月9ドラマ『ナイト・ドクター』2話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~普通とは何なのか~

2021年夏ドラマ
スポンサーリンク

ナイト・ドクターとして避けられないもの。
深夜受診=ウォークイン、である。

ほとんどが軽傷で、受信する必要も無い患者が多数。
そのことから「コンビニ受診」とも呼ばれている。

コンビニ受診のせいで重症患者が後回しになるのはおかしい。
朝倉はそう思いつつもウォークイン受診を行っていた。

そんなある日、ウォークインを初体験する深澤。
俺に合ってるかもと言う深澤が受信した患者・玲生。
頻繁にやってくる玲生だが、本当に風邪なのか…?

ドラマ『ナイトドクター』第2話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2021.4.1時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

月9ドラマ『ナイト・ドクター』キャスト・主題歌・原作・ロケ地は?見逃し配信の無料視聴方法!
ナイト・ドクター一気見できます!今は殆どのドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、"ドラマ【ナイト・ドクター】"を、"無...

ナイト・ドクター 2話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~普通とは何なのか~

ドラマ『ナイト・ドクター』第2話のネタバレ

-普通とは何か-

あさひ海浜病院に刺された男性が搬入される。

朝倉美月(波瑠)は誰に刺されたかを男性に尋ねるが、救急隊員に「奥さんに、浮気がバレて…」と告げられ、朝倉は彼氏の佐野大輔(戸塚純貴)の浮気を思い出してしまった。

さっさと処置しろ成瀬暁人(田中圭)に指摘され「分かってます」と返す朝倉の後ろでは、指導医の本郷亨(沢村一樹)に指示された桜庭瞬(北村匠海)と、高岡幸保(岡崎紗絵)に指示された深澤新(岸優太)がぶつかる始末。

看護師の益田舞子(野呂佳代)と新村風太(櫻井海音)に「何やってるんですか」と言われる後で「ポンコツふたりが…」と呆れる高岡がいた。

なぜ浮気したのかと男性に尋ねる朝倉に、男性は「先生にもあるだろ?いつも味噌汁ばっかり飲んでたら、スープが飲みたくなる瞬間が」と告げた。

「ありません」と答えると、器具で患部を締め付ける朝倉と、悲鳴を上げる男性を見て、成瀬は何かを察したようだった。

処置のラッシュが終わると、桜庭はペコペコ回数更新した、と告げると、分かるわと共感する深澤に、変なとこで共感し合わないでと高岡に呆れられる。

その後ろでは、仕事に私情を持ち込むなと成瀬に注意される朝倉がいた。

高岡に浮気された事を気付かれた朝倉は、成瀬に普通の人と環境が違う上に、四六時中患者のことしか考えてないやつと付き合えると思うか、と言うと、普通の恋愛がしたいならナイトドクターを辞めるべきだと告げれる。

そんな時、6歳の男の子が二週間前から腹痛を訴えているというドクターコールがあり、本郷の指示で受け入れることとなった。

処置へ向かう朝倉と成瀬が昔同じ救急センターにいたと言う高岡は、ふたりが元カレ元カノだったりして、と想像を膨らませると「そんなわけない」と何故か深澤が動揺していた。

そんな姿を桜庭に茶化される深澤だが、高岡と共に本郷に呼び出され、その時、老人が足を引きずりながらあさひ海浜病院へ向かっていた。

一方、患者を出迎えようとする朝倉は「先輩(成瀬)は手を出さないでください」と告げるが、救急車から出てきたのは元気そうな男の子と、電話をしながら降りる母らしき女性だけだった。

急患は?と尋ねる朝倉に「この子です」と女性は元気な子を指し「さっきまですごい痛そうでマジ心配で」と言われると「お前が診るんだろ、連れてけ」と成瀬に告げられてしまう。

そして高岡と深澤はウォークインの当番を任されるが、高岡は「技術を学びに来ているから、深澤ひとりで充分だ」と言うも、本郷はふたりに任せて去っていった。

外来に子供が多い事を不思議に思う深澤に、共働きが増えて夜に子供を受診させる親が増えており、その多くは軽傷で病院にすら連れてくる必要のない患者がほとんどだと高岡は告げる。

それは「コンビニ受診」と言われており、桜庭にその事を教える成瀬の後ろで、例の「急患」を診る朝倉を桜庭は見ていた。

急に食べすぎたせいで異常が出た事を母に告げると「やっぱり?うち車ないし、救急車ならタダじゃん?」と返され、後程朝倉はコンビニ受診のせいで本当に治療を必要としている人がおろそかにされるのはムカつく、と本郷に告げていた。

