なないろ日和! 「サケのソテーラヴィゴットソース」の作り方 フレンチの達人のレシピ(2021.9.23放送)

なないろ日和!
スポンサーリンク

2021年9月23日テレビ東京『なないろ日和!』で放送された「サケのソテーラヴィゴットソース」のレシピを詳しくご紹介します!

食欲の秋、魚料理のレパートリーを増やしたい!
サケをおしゃれなフランス料理に変身!

教えてくれたのは、フレンチの達人こと料理教室主宰、モンタルト陽子さんです。

9月23日の放送で紹介された、「サケのソテーラヴィゴットソース」の作り方の速報です。

サケのソテーラヴィゴットソース
※画像はなないろ日和!から引用させていただいています。

なないろ日和! 「サケのソテーラヴィゴットソース」の作り方 フレンチの達人のレシピ(2021.9.23放送)

材料(2人分)

まずは材料をご紹介いたします。

・サケ(皮なし):2切れ

・塩こしょう:少々

・サラダ油:適量

・クレソン:適量

【ラヴィゴットソースの材料】

・オリーブオイル:150cc

・白ワインビネガー:50cc

・玉ねぎ:40g

・ピクルス:15g

・ミニトマト:5個

・オリーブの実:15g

・ゆで卵:1/2個

・ケッパー:大1/2

作り方(調理時間:約30分)

  1. (ラヴィゴットソースを作る) 玉ねぎ、ピクルス、ミニトマト、オリーブの実、ゆで卵はすべてみじん切りにしておく。
  2. ミキサーに玉ねぎ、オリーブオイル、白ワインビネガー、塩を入れて攪拌する。
  3. 液状になったらボウルにあけ、①のみじん切りをすべて入れてよく混ぜ、ラヴィゴットソースの完成。
  4. サケは塩こしょうを振り、油をひいたフライパンで弱火でソテーする。全面が白っぽくなるように焼く。
  5. フタをして2分間蒸し焼きにして、お皿に盛りつけ、作ったソースをまわりにかける。
  6. クレソンを添えて完成。

“この記事のまとめ”

料理のポイントです!

ポイント1

ラヴィゴットソースは「市販フレンチドレッシング+みじん切りの具材」で代用OK!

ポイント2

サケは弱火でふっくら焼き上げて!

「ラヴィゴットソース」とはフランス料理によく使われるソース。
元気を出させるソースと言われています。

野菜がいっぱい入った彩りのよいヘルシーなソース。
市販のドレッシングに、冷蔵庫の残り野菜や漬物などをまぜて作っても良いそうですよ。

スタジオで試食。
香坂みゆきさんも『酸味がちょっときいていてさっぱり』と大絶賛でした。

ぜひご家庭でも作ってみてくださいね!

その他の『なないろ日和』のレシピは、こちらからご覧いただけます。

[word_balloon id=”4″ position=”L” size=”M” balloon=”bump” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]
「なないろ日和」
テレビ東京 (月)~(木)朝9時26分~11時13分放送
生活情報番組
薬丸裕英、香坂みゆき 他
[/word_balloon]