『スナックキズツキ』1話のネタバレ・あらすじと感想~スナックキズツキの由来とは?~

スナックキズツキ
スポンサーリンク

お酒の置いてないスナック「スナックキズツキ」
そこには傷ついたものしか辿り着けない。

コールセンター勤務の優美は疲れていた。
クレーム電話に、彼氏の素っ気なさに。

やってきた優美を迎えたのは、ママのトウコ。
いらっしゃい。
微笑むトウコに優美は…?

『スナックキズツキ』第1話のネタバレをどうぞ!

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトをご確認下さい。

ドラマ『スナック キズツキ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、配信あります!今は殆どの番組で、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【スナックキズツキ】"を、"全話無料!"で視...

『スナックキズツキ』1話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~スナックキズツキの由来とは?~

ドラマ『スナックキズツキ』1話「中田さん」のネタバレ

-内に秘めた小さな傷-

誰かにだまされたわけじゃい、誰かに裏切られたわけでもない、泣きたいほどひどい目に遭ったわけではないけれど、ほんのささいな出来事に心が傷つくことがある。

なんでもないような顔をしてやりすごしても、少しずつストレスはたまっていく。

まるで、たんすの裏のわたぼこりみたいに。

中田優美(成海璃子)は仕事終わりに疲れた体で歩いていたが、このまま帰りたくないと思った。

そんな時、優美は傷ついたものだけが辿り着ける「スナックキズツキ」の前にいた。

お酒を置いてないスナック、という貼り紙のあるその店には、ママのトウコ(原田知世)か鍋を拭きつつ優美に告げる。

「いらっしゃい」

ひとりでもいいか、と断る優美に「もちろん」とトウコは快く告げた。

お酒は置いてないというトウコに驚くが、それはトウコがお酒が飲めないからだった。

他のものなら一通りあると告げられた優美は、ソイラテを注文した。

穏やかな雰囲気と昭和レトロな雰囲気に、スナックより喫茶店みたいだと感じる優美は、コーヒーの香りに心惹かれた。

コールセンター勤務の優美は、日々同じように電話を受け取っていた。

そんなある日、テーブルを購入したという安達よしみ(平岩紙)という女性からの電話を受けた。

以前にも対応したことがあることを思い出した優美は、長くなりそうと予感しつつ話を聞くが、組み立てたテーブルの脚が1本短い、と告げられた。

返品を勧める優美は、ダンボールを捨てたというよしみに脚だけ送ってもらえればいい、と告げられ、更にはネジのサイズが合わないと苦言を告げられる。

更にはよしみの商品が在庫切れとなっており、すぐに送付手続きができず、また連絡すると言うが、よしみはないんですか?あなたに決定権はないんですか?と言い募る。

上司に変わるよう告げられるも、上司は「何とか納得してもらって」と言い、交代すらしてくれなかった。

挙句、よしみは「もういいです」も告げて電話を切ってしまった。

「今日もお疲れ様」トウコが差し出したソイラテを口にした優美は、ほっと落ち着くのを感じた。

ランチタイムには潤である瀧井潤(小関裕太)からの連絡が入り、少し遅れそうだと告げられる。

だが、電話の向こうで上司に呼ばれる潤の声を聞き、優美は了承し、午後の仕事に取り掛かった。

疲れながらも待ち合わせの店「たつみや」に到着するが、潤からは「やっぱり遅れる」とのメッセージが届き、今に至る。

ソイラテが美味しいと微笑む優美は、この店は何年目かと尋ねると、トウコは5年目かな、と告げた。

質問ばかりするくせを気にする優美が何かを炒める音に気付くと「うちはカレーも美味しいのよ」と告げながらトウコがキーマカレーを炒めていた。

スポンサーリンク

-アドリブカラオケ-

その匂いにお腹が空いた優美は、たつみやで潤を待ちつつ、料理は連れが来てから、と店員に告げでビールを飲んで待っていた。