だが、本郷はどんな患者も受け入れることをモットーにしており、朝倉はコンビニ受診を受ける人達は本当に患者なのか、と疑問を抱き始める。

そして右足が痛むという老人の患者を診る朝倉は、階段から落ちて足が折れたみたいと言うが、ベッドに横になるよう告げられると立ち上がって歩き出し、不審に思った朝倉は患者のマスクを下ろし「やっぱり」と告げた。

深澤は鼻水の出る幼児・鮎川玲生を診ていたが、母の鮎川希実(谷村美月)は共働きで連れてこれず軽い症状なのに受診して申し訳ないと言うも、気にしないでくださいと深澤は告げるが、隣の受診室から朝倉の声が聞こえてくる。

急患でもないのに受信に来るのは困る、と老人に強い口調で懇々と説教する朝倉に「患者さんになんてこと言うんだ」と乗り込んできた深澤。

だが、患者の名前は朝倉哲郎(佐戸井けん太)…朝倉の父だったのだ。

受診室に戻った深澤だが、朝倉の声を聞いてしまった希実は、先程までの素振りはなく、そそくさと去っていってしまうのだった。

コンビニ受診がそんなに悪い事なのか、という深澤に、軽傷者の処置で重症患者が後回しになったら意味が無い、と朝倉は去っていった。

その時、朝倉の家族の疾患を見ていた桜庭は成瀬に声をかけられ慌ててその場を去り、哲郎の元へやってきた。

遠くからわざわざあさひ海浜病院にやってきたのになにか意味があるのかと尋ねる桜庭に、哲郎は今の仕事が心配で、そのことを告げると逆ギレされて以来話しづらくなったと言う。

妻は13年前に亡くなった、と哲郎に告げられ、何故か桜庭は無言になってしまった。

ウォークイン受診担当の朝倉は、舌を噛んだと言う患者の斎藤篤男(赤ペン瀧川)を見ていた。

朝、ぐったりする高岡と朝倉に「どうしたんですか」という深澤に「コンビニ受診の多さでもうぐったりだよ」と返す高岡だが、深澤は自分に合ってる気がすると言う。

だが深澤は、失敗することを恐れて難しい処置をしようとしてないだけだと朝倉に指摘されてしまう。

-救いたい命-

処置を行う医師達の中、桜庭と深澤は何も出来ずにいたが、高岡から「お湯を持ってきて」と言われ、桜庭は応じて動きだした。

ドクターコールに応答するよう言われる深澤だが、7件断られた患者を受け入れて欲しいという言葉に「断れ」と成瀬に告げられるも、本郷は「決定権は俺だ、受け入れる」と言う。

答えずにいる深澤から電話を奪い、朝倉は受け入れることを電話に告げた。

まだ意識のある患者は「明日彼女にプロポーズをする、行けるかな」と告げるが朝倉は「頑張ります」と告げてズボンを切って開くも、桜庭は目の当たりにした患部吐き気を覚えてしまい、高岡に「嘘でしょ?」と言われてしまう。

本郷からは足を切断しろとの指示があるが、何とかならないか朝倉は考えていた。

そして深澤は「突っ立ってるなら家族に連絡しろ。息子が危ないってな」と本郷に告げられる。

患者のスマホを見た深澤は、患者の言葉を思い出しつつも患者の親や彼女に連絡をするが、深夜ということもあり、全く繋がらなかった。

手術中も嘔吐きが止まらない桜庭だったが、切断した足を冷凍庫へ持っていくよう告げられ、相変わらず嘔吐きつつも持っていくのだった。

患者の容態が思わしくない中、心臓マッサージをする朝倉だが、何とか持ち直した患者を見て、本郷は「脳死じゃなきゃいい」と告げるのだった。

電話が繋がらないままの深澤は「連絡ついた?」という朝倉に「深夜だしまだ」と告げると、朝倉が患者の家族に留守電を残している姿を見る。

朝を迎えた病院の中、患者の家族に連絡が取れたか確認する深澤に、知人と連絡が取れたという朝倉は、患者は飲食店が経営難で再就職先を見つけるために奔走していた最中の事故だったのだと告げた。

