「ただ離婚してないだけ」8話のネタバレ・あらすじと感想~誰かいるよ~

2021年夏ドラマ
スポンサーリンク

佐野を殺すことが出来なかった正隆。
止むを得ず監禁することになった。

ポールに縛られオムツを履かされた佐野。
騒げば正隆にスタンガンを当てられる。
雪映にはご飯の前に感謝の言葉を言わされる。

こんな生活、どうかしてる。

そう思う正隆だったが、菜穂の娘・陽菜に佐野の姿を見られてしまい…?

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトをご確認下さい。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、配信あります!今は殆どの番組のドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【ただ離婚してないだけ】"を、"無料...

「ただ離婚してないだけ」8話のネタバレ・あらすじと感想~誰かいるよ~

ドラマ『ただ離婚してないだけ』8話のネタバレ

-監禁生活-

柿野家に乗り込んできた佐野義文(深水元基)は、階段から落ち羽交い締めされ、更には柿野雪映(中村ゆり)に熱湯を浴びせられていた。

その姿に驚いた夫の柿野正隆(北山宏光)だったが、雪映は正隆にコーヒーを差し出すと「どうする?やるしかないよね」と静かに告げると、包丁を持った。

思わず止める正隆に、ここまで来たら後戻りは出来ないと雪映は告げるが、正隆はその包丁を雪映から奪うと「俺がやる」と呟いた。

二階の部屋に転がされていた佐野は、包丁を持って経つ正隆に「やめろ」と告げるが、正隆は佐野の髪を掴むと、包丁を佐野の首に添えた。

それから一ヶ月後、正隆はリビングで仕事をしていたが、そこにハエの羽音が聞こえる。

資料を丸めハエを叩き殺すも、まだ止まらない羽音に立ち上がり、壁を叩くも、ガラス窓にもハエがいた。

セミの鳴き声が響く中、雪映は産婦人科へ向かうと、順調だと告げられ、更には性別も分かってしまった。

帰宅した雪映は「変わりない?」と告げると、正隆は「ああ」と告げた。

そして正隆を呼ぶ雪映は、赤ちゃんが男の子だと告げると、嬉しそうに「わたしに似てる?」と赤ちゃんのエコー写真を見せ正隆に尋ねるのだった。

その時、二階からの物音にふたりは天井を見上げた。

翌日、雪映の妹・中浦菜穂(西川可奈子)が子供を連れて訪ねてきた

母から預かった物を持ってきたという菜穂だが、自宅に居ない正隆に気付き、最近はネットの仕事をしていると雪映は告げた。

そこへ正隆が帰宅すると、腹帯をもらったことを告げる雪映に、コーヒーを入れると言うも、菜穂は「お水頂いてるんで結構です」と断った。

そして正隆はそこで仕事を始め、その姿に菜穂は安心するのだった。

その時、菜穂の娘の陽菜は二階に上がっており、陽菜の姿を見つけられない菜穂が「二階かな」と告げると、雪映と正隆はハッとした。

正隆は「(陽菜を)見てくるよ」と告げると、引き出しからそっとスタンガンを取り出した。

その頃、陽菜は暗く扇風機の回る部屋で、オムツをはかされ口をガムテープで塞がれた佐野を発見する。

スポンサーリンク

-妖精さん-

ここは来ちゃダメだ、という正隆の声に「ママー!」と驚き陽菜は下に降りるが、正隆は佐野にスタンガンを当てると、急いで下に降りてきた。

二階に誰かいたという陽菜に「妖精さんかな?」と菜穂は取り合わなかったが、陽菜は「おじさん」と告げた。

するとまた二階から物音が聞こえ正隆は二階へ向かうが、雪映は気を逸らすように、陽菜に習い事はさせないのかと菜穂に尋ねるのだった。

柿野家を後にする陽菜は、菜穂に手を引かれつつも二階の一室を何度も振り返っていた。

ガールズバーは仁科徹(杉本哲太)がオーナーとなっていた。

この店はほのか(大原優乃)ちゃんにプレゼントしようかなと仁科が告げるも、内装も変えたいが、資金は市仁科が出してくれるのか、と擦り寄るほのかを薮浩二(山口祥行)はたたき落とした。

