『DIVE!!』4話のネタバレ・あらすじと感想~結構しんどい~

2021年春ドラマ
スポンサーリンク

飛び込みを続けることを決意した知季。
要一や飛沫に負けない素質がある。
そう告げた麻木に応えるべく知季は練習を重ねた。

その中でインハイ優勝を果たし、選考会でも勝つという要一。
しんどいという要一の本音を聞いた飛沫。

4回半の景色をついに捉えた知季。
自分を磨くために努力を惜しまない要一。
ようやく水着をゲットした飛沫。

3人の夏が始まる。

『DIVE!!』第4話のネタバレをどうぞ!

本ページの情報は2021.4.6時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトをご確認下さい。

ドラマ『DIVE!!』ネタバレ・キャスト・ロケ地はどこ?見逃し配信はあるのか?
はい、見逃しても配信あります!しかも無料で!!今は殆どの番組で見逃したドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があります!本記事では、見逃し...

『DIVE!!』4話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~結構しんどい~

ドラマ『DIVE!!』4話のネタバレ

-激しさを増す練習-

5月、麻木夏陽子(馬場ふみか)から、インターハイを諦めて、オリンピックを目指してもらいたいと告げられるミズキダイビングクラブ(MDC)のメンバー。

次のオリンピックを目指す選手のための強化合宿に参加することが一番の近道で、日水連の選考会で決まると告げる麻木。

麻木がオリンピックにこだわるのはMDC存続の為でもあった。

オリンピックを目指すのは勝手だが、それはなんのためかと問う富士谷要一(作間龍斗)に、じゃオリンピックは誰の為?と聞かれ「自分のため」と答えた要一。

オリンピックに行くのがあなたたちなら、そこで勝ち取る賞賛もあなた達のものという麻木は「決めるのはあなたたちよ。男を見せなさい」と言い、メンバーは練習に入る。

インハイを狙ってた丸山レイジ(望月歩)は、戸惑いつつも大広陵(作本宝)にどうするか尋ねるが、陵は「騙されたと思って、あの女の言うことを信じる」と告げる。

練習をする坂井知季(井上瑞稀)を見終わり戻ろうとする麻木は「あんたの言うこと聞いてりゃオリンピックに行けるんだろ」と言う沖津飛沫(髙橋優斗)に会い「飛沫が心を入れ替えさえすれば」と返す麻木。

餅屋の餅は美味いという飛沫に「餅は餅屋って言いたいの?」と突っ込む麻木だが「そうとも言う」と焦る飛沫は早々に話を切り上げ去っていった。

自宅で、コーチでもある父・富士谷敬介(村上淳)に、麻木のコーチの話に納得してるのか、自分はどうすればいいのかという要一だが、もう答えは出てるだろうと敬介に告げられる。

翌日、まだ迷う知季に「あなたは要一にも飛沫にもない才能を持ってる」と告げられ、自信を持つ知季だが、更に筋トレを追加される。

選考会までの限られた時間の中で、4回半を飛んでもらうと言われ、2回半でも失敗する知季は「できっこない」と告げるも、感覚を目で覚えると言われ、麻木と必死に練習する。

飛沫のジャンプについて指導する敬介から、入水時を気を付けるよう告げられ、要一の飛び込みを参考にするよう言われてしまう。

飛沫は要一に「選考会でお前に勝つ」と告げるが、要一からの返事は「あ、そ」だった。

翌朝、朝トレから帰った要一は、インハイは捨てられない、選考会でも優勝する、と敬介に告げるが、敬介からは優勝が条件と言われてしまう。

より一層厳しさを増すMDCだが、知季も少しずつ成果を見せており、その様子を見るレイジと陵も頼もしげだった。

そして再度敬介に「セービングを覚えろ」と言われ飛沫は反発するが、要一は「コーチの言うことは間違ってない」と告げる。

6月に入りMDCの練習は更に厳しくなり、知季はようやく4回転半の景色を味わうことが出来た。

7月、勉強が疎かになってきた知季を心配する野村未羽(田鍋梨々花)は、勉強会開くからちゃんと自分で勉強するようにと告げられ、更には「夏休み中、一度くらい二人で花火大会に行きたい」と知季に希望を告げた。

