月9ドラマ『ナイト・ドクター』9話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~絶対反対~

2021年夏ドラマ
スポンサーリンク

心美の容態が急変した。
誰よりも心美を心配する深澤は、休職を選ぶ。

だが心美からはドナー登録をしようと思うと提案される。
その言葉に激しく声を荒らげ反対する深澤。

母がドナーになった朝倉と、自身がレシピエントである事を桜庭。
それぞれに思うところがあるようだった。

だが、心美はドナー登録にあたり勉強をしていた。
こんな自分でも、誰かの役に立ちたい。
その言葉を聞いた深澤は…?

ドラマ『ナイトドクター』第9話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2021.4.1時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

月9ドラマ『ナイト・ドクター』キャスト・主題歌・原作・ロケ地は?見逃し配信の無料視聴方法!
ナイト・ドクター一気見できます!今は殆どのドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【ナイト・ドクター】"を、"無...

ナイト・ドクター 9話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~絶対反対~

ドラマ『ナイト・ドクター』第8話のネタバレ

-ドナー登録-

益田舞子(野呂佳代)に呼ばれた深澤新(岸優太)は、慌てて妹の深澤心美(原菜乃華)の病室を訪れる。

共にやってきた朝倉美月(波瑠)の指示で手術を行う事になったが、深澤は手術室の前で待つことしか出来なかった。

手術を終えた本郷と朝倉と成瀬暁人(田中圭)に「ありがとうございました」と深澤は頭を下げるのだった。

あと少しで退院出来そうだったのに、なんで心美ばっかり…と、心美を見つつ深澤は呟いていた。

翌日、本郷亨(沢村一樹)から、深澤がしばらく休職することになった事を告げられる。

こうなったら深澤の分まで2倍働かないと、と高岡幸保(岡崎紗絵)に言われた桜庭瞬(北村匠海)は、バンバン患者救っちゃうよ!と気合満々だった。

心美の容態は安定しているようだが、深澤はずっと付き添っていると言う成瀬に、みんなで出勤前に見舞いに行こうと朝倉は告げた。

だが、家族の問題だという成瀬に、家族が居ない人はどうするの?と告げると、こんな時深澤も助けてもらいたいだろう、と朝倉は言う。

すると高岡に「ほんとお節介」と茶化されるのだった。

中庭にいる心美は入院が伸びた事を残念そうに告げると、深澤に「こんだけ学校行けなかったら留年決定だね」と告げた。

心美のお見舞いに向かうナイトドクターのメンバーだが、桜庭の大きな荷物に「何持ってきたの?」と告げられると、14まで入院生活してたからこそのものが入ってると言う。

すると病室の中から深澤と心美の言い争う声が聞こえた。

病室に入った朝倉達は、心美は自分に何かあった時のためにドナー登録をしたいと告げていたことを知る。

反対をする深澤に、心美はどれだけドナーが待ってるか知ってるの?という心美だが、そんなのは関係ない!といつになく声を荒らげる深澤の姿があった。

あとは家族の問題だ、という成瀬の言葉に、4人は病室を後にするが、唯一の肉親を失った後、体を切り刻まれるのは、残されたものにとって相当なダメージだと告げる。

そのまま各人戻ることになり、みんな冷たくない?と高岡はこぼした。

先に着替えていた成瀬は、そこに現れたレシピエントでもある桜庭に「大丈夫か?」と声をかけた。

みんなも知らないからだろうけど、あれが本音なんだな、と改めて桜庭は告げた。

だが、ドナーとレシピエントの掟として、朝倉の母の心臓を移植された事は告げるなという成瀬に、分かってるよと桜庭は頷いた。

ロッカーに入った桜庭は、深澤の言葉を思い出し、移植された心臓の辺りをそっと押えた。

同じ命を扱う仕事でもそれぞれの価値観は異なる事を感じる朝倉だった。

-筋肉祭り-

嘉島征規(梶原善)から、何故かひょろひょろの人員ばかりで大丈夫か、と声をかけられるが、引渡し資料の中に筋肉祭りと書かれた、総合格闘技大会が開かれるというチラシがあった。

