男子ごはん「鴨ロース」の作り方 栗原心平さんのレシピ (2021.10.17放送)

男子ごはん☆
スポンサーリンク

2021年10月17日テレビ東京『男子ごはん』で放送された「鴨ロース」のレシピを詳しくご紹介します!

今回は男のロマンシリーズ「鴨肉」!
鴨本来のうま味を閉じこめた一品。

教えてくれたのは、番組おなじみ、料理研究家の栗原心平さんです。

10月17日の放送で紹介された「鴨ロース」のレシピを、速報でご紹介します。

鴨ロース
※画像は男子ごはんから引用させていただいています。

男子ごはん「鴨ロース」の作り方 栗原心平さんのレシピ (2021.10.17放送)

材料(2人分)

まずは材料をご紹介いたします。

・鴨ロース肉:200g

・塩:適量

【合わせ調味料】

・かつおだし:300g

・しょうゆ:大3

・みりん:大2

・酒:大2

・砂糖:大1/2

・塩:小1/2

【つけあわせ】

・和辛子:適量

・白髪ねぎ:適量

作り方(調理時間:約60分間)

  1. 鴨肉は皮目に2cm間隔で切り込みを入れる。身の方に塩をふっておく。
  2. フライパンを中から強火にして、鴨の皮目から入れて両面をしっかり焼いておく。
  3. 鍋に合わせ調味料の材料をすべて入れ、沸騰したら弱火でアルコールを飛ばし、火を止める。
  4. 焼いた鴨を煮汁の中に入れてフタをする。冷めるまでそのまま置いておく。
  5. 45分ほど放置したら、鴨肉を取り出して食べやすくスライスする。
  6. お皿に盛り付け、煮汁をかける。和辛子、白髪ネギを添えて完成。

“この記事のまとめ”

料理のポイントです!

SHIMPEI’S POINT

鴨は皮から脂が出るので、焼く時の油は不要!

SHIMPEI’S POINT

室温に戻したら、冷蔵庫で冷やしても食べてもおいしい!

鴨肉に余熱で火を通し、しっとりうま味たっぷりに仕上げました。

国分太一さん試食した感想です。
『うんまい!すごく良い火の入れ方ですね』『鴨の脂も楽しめる。これは最高』
『なんだか自分でも作ってみたくなりました』

漬け込む時間は長いですが、簡単に作れるんですね。

みなさんもぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

その他の『男子ごはん』レシピは、こちらからご覧いただけます。

「男子ごはん」
テレビ東京系列 日曜11時25分~11時55分放送
料理・バラエティ番組
国分太一
栗原心平(料理研究家)

最後までお付き合いありがとうございました。