スポンサーリンク

-要一の彼女…?-

インハイ優勝をした要一は取材陣に囲まれていた。

練習ではレイジも陵も力を伸ばしている中、知季はまた立ち止まっている感覚に陥ってしまった。

一方で飛沫は同じように敬介に指導され、更衣室では「さっさとセービングを覚えろ」と要一に告げられるが、祖父に教わった飛び込みをやり続けるという飛沫。

意地になるなと言う要一は、大事なのは祖父の飛び方ではなく、祖父が飛沫に飛び込みの技術を教えたことでは無いのか、と告げる。

インハイに勝って助言もして余裕だな、と嫌味を言う飛沫に「結構しんどい」と本音を告げ、勝つためならなんでもすると告げて要一は更衣室を後にした。

「あいつもしんどいって言うんだ」と思わず飛沫は呟いていた。

そして知季はだんだん調子を崩してしまい、いつになったら10メートルから飛ばせてもらえるんだろうと飛び込み台を見上げていた。

そろそろ知季も帰るから、と訪ねてきた未羽を自宅へ上げる坂井弘也(前田旺志郎)だが、遅くに帰ってきた知季に「未羽からのプリンがある」と告げるが、食べる元気もないほど知季はクタクタだった。

翌日も練習は続き、知季は相変わらず調子が出ず、飛沫もまた飛び込み後の処理について敬介に告げられていた。

そして麻木から早めに練習を切り上げることを告げられるが、呼び止められた飛沫は水着について問われる。

水着を変えた方が脚が長く見えると言われ、何故か知季が水着を買いに連れていく事になるが「水着なら要一くんの方が…」と告げられ、何故か3人で買い物に行くことに。

翌日、水着を選ぶ飛沫に「かっこいいよ、いいじゃん」と楽しげな知季と、何分かけてんだという要一に、飛沫は「どれも同じに見える」と言う。

面倒になった要一は3択を迫り、更には黄色は「俺と被るし、お前がこれを着たらチョコバナナだ」と告げ、色かぶりを拒否した。

無事に水着を買い、成り行きで3人でカフェに立ち寄るが、そこで飛沫の彼女の話になり、西川恭子(藤原さくら)の画像を見て恋バナに花を咲かせる知季。

要一は「俺の彼女は飛び込みだ」と言い、飛び込みはそんな存在だと例えた挙句「な、トモ」と告げるが「あ、ごめん、俺彼女いる」という知季の言葉を聞き、飛沫に盛大に笑われてしまう。

帰り道、要一と4回半について語る知季は「全然できない」と告げ、インハイ優勝した要一に賛辞を送るが「トモが出てたら違ったかも知れない」と言われる。

「案外マークしてるのは、トモだったりして」

そんな要一の言葉を聞いてからの練習で、知季は麻木から「景色を見て」と言われる。

麻木の忠告を意識した知季は、初めて飛び込む前に景色が見えたと確信し、麻木も要一も、知季の飛び込みが成功したことを感じる。

今の景色をちゃんと焼き付けておいて、という麻木に、翌日から10メートルの飛び込みをすることを告げられる。

少し嬉しくなりつつ更衣室に行くと、そこでは飛沫が椅子から崩れ落ちて脚を押さえていた。

ドラマ『DIVE!!』第4のまとめ・判明したこと

・レイジと陵がいい意味でムードメーカー
・要一が頑張ってる事が垣間見れた
・要一はママに買ってもらった服を着てる
・知季と未羽の関係は大丈夫かも少し心配
・全部一緒に見える割に水着選びに悩む飛沫
・店員が引く程の水着知識もある要一

ドラマ『DIVE!!』第4話の感想

40代女性
20代女性
今回は意外な事がいくつか分かるターンがありましたが、中でも要一の、謎の豊富な水着の知識と、飛び込みが彼女と言い張り、知季に振ったら振られたり、ママからの服を身につけてたりとか。要一がちょっと飛び込み以外ポンコツで可愛らしく見えました。知季がどんどん追い込まれて、ようやく10メートルの飛び込み台から飛び込めるようになりましたが、次回予告を見た限り、麻木は知季の「番狂わせ」を狙ってるようでした。一体どうなるのか、次回も気にります。

ドラマ『DIVE!!』無料視聴方法

ドラマ『DIVE!!』毎週水曜 深夜0時~

1話~最新話は、Paraviで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

登録方法はこちら記事で解説してます。

ドラマ『DIVE!!』第4話の感想とSNSの評判

https://twitter.com/garnet110/status/1389967880775561221?s=21
https://twitter.com/ststst43368967/status/1389966043427135489?s=21

https://twitter.com/hi_ars_kp/status/1389962939818409986?s=21