いい出会いがあるかも、と微笑む益田は、いつもよりメイクが濃かった。

その夜、近くで格闘技の大会が開かれているせいか、やたらと体格のいい人物が運ばれて来た。

朝倉と高岡は必死にベッドに移していたが、女性であることを言い訳にするなと成瀬に言われてしまう。

そんな中、頭を負傷しつつも歩いてきたという体格のいい男性に驚く桜庭は、初療室運んでください!と叫ぶのだった。

その頃、心美の病室にいる深澤から、休職していることを聞いた心美は驚くも、仕事に戻るよう告げる。

そして、ドナー登録に深澤のサインをして欲しいと告げるが、深澤は応じなかった。

頭の固いお兄ちゃんと話してると余計具合悪くなる、と心美はカーテンを締めるのだった。

その頃、処置室では重量級の患者の処置にヘトヘトな朝倉と高岡がいたが、何故かそこに深澤がいた。

心美に追い出されたと告げる深澤は、心美のドナーカードを持っていた。

すると深澤は、心美にドナー登録を辞めるよう言って欲しいと朝倉に告げるが、朝倉は「ごめん、それはできない」と告げる。

自身の母がドナーになったことを告げると、心美には心美なりの考えがあると思う、と朝倉は告げた。

そこへ場内で乱闘があったと知らせが入り、朝倉と高岡は処置室に向かうが、高岡は朝倉の母のことを知らずに無神経でごめん、と言うが、大丈夫と告げた朝倉は、今日は筋肉祭りだからね、と告げた。

処置室では負傷しつつもトレーニングをする患者や、そこで楽しそうな益田の姿に「何この光景」と朝倉と高岡は目を疑うのだった。

深澤とふたりになった桜庭は、心美のドナー登録を反対するのは、深澤のためなんじゃないのか、と告げた。

当たり前だという深澤は、心美が死ぬのを待ってる奴がいるなんてゾッとする、と口にした。

その言葉に桜庭は掴みかかるが、お前には関係ないと深澤に告げられた時、あまりの騒ぎに成瀬や朝倉がやってくる。

桜庭は「ちゃんと心美ちゃんの話聞けよ」と告げてそこから去っていった。

その後、仕事を終えた朝倉から、桜庭と何があったか知らないけど、仲直りしなよ、と告げられる。

桜庭がひとりで夜の診療をやっている事を聞く深澤は驚いていたが、みんなが深澤の仕事を少しずつ負担している事を聞き、改めて感謝をする深澤だった。

スポンサーリンク

-自分のため-

その夜、私服でやっきた深澤は、桜庭にごめんと頭を下げた。

だが、桜庭も自分もムキになってたと告げると、ナイトドクターのメンバーに自身がレシピエントである事を告げた。

心美のように意思表示をしてくれる人がいなければ、俺はここにいなかったと告げると、悪いのは自分の方だと桜庭は深澤に頭を下げた。

その後、ソファに座ってた桜庭に、何サボってるんだと告げて現れた本郷に、桜庭は自分がレシピエントである事を告げたと明かした。

黙っておく必要は無いと言う本郷に、深澤と揉めたことを告げる桜庭は、誰かの大切なものを貰って生きていることに罪悪感があるし、その気持ちと一生付き合わなければいけない、と告げ仕事に戻った。

