ドラマ らせんの迷宮~DNA科学捜査~4話のネタバレ・あらすじと感想~遺伝子は書き換えれる?~

らせんの迷宮~DNA科学捜査~
スポンサーリンク

殺害現場で脅迫状を見つけた安堂。
誰かの娘を誘拐するという文面だが、一体誰の?

その事を告げた安堂は、神保に「分かるかもしれない」と告げられる。

訪れたピアニストの白石涼平夫妻宅。
そこでは娘の美雪が行方不明になっていた。
そして、何故か安堂のくしゃみが止まらなかった。

美雪の誘拐と、安堂のくしゃみの原因とは?

『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第3話のネタバレをどうぞ!

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトをご確認下さい。

ドラマ らせんの迷宮~DNA科学捜査~見逃し『1話~最終回』動画配信を無料視聴する方法!DailymotionやPandoraは?
今は殆どの番組で、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、放送が終了した"ドラマ【らせんの迷宮~DNA科学捜査~】"を、"無料!"で視...

『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』4話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~遺伝子は書き換えれる?~

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』4話のネタバレ

-DNAとくしゃみ-

ピアニストの白石涼平(松尾諭)の娘・白石美雪(稲垣来泉)は、聖ヘリックス大学でDNA採取に励む神保仁(田中圭)を見掛け声をかけた。

初っ端から神保を変な人扱いした美雪だが、才能も遺伝子により変わってくると知り、自身がピアニストの娘ながらピアノが上達しないことを口にした。

すると、バッハの家系が音楽一家だったことを告げる神保が続きを話そうとした途端、美雪の両親がやってきたが、責任をお互いに押し付けていた。

翌日殺人現場に現れた安堂源次(安田顕)は、亡くなった男性が脅迫状めいた物を作るように新聞の文字を切り抜いていたのを見つけるが、突然くしゃみに見舞われる。

そして、現場では送る前と思われる脅迫状が見つかったが、そこには誰かの娘を誘拐し身代金を奪い取ろうとしていた様子が伺えた。

スナックゲ呑ムで馬場ゆかり(松坂慶子)のご飯を食べて舌鼓を打つ神保だが、背後からバタバタと現れた安堂と乱原流奈(倉科カナ)はゲ呑ム特製カレーを急いで食べ始めた。

今回の事件は誘拐事件に発展するところだったという安堂の言葉を聞いた神保は、人質が誰かわかった、と告げた。

白石邸を訪れた安堂と瓜生夏樹(中田圭祐)、そして神保は美雪が消えた事を告げるが、なぜか安堂のくしゃみは止まらなかった。

殺害された斎藤正弘(東根作寿英)のことを告げると、白石夫妻は心当たりがあるような顔をした。

なんと斎藤は、夫妻の音楽学校での同級生だったのだ。

だが、美雪は無事なのかという母・白石由紀子(紺野まひる)の言葉を不審に思うが、由紀子からスマホに送られた拘束された美雪の画像を見せられた。

美雪は1型糖尿病で、インスリン投与をしないと糖尿病などに発展してしまう体質なのだった。

誘拐されインスリン投与が出来ないと、さらに様々な病を引き起こし死に至る可能性も高いと神保は告げた。

白石夫妻に美雪を探し出すよう告げられた安堂は快く引き受け白石邸を後にした。

-一日花-

手がかりは脅迫メールが、殺された齋藤の脅迫状と同じことから、共犯者がいた可能性が高い事を安堂と神保は推理した。

自ら協力する神保も人の子だという安堂は、美雪に問われた答えをちゃんと言いたい、と告げていた。

再び斎藤の殺害現場を訪れた安堂はくしゃみが止まらず、唾液にはDNAを分解する酵素があるから、外でして下さいと神保に怒られてしまう。

外で怪しい人物を見かけた安堂は、すぐに瓜生に追うよう告げたが、すぐに巻かれてしまった。

すると、神保が不思議な声を上げており、中に入った安堂と瓜生は、神保がノカンゾウという一日花をピンセットで持ち上げていた。

珍しい花なので、証拠品として残して欲しい、と言われ、安堂は呆れるが、その後の聞き込みの結果、由紀子が斎藤と共にいたと聞き、由紀子の車を調べ始めた。

その様子に由紀子は怒りを露わにするが、車内の血痕、そして斎藤を殺害したと思われる血の着いたハサミやロープが見つかり、そのまま取り調べとなった。

由紀子に斎藤と何度も会っていたことを告げると、金の無心をした斎藤を殺したのではないかと安堂は告げると、美雪を誘拐し続ける必要は無いんじゃないか、と尋ねた。

再び白石邸を訪れた神保は、こんな時は落ち着かないと、と持参の甘いベトナムコーヒーを涼平に入れるが、しばらくして安堂はある事に気付く。

すると涼平は、才能は遺伝しないのかと口にし、同じことを美雪に尋ねられたことを神保は明かした。

その頃、乱原は凶器の血液が斎藤のものと一致したことを知らされ、安堂は由紀子に美雪の居場所を何度も尋ねるが、由紀子は「私は知らないんです」と言うばかりだった。

取調べから呼び出された安堂と瓜生は、課長の栗原四郎(渡辺いっけい)に状況を聞かれるも、更には瓜生が取り逃がした男の身元が割れたことを告げ、瓜生に確保に向かわせた。

