『ネメシス』8話のネタバレ・あらすじと感想!~うそつき~

2021年春ドラマ
スポンサーリンク

今までの伏線を回収?
そんな感じで一旦まとめてまた解き放ちます。

美馬芽衣子、神田水帆、立花始。
アンナの鍵を握る3人と、栗田、風真、神田凪沙。
自身をゲノム編集ベビーだと知ったアンナ。

自分のせいで起きた事件に憤りを隠せなくなった。
だけど、怒りをぶつける場所もない。

必死にアンナを探す栗田達は、アンナを見つけられるのか。

『ネメシス』第8話はそんなお話です。

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトをご確認下さい。

『ネメシス』ネタバレとキャスト・ロケ地・ネメシスの意味とは?見逃し配信の無料視聴方法!
うっかり、録画予約を忘れてませんか?でもご安心下さい!今は殆どの番組で、うっかり見逃したドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!...

ネメシス 8話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~うそつき~

ドラマ『ネメシス』第8話のネタバレ

-内部犯行-

美神アンナ(広瀬すず)が世界初のゲノム編集ベビーである事を大和猛流(石黒賢)から告げられた。

事務所に戻った帰ったアンナは、栗田一秋(江口洋介)と風真尚希(櫻井翔)を屋上に呼び出した。

世界初のゲノム編集ベビーって何?立花始(仲村トオル)教授って何?と質問を投げかけたアンナに、立花は始の本名だと告げる。

全部話してというアンナに、栗田は従った。

20年前、立花の助手だった風真は何とか遺伝子研究室の一員になれた、夢見たいな出来事だった、という。

研究室には神田凪沙(真木よう子)の姉である神田水帆(真木よう子・2役)や大和もいて、みんな研究に励んでいた。

そんな時、始は研究に成功し、みんなで成功を賞賛した。

ゲノム編集は受精卵を作るためではなく、人体に有益な細胞を作るためのものであり、絶対に人間に着床させてはならない、と研究員に始は告げた。

だが翌日、ゲノム編集受精卵がなくなっており、公になる前に何とかしようと始は栗田に相談したのだった。

やって来た栗田と話す始を、研究室から眺める風真の姿があった。

栗田の見解では内部犯行だと告げるが、始は内部犯行は信じられいと告げ、捜査を打ち切り、事件を公表し、立花研究室は解散となった。

諦めきれなかった風真は栗田を訪ね、探偵助手となったのだった。

水帆と再会した風真は、水帆が立花の元で細々と研究をしていると告げられる。

受精卵盗難事件から1年後、美馬芽衣子(山崎紘菜)という女性から「助けて欲しい」と連絡があった、と始から連絡があり、芽衣子は妊娠しているのだという。

水帆と共に芽衣子の元に駆けつけた始だが、公衆電話の中でうずくまる芽衣子は、酷く怯えていた。

監禁され妊娠させられたという芽衣子は、大きなお腹を押さえて苦しんでおり、手首には「GE016」という、受精卵と同じものが書かれたタグが巻かれてあった。

埼玉にいることを聞き付けた栗田だが、始は黒い車に追われている、と告げていた。

-アンナの誕生-

ようやく駆けつけた栗田と風真だが、血だらけの芽衣子は「菅研…」と呟いて意識を無くした。

その後、奥地の病院で芽衣子のお腹の子を取り出しつつ、重傷を負った水帆を介抱するが、水帆は間もなく亡くなってしまった。

芽衣子は出産後、水帆と同じく亡くなってしまった。

ゲノム編集ベビーを手にした始は「この子を一生守る」と告げる。

栗田から、父は始、母は卵子提供者の水帆と、代理母の芽衣子だ、と告げられる。

そこで訪れた神田には、水帆が姉だと告げられるアンナ。

調査しても何も分からず、ただ分かったことは、菅研がアンナを使って何かしようとしていた事だけだ、という栗田。

ゲノム編集ベビーに身の危険を感じさせないよう、始は海外へ向かい、出産に立ち会った医師には水帆と芽衣子を事故死に見せかけるよう細工してもらったのだと言う。

そして、始は母である芽衣子と水帆の名字から一文字ずつ取り「美神」と名乗ることを決めたのだという。

始が去った後、風真は探偵助手を辞め、職を転々としつつ独自調査を続けていたが、始は日本に帰っては来なかったのだという。

それから始の母が亡くなり、帰国した始と葬儀を行ったが、そこで始が数珠を残して行方不明になってしまった。

恐らく菅研に拉致されたと予測する栗田と、始の研究結果を奪おうとしてるのではないかと予測する風真だが、そんな話全然聞かなかったと告げるアンナ。

アンナが帰国して間もなくすると、栗田は20年前の調査に専念し、探偵事務所「ネメシス」を風真に任せたのだと言う。

スポンサーリンク

-全部自分のせい-

CEOルームで栗田が調べた物をアンナと凪沙に見せる栗田は、水帆と芽衣子の写真をアンナに渡した。

第一の事件で医師である上原と出会い、第二の事件では芽衣子の育った保護施設を訪れることになり、第三の事件では菅の出身校に訪れることになる。

第四の事件では遺伝子学を学んでいた人物に遭遇し、第五話では凪沙と繋がり、第六の事件で大和と連絡を取り、第七の事件で大和が黒幕だと発覚した。

どうして菅研はアンナを狙うのか?セキュリティの固いアンナのネックレスを狙っているのではないか、と考えついた風真だが、アンナは栗田がまとめたボードをじっと眺めていた。