佐野が契約書にサインを押さない限り、店は譲渡できないままだと仁科は告げた。

その頃、雪映は二階の電子レンジでご飯を温め、佐野の口元のガムテープを外すすと「聞こえない、ちゃんと」と告げた。

佐野はひたすら「ありがとうございます」と告げると、出されたご飯を犬のように食べ始めるのだった。

一ヶ月前、佐野を殺せなかった正隆は、証拠隠滅のために佐野の所持品を燃やすだけに留まった。

このままでいいのか、と自問自答する正隆は、これから上(佐野)の世話は俺がすると告げた。

どうして?という雪映に、元気な子供を産んで欲しいから、と告げた。

その頃、警察署で揉み合いになっていた夏川創甫(北川拓実)は、池崎康介(甲本雅裕)を見つけると、池崎は創甫を外に連れ出した。

紙に何を書いたのかという池崎に、姉である夏川萌(萩原みのり)の捜索願だと告げると、池崎は「お前と違って警察は全国民に信頼されてる」と言うと、そんな暇じゃねぇんだと告げるのだった。

菜穂は自宅で、正隆は本当に大丈夫かと心配していたが、その時、陽菜が不思議な絵を描いていた。

それは監禁されている佐野の姿で、陽菜は「この人、本当にいたんだよ」と言い、菜穂は気になって仕方なかった。

翌朝、食欲のない正隆は、佐野のためのご飯を見ていたが、ごちそうさまと告げた雪映は立ち上がろうとして倒れてしまった。

正隆がソファに雪映を運ぶと、雪映は落ち着いたようだが、ハッとすると「動いた」と告げて正隆の手をお腹に当てる。

すると菜穂が雪映の様子が気になったと告げてやってきた。

雪映が二階にいると聞いた菜穂は、あまり身重な雪映に階段使わせない方がいいと告げられる正隆。

二階に行くという菜穂に、起こしてくるという正隆だが、それなら自分が行った方が、と菜穂は告げた。

だが、陽菜の絵を見せた菜穂は、陽菜がこれを見たって言うから気になって、と告げた。

やっぱり正隆は信用出来ないという菜穂の声が聞こえた雪映は「静かにして」と佐野に告げるが、佐野は逆に騒ぎだし、佐野を縛り付けていたポールが外れてしまう。

その音に駆け出した菜穂を止めようとするが、菜穂は寝室へ入ってしまう。

急いで佐野を監禁する部屋に入った正隆だが、佐野が膝で這っている姿に驚くも、雪映は扇風機で佐野を殴りつけるのだった。

寝室に雪映がいないことに気付いた菜穂は、雪映を探して佐野を監禁する部屋のドアを開けた。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第8話のまとめ・判明したこと

・まさかそんな監禁のされ方…!?
・母は強し、という言葉を感じた
・ほのか…叩き落とされたけど平気そう(笑)
・池崎がついに動き出す?
・菜穂は一体何を見たのか…!待て次週!

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第8話の感想

40代女性
20代女性
どうせなら殺してしまった方が良かったのに…とか思ってしまう展開でした。むしろ正隆が止めずに雪映にぶっ刺してもらってたら…と少し思ってしまいました。なんだかんだでここぞの時に踏みとどまってしまうのが正隆。そんな正隆を親身に支え続けたせいで肝だけはめっちゃ座ってる嫁・雪映。ある意味ピッタリだ…!(笑)そして次回、菜穂は何を見たのか!!!気になる。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』無料視聴方法

ドラマ『ただ離婚してないだけ』毎週日曜 21時~

1話~最新話は、Paraviで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第8話の感想とSNSの評判

https://twitter.com/mayonakanotokyo/status/1433097701311143936?s=21

https://twitter.com/takumin_fight_k/status/1433097585892282369?s=21
https://twitter.com/yakko_busaiku/status/1433097469546536961?s=21

https://twitter.com/ninjin__na0/status/1433096814161317890?s=21