ドラマ『彼女はキレイだった』3話 ネタバレ・あらすじ・感想~どうして可能性を信じないの?~

2021年夏ドラマ
スポンサーリンク

副編集長に電話…した?

全く記憶にない発信履歴におののく愛。
だが拓也からその様子が語られ、更におののく。

少しずつ宗介との距離が縮まりそうな愛。
だが、仕事もバリバリこなしていく。
そんな中、須田に仕事を押し付けらる愛。

そのことに気づいたのは宗介。
だが愛は、仕事があることが嬉しいという。
アシスタントと雑用は違う、と告げる宗介。

二人の距離はどうなる!?

ドラマ『彼女はキレイだった』第3話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2021.4.1時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

ドラマ『彼女はキレイだった』キャスト・主題歌・原作・ロケ地は?見逃し配信の無料視聴方法!
うっかり、録画予約を忘れてませんか?でもご安心下さい!今は殆どの番組で見逃したドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では...

ドラマ『彼女はキレイだった』3話 ネタバレ・あらすじ・感想~どうして可能性を信じないの?~

ドラマ『彼女はキレイだった』第3話のネタバレ

-あの夜のこと-

目覚めた佐藤愛(小芝風花)は寝坊で焦っていたが、桐山梨沙(佐久間由衣)に何時に帰ったか尋ねられるも、愛は樋口拓也(赤楚衛二)と飲んだことは覚えていたが、それ以外何も覚えてなかった。

朝、母である佐藤明里(松田陽子)からの電話に出た後、長谷部宗介(中島健人)に電話をかけていたことに気付くが、背後からやってきた拓也にその時の話を聞き、このことは黙ってて、と念を押すのだった。

一方、カフェにいた宗介は岡島唯子(片瀬那奈)に何度も声をかけられるも気付かず、つい愛の言葉を思い出してしまっていた。

その後、愛と同じエレベーターに乗った宗介だが、何か言いかけるも、乗り込んできた宮城文太(本多力)に無言になってしまった。

前回、会議で議事録を取っていた愛に、岡島は企画を提案してみたら?と告げるも、愛はサポートをすることを告げ、岡島にお礼を告げるのだった。

そしてやってきた滝沢蘭子(LiLiCo)に、宗介がジェームス・テイラーとの対談を成功させた事を告げ、決起集会を行うことを告げられる。

宗介は断るも、滝沢に言われやむを得ず従うことになっな。

仕事もおわりの頃、須田絵里花(宇垣美里)に仕事を押し付けられた愛は、仕事を終えると副編集長室を見たて、無人なのをいいことに忍び込んだ。

砂時計を見て宗介の真似をして遊んでいたが、当の宗介が電話しながら戻り、慌てて隠れるも、モストジャパンを廃刊にはさせない、という宗介の言葉を聞いてしまう。

そしてうっかりつまずいた愛に驚く宗介からは、このことは誰にも言うなと釘を刺されてしまう。

宗介と共に店に訪れることになった愛だが、拓也は愛を隣に呼んだ。

その後、このあとも仕事があるという宗介は烏龍茶を頼んだが、須田のウーロンハイと間違えて運ばれ、一口飲んだ宗介はテーブルに頭を打付ける勢いで潰れてしまった。

-宗介を勇気づけた言葉-

仕方なく宮城と共に宗介を部屋に運ぶ愛だが、宮城はさっさと帰ってしまう。

宗介に「水」と言われた愛が冷蔵庫を開けると、そこには水しか入っておらず、ちゃんと生活できてるのか心配になるのだった。

いつの間にか寝ていた宗介をよそに、部屋にあった思い出のジグソーパズルを見た愛は昔のことを思い出していた。

だが、何をしてると告げた宗介は、うっかり愛に抱きついてしまい、ジグソーパズルを入れたケースごと床に散乱してしまった。

片そうとする愛に「すぐに帰れ」と言われ、愛は急いで部屋から出るが、持って出たのは宗介の靴で、部屋の前に行くと中からドアが開き、愛は自分の靴と取り替えると、そそくさと帰ってしまった。

愛が怪我していることに気付いた宗介が持っていた絆創膏は、渡せないままだった。

翌日、朝のジョギングの合間に、宗介からの返事に何を返そうか迷う梨沙の元に、拓也が現れ、梨沙の炭酸水をこぼし「クリーニング代は出すから」というも、拓也は財布を持ってなかった。