全部自分のせいじゃない…と呟くアンナに「そうじゃない」と言うが、生まれてきてはいけない存在である自分のせいで怒った事件だと憤りを隠せなかった。

そして「こんなのいつでもあげるよ!」ネックレスを投げ捨て、アンナは走り出した。

風真と栗田と凪沙でアンナを追うが、菅研に狙われているアンナを探すべく、風真は星憲章(上田竜也)に協力を乞うが、峠の釜めしと引替えだと告げられる。

その後、上原黄以子(大島優子)や神奈川県警の三人、姫川蒸位(奥平大兼)Dr.ハオツー、緋邑の館にも声がかけられたが、アンナはどこにもいなかった。

埠頭のコンテナに隠れていたアンナは海を見ながら始との生活を思い出していた。

度々料理を失敗する始に「わたしがいるから大変だね」とアンナは告げたが、アンナがいるから楽しいんだと告げた始。

複雑な胸の内に耐えきれず涙を流すアンナは「うそつき」と小さく呟いた。

-大学生の四葉朋美です♡-

アンナを探す三人だが、アンナを見つけられないまま3時間が経過していた。

そこへ四葉朋美(橋本環奈)から「まだ見つかりません」と風真に連絡が入るが、朋美はなぜか水族館にいた。

風真が心配してるという朋美に、何も言わないで欲しいと一緒にいたアンナは告げる。

アンナが愛飲している飲み物を渡した朋美は、アンナとの出会いを思い出しつつ、何があったのか尋ねたが、アンナは「ごめん、言えない」と呟いた。

親友だと思ってのに、という朋美だが、気持ちの整理ができないアンナは「ごめん」としか言えなかった。

すると朋美は突然笑いだし、震える手にある時計を見ていた。

すると突然朋美はアンナに「パーフェクトな頭脳と体を持って何うじうじしてるんですか!」と態度を変えた。

もう気付きました?という朋美は「菅容子(今村美乃)の一人娘、菅朋美です」と告げると、アンナは意識を失った。

だが、アンナのネックレスがないことに気づく朋美は「立花教授の研究データがない」と呟き、やって来た志葉(板橋駿谷)にアンナを運ばせるのだった。

その後、風真に連絡を取った朋美から「ネックレスを見つけた」と告げられるが「ネックレスは俺が持ってる」と告げられる。

そして、アンナが大和に狙われてると告げる風真に「誰ですか?その男」と告げる朋美と会うため、風真は事務所を出るが、そこで志葉に襲われ、ネックレスを奪われてしまう。

囚われたアンナはどこかの部屋に寝かされていた。

目覚めはどうですか?と尋ねる大和に気付くアンナと、隣室でアンナが来たことに気付いた始はアンナの名を呼ぶが、やって来た朋美に「研究を始めます」と告げられ、アンナは何かを注入されて意識を無くした。

ドラマ『ネメシス』第8話のまとめ・判明したこと

・アンナの変な料理好きは水帆の遺伝子かも?
・大学生でもなかった朋美…やっぱりか!
・何故芽衣子は菅研に捉えられたのか
・アンナの愛飲する飲み物が、イカスミのなんか変なやつ(笑)
・監禁されてたけど始が生きてた!

『ネメシス』第8話ネタバレ筆者の感想

40代女性
40代女性
はい、来ました。やはり朋美は黒幕側でしたね。そんな朋美にネックレスのことも明かしていたアンナはまんまと捕らえられてしまいました。貰ったやつも飲むとやばいのになぁとアンナは思ったらのむし、風真との電話で大和のことを「誰ですか?その男」と言ってる時点で怪しさ満載だったんですが、気付いてないわけないよなぁ?とわたしは思ってますが、来週どうなるかを楽しみにしつつ待とうと思います。

『ネメシス』無料視聴方法

ドラマ『ネメシス』は毎週日曜22時30分~

1話~最新話は、huluで”全話フル動画見放題配信中”です。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『ネメシス』第8話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/ayu2cheering/status/1399013142202490890?s=21

https://twitter.com/pakuchiiiii_ss/status/1399013043804114952?s=21