やってきた潤は職場に人が足りず、修正もダラダラと回してくる、と愚痴り、更には「お腹すいてないんだよね」と告げられた。

注文する潤はさっぱりとした物ばかり頼み、優美は食べたかった皿うどんを言い出せないままになってしまった。

やってきたもろきゅうを食べる潤を見つつ、なにか話題がないか考えていたが、週末は撮り溜めたドラマでも見るしか無かった。

週末はBBQの予定である潤は、連れの運転手の変わりだ、と言う。

BBQのために朝5時起きの潤を見送った。

差し出されたカレーには目玉焼きが乗っていた。

口にした優美は自分好みの辛さと、思っていたより本宅的でスパイシーなカレーの美味しさに満足していた。

そんな優美を見て微笑むトウコ。

食べ終えた優美に、突然トウコは「キーは低めかな?」と尋ねたトウコにカラオケを勧められ、ソイラテを飲んだら帰る、と優美は告げた。

だが、トウコはおもむろにギターを抱えたのだった。

マイクを差し出された優美は「適当に合わせるから好きにやっちゃって?」と言われ戸惑うが、トウコはギターを弾き出した。

どうすればいいのかと戸惑う優美に、今のあんたの気持ちだよ?とトウコに告げられる。

名前はあんたじゃなく中田だ、名乗ってるのに聞いてない、怒った時だけ名前確認してくる、威嚇だけともう慣れたから怖くない、と歌に載せる。

客は切れてきたら「上司に変われ」と言うが、上司にも決定権はない、あるのはマニュアルだけなんだ~♪

すると優美は「二番いってもいいですか?」と告げ、トウコは「もちろん」と微笑んだ。

彼との話は自分が質問してばかり、特別なものを食べたいけど、相手を優先してしまうが、腹ぺこなのにもろきゅうってなんだ!?

彼のこと好きなのかな、でも好きなとこもある、見た目より真面目だし、でも、でも、会ったあとはうらさみしい…そう、わびしいのさ~♪

トウコの合いの手を借りつつも、今の気持ちを歌い上げた優美は、スッキリとした笑顔をうかべた。

ごちそうさまでした、と告げ、店を出た優美は、なぜ歌った?と思いつつも、楽しかったな、と店を後にした。

翌日、鼻歌を歌うトウコは、お酒の宅配業者のこぐま屋(浜野謙太)にご機嫌ですね、と声をかけられ、スナックキズツキの店名について尋ねられる。

だが、誰が名付けたかはトウコも知らないのだと言う。

その頃、優美はスッキリしたような様子で鼻歌を歌いつつ、今日の仕事に就くのだった。

そして先日、優美にクレーム電話をかけたよしみもまた、傷ついている…。

ドラマ『スナックキズツキ』第1話のまとめ・判明したこと

・上司に変わっても言えることは同じコールセンター
・よしみの組みたてたテーブル、なんか変?
・確かに女性ひとりでも組立らくらくが嘘な商品多い
・とりあえず最初に名乗ってるから聞いて欲しいほんと
・トウコさんの合いの手が可愛すぎる件

ドラマ『スナックキズツキ』第1話の感想

40代女性
20代女性
今回はわたしも従事しているコールセンター勤務の話て、とてもよく分かる部分がありました。ただ、よしみの気持ちも充分分かり、見ながらにしてモヤモヤが募りました(笑)。ソイラテもキーマカレーも美味しそうで、なんかほんと、優美には癒されて欲しいという気持ちになりました。生ギターでアドリブの歌を歌わされるのは、なかなかハードルが高かったのですが、あれはあれで気持ちを吐き出せたようで、見てても気持ちよかったです。次回はクレーム電話をしたよしみの番ですね。どんなもやもやを抱えてるのか、楽しみです。

ドラマ『スナックキズツキ』無料視聴方法

ドラマ『スナックキズツキ』毎週金曜 深夜0時12分~

1話~最新話は、Paraviで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『スナックキズツキ』第1話の感想とSNSの評判

https://twitter.com/maxchibicco/status/1446507267805761537?s=21

https://twitter.com/otonakodomonoko/status/1446505077355646984?s=21