朝を迎えたナイト・ドクター達は日勤の医師達との入れ替えの時間を迎えた。

日勤の医師でセンター長でもある嘉島征規(梶原善)に「この重症患者の数はなんだ」と厳しい言葉を告げられる。

昼間働く医者たちを守るためにナイト・ドクター達がいるのだと告げられ、更には「お前らは二軍、三軍だ」と言われ、早速折り合いの悪さを感じさせた。

退勤後、夜間勤務を馬鹿にされた事に腹を立てる朝倉だが、成瀬に「お前のせいでやりづらくなった」と告げられ「そんな考えなら辞めろ」とまで言われてしまうのだった。

-別れ-

仕事終わりの朝倉は、大輔からの電話に気付き応答せずにいると、浮気した彼氏から?という深澤に「案外チキンなんだな」と言われた朝倉だが、それを待ち伏せていた哲郎に聞かれてしまった。

あんな優しい大輔くんに浮気されるなんて、今すぐ夜勤を辞めるんだ!としつこく告げる哲郎に、余計なお世話、と朝倉は言うと、立ち去ってしまった。

朝倉の後を着いてきた深澤は、哲郎に冷たいんじゃないか?と告げるも、朝倉は「あの人は罪滅ぼしがしたいだけ」と告げると、母が無くなった時の経緯を語った。

哲郎は工場が倒産し、親戚の旅館で住み込みで働いていたが給料も安く、母がパートをしつつ暮らしている中で倒れた事を自分のせいだと思っていて、朝倉に無理をするなと干渉するのだと言う。

普通の幸せって何、という朝倉に、みんなが出勤する頃に帰宅して寝るのは普通じゃないと深澤は告げた。

深澤と共に寮に戻った朝倉は、待っていた大輔を見つけると「じゃ、お先に」と深澤は部屋に戻った。

ごめんと謝る大輔だが、どうして?と朝倉が告げた時、成瀬も帰宅しようとし、ふたりを見つけて身を隠した。

大輔は浮気したのは寂しかったからだと思うと告げ、朝倉と普通のカップルみたいにデートがしたかった、と言い、また頭を下げた。

その言葉にショックを受けた朝倉は、大輔にごめんと告げ、全然大事にしてなかったと詫びた。

仕事頑張れよ、と告げた大輔はそこから去ると、身を隠していた成瀬に頭を下げた。

泣いているだろう朝倉を見て部屋に行こうか迷う成瀬に「どうしたの?」と声を掛ける桜庭の声に、朝倉は振り返り、聞かれていたことに気付くと「最低!」と告げて部屋に帰り泣き始めた。

しばらくしてインターホンが鳴り、大輔かと期待を込めてドアを開けると、朝食でも一緒に、という哲郎の笑顔があった。

ドアを閉めた朝倉は鍵をかけるが、泣いてた事に気付いた哲郎はしつこくノックを繰り返し、隣室の深澤に「大丈夫ですか?」と声をかけられる。

すると深澤の部屋に乗り込んだ哲郎は、買ってきた食材で深澤に料理をさせるのだった。

納得いかない様子の深澤だが、料理が上手だねと褒めると、哲郎は朝倉にも持っていこうと取り分けようとするが「ひとりになりたい時もあるから」と、深澤はなんとかやめさせた。

今の彼女も料理で落としたの?コスプレ好きの彼女か…と、制服を見た哲郎に言われ「妹です!」と即効で告げる深澤。

生まれつきの病気で今は入院中だという深澤に、それで医者になったことを悟った哲郎は、朝倉が元々は先生になるのが夢だったが、あることが原因で医者をめざした、と語った。

哲郎の妻の事が原因だと知っていた深澤に「情けない話だよ」という哲郎は、あんなことがなかったら朝倉はもっと普通の仕事をして、普通に結婚してたかもしれない、未来を変えてしまったかもしれない、と悔いていた。

その頃、風呂を終えた朝倉は、普通って何と考えつつ、大輔の連絡先をスマホから削除した。

一方、彼氏の青山北斗(竹財輝之助)とデートをする高岡は、デザートに迷っていたが、両方頼んで半分こしようと言われ、幸せそうに微笑む。

傍らでスマホをいじる北斗に「浮気なんかしてないよね?」と言うと「当たり前だろ?」と北斗は告げた。

その時、深澤のベッドに寝る哲郎のいびきで眠れない深澤は「どんだけ図々しいんだよ」と愚痴をこぼしていた。

スポンサーリンク

-親のありがたみ-

出勤した深澤は、朝倉の大好物だという唐揚げを持たされたと渡し「話ができるまで帰らないって言ってた」と告げた。

あれから(哲郎を)ずっと匿ってたの?という朝倉に、ほんとごめんと謝られるが、哲郎の用意した唐揚げ入りおにぎりを見ると「これ食べる度あごはずれそうになるんだよね」と告げた。