その後、いつまでも「借りは返すから」といいつつジョギングについてくる拓也を不審に思いながら梨沙は走っていた。

一方、愛が指に絆創膏をしているのを確認した宗介は、編集部の人員のサポートをしている姿を見ていた。

そんな愛に拓也は、企画出してみればいいのに、勿体ないと告げていた。

夜、須田が会社のエントランスで大声で電話するのを見た宗介は、須田に仕事を押し付けられた愛がまだ社内にいる事に気付く。

ひとりで絆創膏も貼れない愛に宗介は絆創膏を貼ってあげるが、空港の件で詫びられ、あれは自分が悪かった、と宗介は告げた。

そして、愛が須田に押し付けられた仕事を始める宗介は、アシスタントと雑用係は違うと告げるも、愛は仕事が貰えるのが嬉しい、と告げた。

今まで面接で50社も落ちた経験から、仕事がもらえると必要とされてるようだと言う愛は「脇役でいい」と微笑んでいた。

昔は自分もそう思っていたと、宗介は過去のことを話し出した。

卑屈になっていた自分に、どうして自分の可能性を信じないの?とある人に言われた、と宗介は告げ、それからはその言葉を支えにしていたと言う。

ずっとその人の言葉を覚えてたのか、という愛に、その人の隣が似合うようになろうと思って生きてきたから、と宗介は告げた。

その言葉を言った当人である愛は、思わず微笑むのだった。

スポンサーリンク

-ピースを守り抜け-

翌朝、ぼーっと歩く愛は、突然拓也に声をかけられ驚くが、飲みの誘いに「実家に帰るから付き合えない」と笑顔で告げた。

だが「やっぱり何かあった?」という拓也は、宗介と何かあった?と鎌をかけるが、愛は分かりやすく反応してしまった。

そして、今は親友が自分の代わりをしている事を告げると、もう十分なんです、昔のことなんです、と告げた。

実家に顔を出した愛は、先日忘れた手帳を受け取ると、愛の好きな煮物作ったから、と言われ、晩ご飯を食べることにした。

押し入れを整理していた母が出していた、昔の表彰状に昔のことを思い出す愛。

何かを諦めていた宗介に、なぜ可能性を信じないの?と告げた昔のことと、昨日のことを思い出し、宗介が頑張って来た事を微笑ましく思った。

そして、宗介に渡されたパズルのピースを愛が見つけた頃、宗介は自宅でパズルを完成させ、かけたピースの部分を指で辿っていた。

翌朝、パズルのピースを手帳に挟む愛は、やってきた宗介に朝の挨拶をすると、廃刊は決定なのかと尋ねるが、まだ決まってはないと告げた。

愛はその言葉に自分なりに頑張ってみます、と告げるが、宗介には「単純だナ」と言われてしまう。

編集部では岡島に「やっぱり企画を考えてもいいですか」という愛に、岡島も拓也も喜んでいた。

熱心に企画を考える愛と、ひたすら仕事をする宗介は、知らない間に隣の席に座っていた。

職場ではまた須田に仕事を押し付けらるそうになったが、仕事量が多いなら調整するよう宗介に告げられ、須田は引き下がった。

その時、パズルのピースが無くなったことに気付く愛が、机の下からピースを取り出すも、なんと宗介がそれを踏み、ピースがなくなってしまったのだ。

慌てる愛を察した拓也は、何故か突然宗介を抱きしめ宗介に不審がられるが「BL特集の記事を見てたから」といいわけする拓也が変な目で見られるだけだった。

その後、ピースを愛に渡す拓也は感謝されるも「俺って可哀想」としきりに告げるのだった。

そして、ジャクソン(愛)を取られたくないという拓也は、何故か突然愛に「結婚しよう」と片膝をついてプロポーズするのだった。

だが「全然似合わない」と笑いだした愛に、拓也も付き合うのだった。

-突然の雨-

夜、愛との思い出を思い返していた宗介は、星空を見上げていた。

同じ時、星空を見上げていた梨沙の元へ宗介からメッセージが届くが、梨沙はカーテンを閉め返事をしようとすると、愛が帰宅した。

様子の変な梨沙を気にする愛に何も言えなくなった梨沙は、思わず愛に抱きつくのだった。

翌朝、借りを返してもらいに来た、と梨沙は拓也に告げた。

仕事が終わった愛は、突然の雨にコートを被って外に出た。

一方、愛(梨沙)との約束場所に向かう宗介は、その途中で救急車を見てしまい、母が亡くなった時のトラウマから呼吸困難になってしまう。

梨沙は拓也を婚約者の代わりになって欲しいと頼んだが、宗介がなかなか現れずに心配していた。

どうしてそんな嘘をつくのかという梨沙に、それでももっと傷つけたくない人がいるから、と梨沙は告げた。

そんな時、愛は雨の中でうずくまる宗介を見つけ、コートに宗介を入れてあげ、呼吸困難になった理由を察すると「大丈夫」と声をかけた。

すると宗介は愛の頬に手を触れると「愛」と告げるのだった。

ドラマ『彼女はキレイだった』第3話のまとめ・判明したこと

・梨沙は宗介を好きになってしまった?
・拓也は気が多いのかなんなのか
・でも親しみやすくて可愛い拓也が癒し
・宗介は気付いたんだろうか?
・今回は宗介の驚き方が弾けてた

ドラマ『彼女はキレイだった』第3話の感想

40代女性
40代女性
愛の振りをして接するうち、梨沙は宗介をすきになってしまったような感じでしたね。でも、拓也を婚約者に選ぶのは…色々とダメな気がするやつ。拓也も、なんか聞いたことある話だなと思わなかったのか不思議。そして宗介は愛を認識したんでしょうか。少し宗介が愛に歩み寄ってきている感が何とかなく可愛いです。

ドラマ『彼女はキレイだった』無料視聴方法

ドラマ『彼女はキレイだった』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

FODプレミアムでは"森本刑事のオジさん監察日記"も配信中!

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『彼女はキレイだった』第3話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/ayaka4869/status/1417472421104259078?s=21

https://twitter.com/sallyszforever/status/1417472779574669324?s=21