『真犯人フラグ』2話のネタバレ・あらすじと感想~なにか埋まってる~

真犯人フラグ
スポンサーリンク

マスコミやYouTube動画から、世間で騒がれる「#炊飯器失踪事件」

DV夫とのレッテルを貼られた凌介。
事件の進展はないものの、二宮が協力してくれることに。

そして、職場に届いた遺体は、5年前のものと判明。
篤斗では無いが、一体誰なのか。
そして、それを送ったのはだれなのか?

謎が謎を呼ぶ!

『真犯人フラグ』第2話はそんなお話です。

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトをご確認下さい。

ドラマ『真犯人フラグ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、あります!!今は殆どの番組で、過去放送のドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【真犯人フラグ】"を、"無...

真犯人フラグ 2話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~なにか埋まってる~

ドラマ『真犯人フラグ』第2話のネタバレ

-青いチェックマーク-

家族が失踪した相良凌介(西島秀俊)の職場に届いた荷物から見つかった、10番のユニフォームを着た遺体。

それは目の下にほくろがあり、凌介の息子・相良篤斗(小林優仁)ではないことは分かった。

その後、訪れた警察の阿久津浩二(渋川清彦)と落合和哉(吉田健悟)に、荷物は凌介が出したものではなく、業者から届いたものだ、と二宮瑞穂(芳根京子)は告げた。

伝票に残る青のマーカーのチェックがその証拠だ、と二宮は告げた。

その頃、プロキシマ社長の橘一星(佐野勇斗)は炊飯器失踪事件に関連するツイートを見ていたが、立ち上げていたGPSアプリには「電源がオフになっています」と表示されていた。

翌日、報道陣に囲まれつつも逃げるように出勤する凌介を菱田朋子(桜井ユキ)と橘がそれぞれ見ていた。

ワイドショーでは、凌介の親友・日野渉(迫田孝也)がインタビューを受けていたが、そのことからネットニュースでは様々な憶測がなされていた。

出勤した凌介の「おはよう」という言葉に、職場は水を打ったよう静かになった。

太田黒は「相良くん、やってないんだよね」というと、ネットで騒がれているようなことはない、というも、コールセンターからは留守電がかなりあったことを告げられる。

更には仕事が始まった途端、コールセンターの電話はひっきりなして、その理由はYouTubeのぷろぴんこと徳竹肇(柄本時生)がアップロードした動画で、凌介の勤務先を告げたことからだった。

昼を迎えた頃、太田黒はコールセンターの呼損率が28パーセントである事を告げるが、オペレーターからは警察からの問い合わせがかなりある、と告げられる。

それは相良個人の責任ではないかという太田黒だが、呼損率より誰も助けてくれない相良を心配するべきではないか、という二宮。

その言葉に、凌介は悪くない、大変なのは凌介だ、と他の社員も告げると、午後からも頑張ろうと一致団結するのだった。

-5年前の遺体-

昼食を摂る二宮の元にやってきた相良は、よかったはこれ、とスイーツを差し出すが、気に入らなかったらこれもある、と他のものを見せる凌介を見た二宮は微笑んだ。

凌介がこんな人だと知ってたら、誰もあんな噂流さないのに、と愚痴をこぼした。

みんな怖いから、なにかの噂に飛びついて安心したいだけだ、という二宮は、凌介を手伝う、というと、早起きは得意か、と尋ねた。

警察では、司法解剖の結果、遺体は5年前に殺害されたものである事が告げられており、来ていたユニフォームは数年前から発売されているものだと分かった。

阿久津に「シリキラ(シリアルキラー)の仕業ですかね?」という落合は刑事の勘だと告げるも、「その言葉、一番嫌い」と告げる阿久津。

仕事が一通り終わった凌介に、週刊誌編集長を務める親友の河村俊夫(田中哲司)から参ってないかと電話が入った。

どれだけいいことを言っても、都合のいいとこばかり切り取られるのがマスコミだという河村は、今は耐えろと告げた。

翌朝、凌介に荷物を届けた業者を尋ねた凌介と二宮だが、配送センターに一般の人は入れないと、業者の人物は告げる。

そうなると、業者の人物があの遺体を送ったのか?と考える凌介たちは、そこで阿久津たちと鉢合わせ、ここで何をしてるのか、と尋ねられ、そのまま凌介は事情聴取となった。

その事を太田黒に告げる二宮は、凌介との関係を疑われるが、しつこい太田黒に「ハラスメント目安箱」をそっと差し出し話を終わらせた。

阿久津は凌介が受け取った荷物に入っていた遺体が5年前に殺害された遺体であることを明かすと、娘の相良光莉(原菜乃華)と年齢が同じ頃だが、何か覚えがないか、と尋ねた。

かなり踏み入った質問をしたが、訝しがりつつも凌介は答えていた。

とある葬儀場でスタッフが炊飯器失踪事件について噂する中、ただひたすらりんごを磨く本木陽香(生駒里奈)の姿があった。

その頃、仕事中の配達員・望月鼓太朗(坂東龍汰)は、子供達から「なに運んでんの?人間?」と茶化され「見てみる?」と返すと、主婦層たちからの声に救われる。

だが、本当はどうなの?と主婦たち尋ねられ、望月はその中のひとりに荷物が来ていたことを告げてはぐらかした。

スポンサーリンク

-野次馬-

ドライバーから悪口を書かれた紙を貼られていたと苦情を受けた凌介は頭を下げて帰宅すると、自宅のポストにも同じようなものがいつくも入れられていて、更には人の目もあった。

