「ただ離婚してないだけ」6話のネタバレ・あらすじと感想~新婚旅行~

2021年夏ドラマ
スポンサーリンク

佐野からの脅迫電話に雪映は脅えていた。
そんな佐野にうっかり萌のスマホを上着ごと渡した正隆。

3日以内に1000万円用意しろと強請られてしまう。
素直に応じた正隆は、銀行から融資を受ける。
そして仕事の給料を前借りしたいと編集社に頭を下げた。

そこで実家の柿野製薬が大変なことになっていると知り…?

『ただ離婚してないだけ』第6話のネタバレはこちら!

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトをご確認下さい。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、配信あります!今は殆どの番組のドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【ただ離婚してないだけ】"を、"無料...

「ただ離婚してないだけ」6話のネタバレ・あらすじと感想~新婚旅行~

ドラマ『ただ離婚してないだけ』6話のネタバレ

-佐野からの追跡-

佐野義文(深水元基)から電話で脅された柿野雪映(中村ゆり)は夫の柿野正隆(北山宏光)に連絡をするが、当の正隆は雪映を脅した佐野のすぐそばにいた。

ほのか(大原優乃)に名前を呼ばれた正隆は逃げるように店を出るが、佐野に捕まってしまった。

「助けてください!」と通りで叫び時間を稼ぐと正隆は逃げ出したが、隠れることしか出来ず、念の為にLINEを交換したほのかをブロックするのだった。

一方、正隆の上着を何故か持って帰った佐野だったが、ほのかはそこに失踪したと思われている夏川萌(萩原みのり)のスマホがある事に気付く。

ロック解除のパスワードが分からない佐野はほのかにパスワード解析を任せるが、ほのかは「(萌が)監禁されてたりして」と佐野に告げるのだった。

ようやく帰宅した正隆は、膝を抱える雪映を見つける。

佐野が脅して来た事を告げた雪映に、正隆は「ただの脅しだ、電話に出なければいい」と告げると、金がなければすぐ諦めると言い聞かせていた。

自宅までは突き止められない、と言う正隆だが、自室で萌からの着信があり、萌のスマホを上着ごと奪われたことを思い出し頭を抱える。

だが電話を切られた事を知った佐野は苛立ちつつもほのかにもっと探れと言いつつ萌のスマホに残る画像を探ると、正隆と萌のツーショットを見つけた。

ほのかは佐野が画像を見つけたことを知らず、特別手当はないんですか?と話し続けていた。

正隆の自宅で撮影された様子のその画像には、雪映の勤務先が書かれた封筒が写っていたのだった。

勤務中の雪映は、学校に佐野がやってきていることを知る。

思わず身を隠すが、教師達は個人情報で雪映の住所は教えられないと言うと、佐野は校舎に足を踏み入れた。

児童を守ろうとする雪映が姿を現すが、教師達は警察を呼ぶと脅すと「柿野先生に伝えてくれ、待ってるから、ってな」と告げて、校門の前に佇んでいた。

雪映は佐野を全く知らない人だと告げると、警察を呼ぼうという話になるが、何故か黒塗りの車が現れ、佐野を乗せて去っていった。

仁科徹(杉本哲太)の事務所に連行された佐野は、子供なのかと指摘されると、きっちり動いてもらわないと困ると告げられ、ボコボコにされている男性を連れた薮浩二(山口祥行)が姿を現し、どこかへ消えていった。

