男子ごはん「カブの含め煮」の作り方 栗原心平さんのレシピ (2021.11.14放送)

男子ごはん☆
スポンサーリンク

2021年11月14日テレビ東京『男子ごはん』で放送された「カブの含め煮」のレシピを詳しくご紹介します!

根菜をおいしく食べよう!

じっくりダシを含んだ優しい味わいの一品です。

教えてくれたのは、番組おなじみ、料理研究家の栗原心平さんです。

11月14日の放送で紹介された「カブの含め煮」のレシピを、速報でご紹介します。

カブの含め煮
※画像は男子ごはんから引用させていただいています。

男子ごはん「カブの含め煮」の作り方 栗原心平さんのレシピ (2021.11.14放送)

材料(2~3人分)

まずは材料をご紹介いたします。

・カブ:3~4個(300g)

・昆布:4g(8cm×8cm)

・水:450cc

・かつお節:25g

【ダシの材料】

・酒:大1

・みりん:大1/2

・塩:小1/2

・薄口しょうゆ:大1

【仕上げ用】

・かぼす汁:大1

・みょうが:1個

・大葉:5枚

・かつお節(ソフトパック):適量

・かぼすの皮:適量

作り方

  1. 鍋に昆布と水を入れて30分間置く。
  2. ①を中火にかけて沸騰させる。かつお節を入れたらすぐに火を止める。かつお節が沈殿するまで冷ましたら、ザルでこしておく。
  3. カブは皮をむき、竹串が透るまで柔らかく煮ておく。ザルにあげて水気を切っておく。
  4. みょうがは小口切りにする。大葉は千切りにしておく。
  5. 鍋に③のダシ、酒、みりん、塩を入れ、中~強火にかけて沸騰させる。
  6. 薄口しょうゆ、④のカブを加え、中~弱火で10分間煮込む。
  7. ボウルに煮汁ごと移して、カブを冷やして味をしみこませる。
  8. ⑦にかぼす汁を加えて軽く混ぜ、器に汁ごと盛り付ける。
  9. カブの上に、みょうが、大葉、かつお節をのせて、かぼすの皮をすりおろしたら完成。

“この記事のまとめ”

料理のポイントです!

SHIMPEI’S POINT

昆布とかつおのダシをとる!

SHIMPEI’S POINT

カブが煮えたら、よく冷まして味をしみ込ませる!

国分太一さんが試食しました。
『染みてるね。お出汁をしっかり感じます』『うん!うまい』

お箸でスッと切れるほど、とっても柔らかくカブが煮えました。

丁寧にとったダシがしみ込んでいて、本当においしそうでした。

とっても上品な一品。

ぜひご家庭でも「カブの含め煮」作ってみてくださいね。

その他の『男子ごはん』レシピは、こちらからご覧いただけます。

「男子ごはん」
テレビ東京系列 日曜11時25分~11時55分放送
料理・バラエティ番組
国分太一
栗原心平(料理研究家)

最後までお付き合いありがとうございました。