するとやってきた菱田が「大丈夫ですか?みんなも心配ですよね?」とあえて大声で野次馬に告げる菱田に、野次馬たちは消えていった。

同じように凌介の妻・相良真帆(宮沢りえ)が声をかけてくれた過去について語る菱田に救われた凌介は、笑顔で頭を下げた。

そして、真帆の自宅に連絡をする凌介だが、真帆の母・館野志乃生(丘みつ子)からはやはり連絡はない、という回答だったが、凌介を気遣う志乃生に感謝の言葉を述べて電話を終えると、溜息をこぼした。

家族との他愛もない出来事を思い出していた凌介は、チャイムの音に気付くと、そっと玄関の覗き穴を見るも、誰もいなかった。

そっと鍵を開けドアを開けるが、やはり誰もおらず、凌介はドアを閉めたが、外で音の声が聞こえた。

翌日、クレーマーからの電話を知らされた二宮が電話を応対すると、
何故か強く当たってくる相手に、微笑み交じりに二宮が対応すると、相手も同じように声音を変えた。

応対が早く済んだ事を告げる鴨井晴子(小林きな子)に、相手は話したいだけなのよ、という二宮だが、同じ時、相良にも来客が来ていた。

住愛ホームの林洋一(深水元基)は工事を続けてもいいか、と尋ねると、凌介は「お願いします」と告げた。

すると、絶対帰ってきます!と熱く告げられ、凌介は職場中の注目を集めるのだった。

仕事を終えた凌介は、あまり根を詰めないでくださいと告げた二宮に、なにか奢ると告げるも、二宮に迷惑がかかると遠慮した。

だが、もう食べたい口になっているという二宮を連れて日野の店を訪れるも、客の視線が気になっていた凌介。

日野は来店に感謝しつつも、色々とごめんと謝るが、そこに河村が現れ、領収書を着るのでお帰りください、と告げた。

なんと客は全てどこかの記者だった事に日野は驚いていた。

二宮を紹介した凌介に「愛人連れてきやがって」と河村は茶化すが、ただの職場の…と言うと、二宮は「ただの?ただのなんですか?」とまた凌介を茶化していた。

トラブルについて探る河村だが、思い当たるトラブルはないという凌介に、二宮はドライブレコーダーの映像を確認することができる、と告げた。

-猫の声-

翌日、ドライブレコーダーを提出依頼するも、時間がかかると言われ、二宮は深夜に忍び込んでこっちから奪う、と言い始めた。

その言葉に従い、二宮と共に作戦決行する凌介は、二宮の言葉を思い出しつつ操作するも、途中で分からなくなりメッセージを送ると、二宮はヤキモキしつつも素早く返信し、凌介はデータをメモリースティックに移し始めた。

深夜の担当者がトイレから戻って来そうなタイミングで、二宮は「相良を見なったか、と声をかけたが、親切に付き合おうとするその人物は、スマホを取りに部屋のドアを開けた。

そこで凌介を見つけた二宮に「なにしてるんですか」と言われる凌介は「僕は、なにを…」と告げると、大丈夫ですかー!と凌介の襟元を掴むと揺さぶり始めた。

だが凌介の手にはメモリースティックが握られていた。

メモリースティックの映像を二人がみていた時、ぷろぴんは動画が伸びないと悩んでいたが、炊飯器失踪事件の伸びが尋常じゃなく、俺は放火魔になる、と仲間に告げる。

そしてぷろぴんが都市伝説を混じえた動画を撮影していた頃、猫おばさんは何者かが公衆電話を終えて立ち去る姿を見た。

その時、林に新居に来ることが出来るか、と連絡をよこし、二宮に「行ってください」と告げられる。

新居予定地に到着した凌介は、何かが埋まってるという電話が入った、と告げられ、なにか埋まっているのかもしれない、と新居予定地に踏み込んだ。

そこを横切る猫に驚くが、猫は何かを見つけて鳴いていた。

基礎工事を終えた新居予定地のコンクリートから、皮靴の先っぽが見えていたが、それは灯里の学校指定の靴に見えた。

同じ頃、二宮はドライブレコーダーの映像に、真帆では無い人に手を引かれる篤斗の姿を発見するのだった。

ドラマ『真犯人フラグ』第2話のまとめ・判明したこと

・阿久津の「A、B、どっち」って聞き方完結でいい
・目元のほくろ…ムシロアノイタイ誰
・今度は光莉のっぽい靴埋まってる
・生駒里奈さんのちょい見せ再び

『真犯人フラグ』第2話ネタバレ筆者の感想

40代女性
40代女性
シリアルキラー、という言葉も飛び込んできた2話ですが、なんかまたもやもやしたまま終わりましたね。太田黒のあり方は責任ある役職としてどうなんでしょうか。毎回思いますが、それなりに仕事出来る人なのかな?とこれにももやもや。個人的に考察はしないタイプですが、橘と木本の描かれ方が怪しいので、きっと怪しさを煽りつつ関係ないよ、みたいなのだったりして。そしてやっぱり近くにいる二宮とか菱田が実は怪しいのかも…?とかモヤモヤ(笑)。

『真犯人フラグ』無料視聴方法

ドラマ『真犯人フラグ』は毎週日曜22時30分~

1話~最新話は、huluで"全話フル動画見放題配信中"です。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『真犯人フラグ』第2話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/chawa_tea/status/1449753130892099584?s=21
https://twitter.com/gewehr_98/status/1449753077414694914?s=21

https://twitter.com/6pni0/status/1449752935798239241?s=21