明後日までに100万円を用意しろという仁科の元に再び戻ってきた薮の手は血だらけだった。

佐野はやむを得ず了承するしか無かった。

他の教師に付き添われながら帰宅した雪映を出迎えた正隆は、気をつけてくださいと告げられ、自宅に戻った。

すると再び佐野から電話が入り、正隆は言いがかりはやめてくださいと告げる。

お前らが何したか知ってるという佐野に、金は払うと告げた正隆だが、3日以内に1000万円用意しろ、と告げられる。

そんな佐野を見ていた薮に気づく佐野と、電話を終えて深い溜息をこぼす正隆。

ベッドに横になる雪映に、しばらく学校を休めばいい、自分が連絡をする、と正隆は告げると、落ち着いたら新婚旅行に行きたい、と告げた。

どこがいい?と尋ねられる雪映は、正孝に背を向けたまま寝たふりをしつつも涙を流していた。

スポンサーリンク

-柿野製薬の危機-

深夜、雪映の姿がないことに気付き起き上がる正隆だが、雪映は念入りにリビングの床を拭いていた。

あの男が来るかもしれない、証拠は残さないようにしないと、と言う雪映を正隆は抱きしめると「大丈夫だから」と雪映を宥めた。

雪映を休ませた正隆は、雪映を残し家を後にした。

萌を埋めてから41日が経過していた。

金を融資してもらった正隆は、その足で仕事を貰うために編集部へと向かっていた。

自宅で雪映は産婦人科で会った萌のことを思い出していたが、妊娠していたのは正隆の子では無い、いつか死ぬ運命だった、あの子はそんな女、と言い聞かせていた。

何故か萌の自宅を尋ねた雪映は、夏川創甫(北川拓実)を見掛けると声をかけた。

快く家に上げた創甫にお茶を出される雪映は、産婦人科で萌に会って心配になった、と創甫に告げていた。

不遇な出生を告げると、味方は姉の萌だけだったと創甫は少年らしい微笑みを浮かべて告げた。

萌を見つけて一緒にやり直したいという創甫は、これからでも大学に行けますよね?と雪映に告げた。

雪映は萌の赤ちゃんについて尋ねると、創甫は堕胎させられたことを告げると、柿野って野郎に、と付け加えた。

産婦人科で萌がどんな気持ちで雪映に「おめでとうございます」と告げたのかと考えた雪映は思わず泣き出し、創甫に心配されるのだった。

編集部を尋ねた正隆は、納期が遅れてるのに前借りなんて都合のいいこと言うんじゃないと告げられる。

土下座をする正隆に、なんで実家を頼らないんだ、弟の柿野利治(武田航平)が立派だからかと言うが、柿野製薬も信用ガタ落ちだからな、とゴシップ雑誌の記事を見せられる。

そこには柿野製薬の贈収賄事件が記載されていた。

実家の記事を書くなら報酬は弾むと言われた正隆は、即答できずにいた。

帰宅した雪映は台所へ行くと萌を埋めた場所が見えるカーテンを開けた。

そこへ帰宅した正隆はテレビを付けると、柿野製薬の贈収賄事件について告げられており、かなり大きな事件となっているようだった。

ふと庭をに倒れる雪映を見つけた正隆は思わず庭に飛び出すのだった。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第6話のまとめ・判明したこと

・なんで今、新婚旅行の話した…?
・正隆の知らない間に実家が大変なことに
・ほのかって一体何者なんだ感
・創甫がとても少年らしかった…少年忍者だもん…(笑)
・雪映の体が心配なターン続く

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第6話の感想

40代女性
20代女性
雪映の体が心配な中、正隆が次々とやらかしてしまうという話でした。大丈夫じゃねぇだろ!と思いつつも、そう言ったけど全然大丈夫じゃないと正隆も実感してるようには思えました。雪映が萌の自宅を尋ねたのは、萌がどんな人物か知りたかったからだと思いましたが、ああいう女だと思い込んだのとは違う、弟を支えつつ頑張って働いていた健気な萌を知ってしまい、後悔してしまったんでしょうね。何はともあれ…雪映が心配すぎる。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』無料視聴方法

ドラマ『ただ離婚してないだけ』毎週日曜 21時~

1話~最新話は、Paraviで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『ただ離婚してないだけ』第6話の感想とSNSの評判

https://twitter.com/tk7lflwozmkcyhg/status/1428022436033753094?s=21
https://twitter.com/5honyubi_/status/1428022376235618311?s=21