ラジエーションハウスⅡ 6話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~友達多そうな弁護士~

ラジエーションハウスⅡ
スポンサーリンク

髪型バッチリの弁護士・武藤が現れた。
何でも、辻村の医療過誤を調査しているという。

辻村か対応した患者の骨粗しょう症を見逃した…?

辻村は何故か過誤を認めてしまう。
だが、五十嵐は信じられずにいた。
それは甘春も同じ気持ちだった。

辻村は一体どうなるのか…?

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第6話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2021.4.1時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

ラジエーションハウスⅡ キャスト・主題歌・原作・ロケ地は?見逃し配信の無料視聴方法!
窪田正孝、本田翼W主演ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』が、いよいよ始まりました!!ラジハⅠを見てなくて気になってる方も…ラジハⅡをも逃してしまった方にも…今は殆ど...

ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~ 6話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~友達多そうな弁護士~

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第6話のネタバレ

-医療過誤-

昼ごはんに悩んでいた甘春杏(本田翼)は、おにぎりを五十嵐唯織(窪田正孝)に、サンドイッチを辻村駿太郎(鈴木伸之)に取られてしまうが、譲るという五十嵐の辻村に迷う甘春を、辻村はランチに誘うのだった。

目の前で甘春を辻村に連れ去られ落ち込む五十嵐は、その様子を見ていた軒下吾郎(浜野謙太)に見事な負けっぷりだと称されてしまった。

その頃、田中福男(八嶋智人)はとある人物の検査に時間がかかっており、軒下が交代することになった。

その頃、ランチをする甘春と辻村だが、院長の灰島将人(高嶋政宏)呼ばれた辻村はランチを中断せざるを得なかった。

ラジエーションハウスでは、先程まで検査を受けていた人物がやってきたが、それは弁護士の武藤健(片寄涼太)で、ラジエーションハウスの仕事ぶりを見ていたらしい。

髪型バッチリと嫌味っぽく告げる威能圭(丸山智己)と、王子様が何故ここに?と嬉しげな黒羽たまき(山口紗弥加)の姿があった。

武藤からは辻村の医療過誤について調べていると告げられ、ラジエーションハウスの面々は驚くが、罪のなすり合いが始まった。

辻村のことをなにか教えて欲しいという武藤だが、特に何も無いという面々に辻村を庇っていると武藤は言い始めた。

その物言いに見下されてると呟く広瀬裕乃(広瀬アリス)だが、そこへ副院長の鏑木安富(浅野和之)がやってきて、部外者である武藤を追い出した。

武藤に何か言ったかという鏑木に、何も言ってないと言うが、弁護士が乗り出す事になった詳細を知りたいと、五十嵐は告げた。

半年ほど前に70代の患者・曽根京子が救急に運ばれ、辻村が対応するも肋間神経痛で大事に至らなかったが、病状が回復した曽根はテニスがまたできるかと辻村に尋ねたところ、大丈夫だと辻村は答えた。

