っていた。

驚く二宮は物音に気付き動画のボリュームをあげると、誰かが泣くような声が聞こえ、その途端動画が30度回転し、そこには口にガムテープを貼られ拘束されて泣く光莉が映されていた。

それを見た凌介は思わず光莉の名を叫ぶのだった。

ドラマ『真犯人フラグ』第6話のまとめ・判明したこと

・菱田家の押し入れには何があるのか…
・フリマサイトの出品と真帆からの写真
・阿久津の私生活が垣間みれた一瞬
・あんな大量にネズミ捕り仕掛ける?

『真犯人フラグ』第6話ネタバレ筆者の感想

40代女性
40代女性
菱田への疑いが強まる中、保身の為に偽名で整体院に行った二宮ですが「山里優」って…!?(笑)今回は新たな伏線が多々あったような気がしました。山田から清明に「母さんに言えよ」、謎の男性の10年前に凌介と会った気がする、そしてフリマサイトの篤斗の服、お探しものですのメールと光莉の動画、清明が押し入れに謝る理由など…気になりすぎる。それにしても菱田さんがめっちゃ怖いです。でもみんな怪しくも見えてきて…まんまと真犯人フラグのとりこです(笑)。

『真犯人フラグ』無料視聴方法

ドラマ『真犯人フラグ』は毎週日曜22時30分~

1話~最新話は、huluで"全話フル動画見放題配信中"です。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『真犯人フラグ』第6話の感想をSNSで探してみた☆