無事、逃げ出した男・宮本を取り押さえた瓜生は、宮村がジャーナリストであること、宮本が掴んだネタを安堂に告げた。

スポンサーリンク

-美雪の父-

取調室では、美雪が斎藤との子ではないかという安堂に、由紀子は斎藤に薬を飲まされた用でホテルに連れ込まれた事を告げた。

でも、病院に行くのが怖く、涼平の子供だと信じて美雪を産んだが、ピアノの才能も伸びず、更には1型糖尿病を発症してしまった。

血液型を調べたが、涼平はAB、由紀子はO、だか美雪は二人から生まれるはずのないO型だった。

そんな時、斎藤から美雪の誘拐をもちかけられるが、1型糖尿病である美雪を誘拐なんて無理だ、と由紀子は断った。

だが証拠を撮影され、インスリン投与は父親である俺がやると斎藤に言われ、由紀子はなすすべがなかったと告げると安堂に頭を下げた。

共犯者の根本慎二(増田修一朗)のことを聞き出した安堂は、あとは任せると栗原に告げられる。

そして白石邸に現れた安堂は、由紀子の実家に向かってる可能性がある事を告げ、涼平に同行を頼むのだった。

根本を確保した安堂だが、美雪は根本の潜伏先にはいなかった。

根本に美雪のことを尋ねると、外出から戻ったらいなかった事を告げた。

美雪を探す中、また安堂のくしゃみが止まらず、瓜生から花粉症ではと告げられるが、神保がいつからかを尋ねた。

朝からだという安堂の言葉に神保は考えをめぐらせ、斎藤殺害の犯人が分かったと告げるが、美雪の誘拐にも関わってくる、と告げた。

神保はノカンゾウのことを告げると、ノカンゾウは朝咲いて夜枯れるため、その花粉が付着した人物が犯人だ、と告げる神保は「そうですよね、涼平さん」(と告げた。

あなたの体を調べれば分かると告げた神保に涼平は動揺しなかった。

ピアニストは真夏でも手袋を付けてる人が多い中、普段も手袋をしている涼平は手袋をしてなかった事から気付いたと言う神保は、手袋に返り血がついたのではないかと告げた。

だが、美雪の居場所は分からないという涼平。

-美雪はどこに?-

由紀子との結婚に幸せを手に入れ、美雪を授かり1型糖尿病が発覚してから、由紀子が誰かとコソコソ連絡を取り始め、調べたところ斎藤が浮上したと言う。

斎藤の元へ向かった涼平は、美雪が由紀子と斎藤の子だと告げられ、DNA鑑定書まで見せられた涼平は、嘲笑う斎藤を殴り付け、殺害してしまった。

そして美雪を探す涼平は、斎藤が隠し持っていた地図を見つけ、由紀子の実家に印があることに気付く。

そのまま美雪を助けに向かった涼平は無事美雪を助け出すが、「めでたいよな、他人の子をピアニストに育てようとしてさ」という斎藤の言葉が頭を過ぎる。

泣きついてきた美雪に「俺はパパじゃない!」と告げて美雪を残して家を飛び出した涼平だが、我に返り戻るも美雪はいなかった、という。

血の繋がりがなくても親子だという安堂に、探したけど見つけられなかった、不可能だという涼平に詰寄る安堂だが、神保はふと思い出す。

ペンダント…!

美雪が作ったペンダントに描かれた思い出の場所を教えて下さい、という神保と共に、総出で公園に向かうと、倒れている美雪を発見した。

救急隊が来るまでの間、美雪は涼平と由紀子に抱えられていた。

翌日、美雪の元を訪れた神保は、バッハ一族の遺伝子の話の続きをしにやってきた。

椅子に座ったふたりは、バッハのおじいさんはバッハはパン屋さんだったが、小麦粉を作る水車のリズムに乗せていたおかげで、遺伝子を書き換えれたのだ、と神保は告げた。

なぜそんな話をするの?という美雪に、天才の遺伝子は自分で生み出すことができるから安心するように、と神保は告げた。

美雪を迎えに来た由紀子と安堂は、これからが大変だと言うが、由紀子は涼平の事も含めて「待ちます」と告げた。

ピアノを弾く美雪は由紀子を見つけると「ママ!」と抱きつき泣き始めた。

その後、つたないながらもピアノを弾く美雪と、見守る由紀子を見つつ、神保は「不思議ですね」と告げた。

安堂の娘・安堂瑞希は数学が得意なのに、安堂は数学が苦手なんて不思議だという神保は、犬は飼い主に似ると言うので、と話し始めた。

その例えに何かを察した安堂は「俺は犬じゃない!」と怒号をあげるのだった。

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第4話のまとめ・判明したこと

・ノカンゾウでの花粉のくしゃみだって思ったよね
・分かりやすすぎた涼平の脱手袋
・と言うか斎藤は花屋の店主だったのか…
・とりあえず美雪無事でよかった
・瑞希ちゃん元気かな

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第4話の感想

40代女性
20代女性
今回はまさかの典型的DNAの話でした。血液型の話は王道ですね。でもABの男性とM型の女性は合わないと聞くことも多いのですが、遺伝子学的にはよく取り上げられる血液型カップルですね。何はともあれ、美雪ちゃんには頑張って欲しい。そして美雪を演じた稲垣来泉さんは小児科に通ったり、入院してたりする役がほんと多くて、真剣に心配になってしまいます。元気なんですよね…?

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』無料視聴方法

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』毎週金曜 夜8時~

1話~最新話は、Paraviで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』第4話の感想とSNSの評判

https://twitter.com/olt11752955/status/1456597551180775427?s=21

https://twitter.com/k_i230710/status/1456596549841010695?s=21
https://twitter.com/ru_7755/status/1456595719754698759?s=21