だが数週間後、テニスをしていた曽根は臀部に激痛が走り、骨盤骨折が見つかり、骨粗しょう症だったのではないかと言われており、曽根は今も寝たきりだという。

辻村は骨粗しょう症を見逃したと言われ訴えられているが、骨密度検査も定期的に行っており過誤はないと鏑木は告げるが、余計なことはするな、と念を押して出ていった。

その頃、辻村を心配した甘春だが、厄介なのにつきまとわれてるという辻村は、例の武藤と対面する。

辻村を見た武藤は、たしかに爽やかで優しそうだ言うと、今も曽根が寝たきりなのを忘れないでくださいと告げて去っていった。

-辻村の今後-

CTの説明書を見て使い方を把握するよう告げられた軒下は、五十嵐に手伝ってもらおうとするが、五十嵐は辻村の骨密度検査を調べていたが、取り立てて問題はなかった。

すると悠木倫(矢野聖人)は武藤の動画を見つけみんなに見せるが、武藤の父が医療ミスで亡くなったせいもあり、医療系の弁護を多く請け負っているようだった。

するとその時、曽根のデータが突然見れなくなり、技師長の小野寺俊夫遠藤憲一)から、今後曽根のデータは上が管理することを告げられた。

翌日、広瀬に声をかけた武藤は、多くの荷物を持っており、必ず辻村に認めさせてやる、と自信をみなぎらせていた。

そして病院内では、灰島と鏑木、他の医師と共に辻村も武藤に事細かに医療過誤について質問され、更には曽根の診断にミスがあったことを認めるよう告げる。

黒羽はまた武藤が来ていることに驚くが、そこに武藤がやってきて、辻村が医療過誤を認めたことを告げると、広瀬に残業時間が多いことを告げた。

訴えるなら手伝えるという武藤に広瀬は驚くが、武藤が去った後、五十嵐は再度骨密度検査に落ち度がないことを確認しようとしていた。

その頃、病院では灰島から辻村が裁判結果が出るまでは謹慎となったことを告げるが、人手が足りないという医師たちに、休館は受け入れない方針を固めた。

院内で辻村が過失を認めたことを連絡する武藤に、本当に辻村の過失なのかと尋ねるが、武藤は医者ではなく患者を見てほしいと告げられる。

その頃、大森渚(和久井映見)に急患を断って救急科を切り捨てたいのではと灰島は図星を刺されるが、それより守りたいものがある、と灰島は告げた。

辻村は甘春に謹慎になったことを告げると、それが辻村が取る行動なのかという甘春に、辻村は本当にその時大丈夫だったの自信を持てない、と告げた。

そして辻村はラジエーションハウスにも報告とお詫びにやってきた。

だが辻村は五十嵐が骨のことを調べていることに気付くと、余計なことはやめてくれと告げた。

甘春病院の患者だった人が苦しんでるから調べている、という五十嵐に、患者のために罪を認めたからもういいんだ、と辻村は告げた。

辻村が去った後、本当にこれでいいのか、という広瀬は、甘春がいない間、病院を守ってくれた辻村がいい加減な診察をすると思えないと告げた。

技師に過ぎない自分たちに出る幕はないと田中が告げると、悠木が以前片付けようとして多数のディスクを落としたことを思い出し、できることがあるかもしれない、と告げた。

スポンサーリンク

-画像の整理と診察証拠-

落ち込む甘春に声をかけた五十嵐は、辻村の事について根拠はないが過失があったと思えない、という甘春をラジエーションハウスに呼んだ。

ラジエーションハウス内では曽根のデータを片っ端から探している面々がいた。

曽根の情報が閲覧できないので、画像データの整理とともに曽根の画像を探しているのだという五十嵐に、甘春も手伝うと微笑んだ。

その頃、賠償金額は3000万円で話を勧めようと思っているという武藤の言葉に、何故か曽根は浮かない顔をしており、最近微熱が続いていると息子に告げられる。

見つかった曽根のデータでは充分なものは見つからず落胆するも、何故か田中がディスクを倒して慌てていた。

ふと気づいた五十嵐は、デュアルエナジーで撮影された写真に気づくと、その言葉に軒下はCTの本の中にその言葉があったことを思い出し、全員でデュアルエナジーについて位置から学んでいた。

その頃、辻村はひとりベンチに腰を下ろしていたが、救急車を見ては後悔を繰り返し、武藤は何かを見つけた。

翌朝、武藤は辻村に過誤を認めさせたことを知った弁護士事務所で賛辞を送られるが、その時、広瀬から呼び出された。

-腕の違い-

画像を解析した結果、曽根の骨密度は成人男性と同等のカルシウム量だったことを告げた甘春は、他の病気が疑われるので、再検査をしたいと告げた。

拒否する武藤は技師に違いがあるとは思えないと言う武藤に、田中は軒下との画像の違いを見せる。

だが、的であるあなた達には診察させられないという武藤に、敵ではないという広瀬は「あなたは何と戦ってるんですか」と言われる。

18時に待っている、と小野寺は告げるが、武藤は去っていった。

するとラジエーションハウスには、甘春病院を訴えた患者を検査するとはどういうことかと乗り込んで来るが、ロビーまで行った広瀬は曽根をラジエーションハウスに連れてきた。

曽根の検査が始まると同時、急患の受け入れを頼まれた灰島は、急患を受け入れないのは決定事項と言うが、どこからともなく現れた大森から許可を出されてしまった。

駆けつけた辻村だが、ラジエーションハウスの光景を何も言わず見ていた。

検査の結果、曽根は悪性リンパ腫と判明し、臀部の痛みは骨粗しょう症ではなかった、と甘春は告げると、家族と本人に伝えてくると席を立った。

その様子に安心する辻村と、苦い顔の武藤。

だが武藤に、曽根を説得してくれたことを感謝する五十嵐に、危うく自分が憎んでた人達と同じことをするところだった、と告げた武藤は、ありがとうと頭を下げた。

仕事を終えた五十嵐は辻村に呼び止められお礼を告げられるも、自分だけのせいじゃないと五十嵐は告げた。

辻村は何も悪くないという言葉に、ライバルの五十嵐にフォローされ、君には勝てそうにないな、と告げて去っていった。

翌日、急患の受け入れは認めないという灰島に、人員が増えればいいですよね、という鏑木。

その頃、ラジエーションハウスでは辻村が救急に移る事を告げ、もっと知識があればたくさんの患者を救えるから、と熱意を告げる。

そして五十嵐に「勝負はこれからです」と告げ、五十嵐はビクッと身構えてしまう。

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第6話のまとめ・判明したこと

・髪型バッチリに笑ってしまう
・弁護士さんって勝手に勤務状況見れるの?
・軒下はデュアルエナジーちゃんと勉強しよ?
・辻村去ってまた戻る…救急に!
・灰島の守りたいものってなんだろうか

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第6話の感想

40代女性
40代女性
今日はLDH対決とでも言いましょうか。そこ出す必要あった?と思ってしまいましたがまぁいいとして。訴えられたにもかかわらず、他の病気があるかもしれないから検査したいって…!しかもそれを武藤が告げたとは。なんと言うか…武藤も武藤なりに心を動かされたんだな…髪型は揺るがなくても(そこ)。辻村がラジエーションハウスの面々を見て軽めに感極まってたのがとてもよかったです。

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』無料視聴方法

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』第6話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/k_13em/status/1457694517943947270?s=21
https://twitter.com/sayatomo2002/status/1457687921645928457?s=21
https://twitter.com/hiyashi_tomato2/status/1457687700677423109?s=21