そして追い返していいからという朝倉に、心配してくれる親がいるのは幸せな事だという深澤は、着替えを理由にその場を去った。

すると高岡が「深澤って親いないのかな」と呟くと、妹を深澤ひとりで育ててるよね、と告げた。

気になった朝倉は院長の八雲徳人(小野武彦)に深澤のことを尋ねてみた。

八雲が救急医をしている時に、何度か深澤の妹である深澤心美(原菜乃華)が運ばれてきた事があると言い、深澤が高校生の頃に両親が事故で亡くなった事を朝倉は告げられる。

周りの反対もあったが、いくつものバイトを掛け持ちしながら深澤は医学部を卒業したのだと言う。

自分のために頑張れないが、人のために頑張れる深澤は、医者に向いてないか?と八雲は告げた。

その夜、希実を見かけた深澤は、玲生の様子を見て何かに気付くが、受診室から希実を呼ぶ朝倉の声がする。

朝倉は「ただの風邪ですね」と告げると希実は安心したように吐息するも、保育園への届けにサインが必要であることを告げた希実に依頼されるが、朝倉は匂いを感じ取った。

玲生のオムツ替えをしてもいいと言われた希実だが、オムツの中身を見て「え?」と呟く。

その時、新村に呼び出された朝倉は、舌を怪我して受診した斎藤が自ら舌を噛み切り重症だと告げられ、朝倉は希実に「オムツはあ容器に!」と指示して処置へ向かうのだった。

斎藤の元にやってきた朝倉だが、その様子を見た桜庭は「舌噛み切るとかやばいじゃん、超痛いじゃん」と呟くが「自傷行為だ」という成瀬は、斎藤が朝倉を見る視線を気にしていた。

処置を終えた朝倉は「噛み跡が違和感があった。誰かに噛まれたみたいな」と告げ、桜庭は驚きを隠せず、成瀬は何かかんがえこんでいた。

そこへやってきた深澤が玲生の様子を尋ねた深澤に「ただの風邪だった」という朝倉だが、深澤は黄疸ぽい感じはなんだったんだろうと考え込んだ。

何か気になることは無かったかと本郷に尋ねられた朝倉は、オムツ替えをしたオムツを見つけると、便が白く、本郷にすぐに再受診を勧めろと朝倉は告げられる。

既に帰宅していた希実は、酒を飲む夫の鮎川聡(笠原秀幸)に「風邪くらいでこんな時間に病院に連れていくな」と非難されていた。

言い合いになるも「もう寝る」と言われた希実は、知らない番号からの着信を不審に思いつつ出ることはしなかった。

うたた寝をしていた希実は聡に玲生が「また白い便してる」と言われるも「じゃあ自分で病院に連れてってよ」と言うが、仕事が、とまた揉めてしまった。

そして希美は15件の着信に気付くが、玲生の様子が急変した。

朝倉は成瀬に希美からの折り返しがあったか尋ねるが、コンビニ受診していたのが態度に出ていたかも、と受診に対する考えを改め始めた朝倉。

そこへドクターコールが入るが、患者はなんと玲生だった。

心配する希美に受付で経つよう告げた成瀬だが、玲生の症状は先天性胆嚢拡張症の可能性がある事が分かった。

本郷に受信態度を指摘された朝倉は詫びるが、早速手術を行うという本郷に「普通は専門医が手術するんじゃ」という高岡に「今は自分が任されている」と告げた本郷に、朝倉もサポートに入る事を告げた。