今日は重症患者が多いと告げる朝倉に、嘉島が気合を入れて重症患者を呼び込んだようだった。

一方、心美の病室にやってきた深澤は「ここに来たってことはサインしてくれたの?」と心美は告げるが、深澤のサインはまだなかった。

深澤はどうしてドナー登録なんて後ろ向きなことをするのかが分からない、と尋ねた。

心美は、後ろ向きじゃないと告げると、自分の為に登録したいと告げた。

いつまでたっても治療や処置て貰ってばっかりだから、どんな形でもいいから誰かに協力したかった、という心美はドナー登録について勉強した事を告げる。

心美がドナー登録について学んだノートを見た深澤は驚いていたが、ドナー登録を学び心が軽くなったのだと告げた。

その時、サイレンの音が聞こえた。

心美は、早く仕事に言ってきて、お兄ちゃんは救急医でしょ?と告げた。

搬送された患者の様子を見た本郷と成瀬は、O型の血液が足りないと言うが、受け取りに行く人物がいなかった。

そこへ深澤が「今日からまたナイトドクターとして働きます」と告げ、処置室に現れた。

突然のお使いを頼まれた深澤は肩透かしを喰らいつつも猛ダッシュで向かうのだった。

だが、容態が悪化する患者が持ち直したところで深澤は戻り、輸血を行うよう指示を出される。

その後、本郷に「よくやった」と告げられた深澤は、輸血パックを運んだだけだと言うが、その行動が患者の命を救った、と告げられる。

-深澤を救う心美-

翌朝、美月は深澤と共に心美の病室を訪れと、桜庭が持ってた恐竜のぬいぐるみを見つける。

心美は桜庭が持ってきてくれたのだと告げていた。

その後、独身寮の屋上で乾杯をするナイトドクターのメンバーは、深澤に心美とはどうなったか、と尋ねる。

心美の気持ちはわかったが、自分の中の踏ん切りがまだつかないままだ、と深澤は告げた。

その時、朝倉は自身の母のドナーカードを見せた。

朝倉の母は父が早く帰ってくる時や、朝倉の弁当も早起きしてちゃんと手の込んだ料理をする人物だったと告げた。

母が倒れてドナーカードを見つけた時、朝倉と朝倉の父は何となく同意のサインをしたが、本当に良かったのか、と迷っていたのだと告げた。

その後、レシピエントからの手紙が届いた事により、朝倉は母の死という悲しい過去が、楽しくいい気持ちになったことをつげる。

だから朝倉は今になってドナーカードを残してくれた母に感謝をしてる、と告げた。

それを聞いたレシピエントである桜庭は思わずみんなに背中を向けていた。

その後、高級肉を見せた桜庭は、みんなだから自分がレシピエントであることを言った、と告げた。

その後、肉を食べ、みんなと楽しく過ごした深澤は、心美にドナーカードを差し出した。

そこには深澤のサインがあった。

深澤は献血の話を持ち出し、それと変わらないんだな、と告げた。

そして、心美がいつか人を救うかもしれないから、と告げた。

だが、心美がいるから自分が頑張れてるから、もう救っている、と深澤は告げると、必ず元気になるからそのカードは使わなかもしれない、とも告げた。

心美は涙ぐみつつも「うん、そうだね」と告げる。

いつもの顔ぶれが集まったナイトドクター達だが、そこへドクターコールが入るが、その声は星崎だった。

2時間以上受け入れ先が見つからず、なんとか患者をお願いしたいと告げる救急救命士の星崎比呂(泉澤祐希)の声に、やっててきた本郷は「断れ」と告げた。

予想外の言葉に驚く朝倉だが「聞こえなかったのか、断れ」と本郷は告げた。

ドラマ『ナイト・ドクター』第9話のまとめ・判明したこと

・益田は筋肉がお好き
・高岡はスリム男子好み
・ドナーとレシピエント双方から考えれるドラマ
・なぜ本郷は今回の要請を断ったの?
・何はともあれ、次回は停電?

ドラマ『ナイト・ドクター』第9話の感想

40代女性
40代女性
深澤ってなかなか変なやつだなと思いましたが、医者でも身内のことになるとああなるもんなのかな?と思ってしまった。そこは個人差はあるでしょうけども。今回は、心美ってしっかりしてるね、というターンでした。そして次回は停電?電源が切り替わらない?まさかMER来ませんよね…?となる展開でした。病院ものってやっぱりなんか似たものになりがちなのかな?と思ったりして。

ドラマ『ナイト・ドクター』無料視聴方法

ドラマ『ナイトドクター』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

FODプレミアムでは"森本刑事のオジさん監察日記"も配信中!

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『ナイト・ドクター』第9話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/honobono38/status/1432340855109545991?s=21