手術が行われる中、希美と聡は手を握り合い成功を祈っている姿を深澤は見付けて、その後に手術の様子を伺っていた。

-朝倉に迫る危機-

玲生の手術を気にかけていた桜庭は、成功したことを深澤に告げられた。

深澤の言う通りの症状だったが、何を持って重症患者なんだろう、と成瀬は告げた。

本当に大丈夫かどうかはちゃんと診察しないと分からない、と桜庭は告げた。

その場を去った朝倉だが、深澤に面会客が来ていると益田に告げられるが、相手は哲郎だった。

観葉植物に水をあげられてないから帰るという哲郎は、また朝倉の様子を深澤に尋ねていた。

玲生を見る希美は「気付いてあげられなくてごめんね」と呟いていたが、ちゃんと診れなかった自分のせいですと朝倉は頭を下げた。

だが、希美も保育園から玲生が熱を出したと言われ、通院面倒だと思っていて、ちゃんと症状を伝えられてなかったことを告げた。

普通ってなんなのか、非常識ってなんなのか、と言う朝倉は、普通なんて簡単に変わるものなんですよね、と告げた。

女性が働くのが普通になった世の中に、夜中に病院に来るのが普通じゃないのはおかしいですよね、という朝倉は、力なく笑っていた。

しかし聡はその言葉を聞き「ちゃんと出来てないのは俺の方だ」と希美に詫びた。

これからは世間体ではなく、自分たちを基準に考えようという聡に、希美も同意した。

その頃、深澤は朝倉がなんにでも挑戦する姿が羨ましいと言い、望んでこの仕事をしている事を哲郎に告げていた。

朝、寮に戻った朝倉は哲郎の姿を見て「まだいたの?」と告げるが、例え嵐の中でも真夜中でも患者を救うのが普通なんだな、と哲郎は言い、またでかいおむすびを朝倉に預けて帰って行った。

深澤の言葉を思い出した朝倉は、哲郎を追いかけるとお礼を言い、あごが外れそうになるおにぎりのことを告げていた。

その姿を電柱の影から見守っていた深澤は笑顔で帰宅するが、買い物に向かう成瀬を見つけた深澤は朝倉との関係について尋ねた。

俺は働きに来てる、お前みたいなよこしまな気持ちはない、と成瀬に告げられ、深澤は「ですよね」と言うしかなかった。

買い物ヘ向かった成瀬は、サッカーの試合をする子供達を見て、昔の出来事を思い出していた。

その夜、夜景を眺めていた朝倉の元にやってきた深澤は「昔はこの付近は真っ暗だった」と告げ、今はエジソンのおかげでキラキラして夜でも明るい、と言う。

昼間忙しい人達が夜に気軽に病院に来れる世の中が普通になるといい、と朝倉は告げる。

ウォークインの受診をする桜庭や高岡がいつになく真摯に仕事に向き合う姿を見た朝倉は「こいつらもお前を反面教師にしたみたいだな」と本郷に告げられる。

そんな時、成瀬は具合の悪そうな桜庭を見掛けるが、桜庭は「大丈夫」と笑顔で去っていく。

色んな普通が増える中で、どんに願っても普通に生きられない人もいて、不公平に満ちている、と桜庭は思わずに居られなかった。

そして電話を受けた成瀬は、警察から病院付近に変質者が出没し、無理矢理キスをしようとして女子高生に舌を噛み切られたのだと告げられる。

写真を送るよう告げた成瀬と高岡が見た変質者の正体はあの斎藤だった。

斎藤の様子を見る朝倉は斎藤に襲われそうになり、成瀬に「離れろ、そいつ変質者だ!」と言われるも組み敷かれてしまった朝倉。

それを見た桜庭は、知らずに朝倉の元へ駆け出していた。

ドラマ『ナイト・ドクター』第2話のまとめ・判明したこと

・桜庭の心臓はもしかして朝倉の母のもの?
・白い便はミルクの飲みすぎと思える希美に驚き
・コンビニ受診の光と闇が見えた
・日勤さんたちの出番なし回
・大輔とは結局別れるのか…

ドラマ『ナイト・ドクター』第2話の感想

40代女性
40代女性
朝倉の信念と異なるコンビニ受診患者を軽視した結果、玲生が急患となったように描かれてますが、それだけでは無いように思えました。やはり奥に潜むものに気付くことが出来る注意力や判断力はどの仕事にも存在します。だからといって全てに可能性を感じるのは難しいですが、注意することを忘れずにいることが大事だと思いました。そしてじわじわと桜庭がなにかの疾患を抱えている事が明るみになりますが、朝倉との繋がりはなんなのか気になりますね。桜庭が朝倉の母の臓器提供を受けてるのかな?と個人的に予想しています。

ドラマ『ナイト・ドクター』無料視聴方法

ドラマ『ナイトドクター』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『ナイト・ドクター』第2話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/km______127/status/1409553228098772999?s=21
https://twitter.com/u_167_1987/status/1409546377240006658?s=21
https://twitter.com/rasubosutiara/status/1409541928115265537?s=21

https://twitter.com/p9utjbbhzviidzo/status/1409531932359155715?s=21
https://twitter.com/2525lvyu/status/1409529341285863429?s=21