イチケイのカラス 4話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~冷静に、客観的に~

2021年春ドラマ
スポンサーリンク

突然の、妹である絵真の訪問に驚く坂間。

少年事件を初めて取り扱う坂間は慎重に緊張していた。
そしてまさかの職権発動、法台降り。

元・長崎の神童がこんなことになってしまうなんて!

絵真と、みちおを見守る会が見守る法廷。
裁判長となる坂間が下す判決は…?

ドラマ『イチケイのカラス』第4話はそんなお話から始まります。

本ページの情報は2021.4.1時点のものです。最新の配信状況はFODサイトをご確認下さい。

『イチケイのカラス』ネタバレとキャスト・ロケ地・原作打ち切りの理由は?見逃し配信の無料視聴方法!
映画化が決まった後なんか、特に全話一気見しときたくなりますよね~(^^♪もちろん、お任せください!今は殆どの番組で過去放送ドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"で...

イチケイのカラス 4話 ネタバレ・あらすじ・無料視聴方法~冷静に、客観的に~

ドラマ『イチケイのカラス』第1話のネタバレ

-長崎の神童-

坂間千鶴(黒木華)が帰宅すると、妹の坂間絵真(馬場ふみか)が家の前で待っていた。

彼氏との連休の予定が流れた、と魔よけを手に地団駄を踏む絵真に「下に響くから」と止めるも、しばらくすると入間みちお(竹野内豊)が魔よけを持って尋ねてきた。

絵真と入間からの魔よけを壁に飾ったまま、寝床の坂間を無視して話に花が咲いてしまった絵真と入間に「いつまで話してるんですか」と告げると、入間は甥っ子の問いかけを坂間に告げる。

AI裁判官ってどう思う?と言う入間に、そう遠くない未来にはAIが間違いなく正統に人を裁いてることでしょうと告げる坂間。

坂間はどんな裁判官かと尋ねる絵真に、裁判を見にこないかと告げる入間に、嬉しそうな顔を見せる絵真。

翌日、怒涛の裁判を見せる坂間を見る絵真は、みちおを見守る会のふたり(空気階段)に「ベルトコンベアー裁判官」と言われていたことを坂間に告げるが、全く気にしていないと言いながらも、みちおを見守る会のTwitterを見てリプまで送り付けるのだった。

坂間は相当気にしてると告げる絵真に「任せてください」という石倉文夫(新田真剣佑)を見た絵真は、ルックス最高、姉をお願いします!と石倉とがっしり握手を交わすのだった。

そして駒沢義男(小日向文世)から少年事件の事案をやってみるよう坂間に提案があった。

東京ドリームランドというテーマパークの売上5000万円を持ち逃げしてばら撒きら、半分以上は帰ってきていないのだという。

浜谷澪(桜井ユキ)も石倉も坂間も、あまりない少年事件は初めての案件であり、今回の裁判長は坂間に決定した。

第1回公判が始まるが、被告人の望月博人(田中偉登)は何も話さず、捜査の段階から黙秘権を行使しており、一言も話してないのだと、国選弁護人の辰巳浩之(夙川アトム)は言う。

望月は東京ドリームランドでバイトをしており、現金強奪計画を実行し、現金を回収する日を狙いスタンガンを使って現金を奪い、町中でばら撒いたという事件の概要が井出伊織(山崎育三郎)から告げられる。

何も話そうとしない望月に、まずは坂間を知ってもらおうと入間が「優秀と思われてる」事や、少年裁判が初めてで「とても戸惑ってる」事、「少々頭でっかちな部分がある」などと簡単に坂間を説明すると、法廷は笑いに包まれ、望月も微笑みを浮かべた。

もちろんその後、坂間に絞られる入間だが、望月は幼少期に両親が他界しており、施設で育ったことを告げられ、もっと知ってみないか、と坂間に言う入間。

-きょうだいの絆-

その後、望月の育った施設を訪れた入間と坂間は、施設で望月と兄弟のように育った二人がいることを告げられる。

それぞれ1歳違いで望月と同じ日に施設に来た、吉沢未希(ついひじ杏奈)と滝本陸(細田佳央太)。

ピアノを弾いていた未希だが、左手を使っていない事に気付いた入間と、博人なんて知らない、という陸の姿があった。

第2回公判、望月に未希と陸の話を告げる坂間に反応する望月。

アトラクションの事故により、望月と同乗していた未希が着工神経損傷によりピアノが弾けなくなり、望月が未希を無理矢理乗せたことを苦に思い、ドリームランドを訴えたが、ドリームランドは不慮の事故の為、無罪となった。

そんなドリームランドを逆恨みした結果の犯罪と告げる坂間は、居眠りをしてる辰巳に起きるよう告げ、国選弁護人としてこなす案件でも、態度が酷いと退廷させると強い口調で告げる坂間。

ようやく口を開いた望月は「法律なんてクソだ」と告げた。

どうにも罪状を決められず迷う坂間だが、入間や駒沢、更に井出と城島怜治(升毅)にまで促され、言いたくは無いあの言葉を口にする時が来てしまった。

「職権を発動します!」

どういう捜査を行うか方針を決めようという入間だが、今回の事件の行動経路や、望月が法律なんてクソ喰らえと言った事情などを調べるようになった。

ドリームランドを訪ねた入間と坂間と石倉だが、望月に詰め寄られたと話す職員の前に、ドリームランドの顧問弁護士である稲垣司(前川泰之)が遮るようにやってきて、話を聞くと言う。

石倉は稲垣の前で稲垣プロフィール的なものを読み上げると、1年前の事件を調べていることを察した稲垣。

裁判はオセロだと言う稲垣の言葉に、黒を白に変えたと?と勘ぐる入間と、楽しかったと告げる弁護士に反感を覚え「なんのために弁護士を志したのか」と問う坂間に、稲垣は「金だ」と答えた。

スポンサーリンク

-空白の3時間-

防犯カメラをチェックする中、浜谷が子供のお迎えで退勤する、と言うが、それに乗じて「私も上がっていいですか?」と告げる川添博司(中村梅雀)に「誰も待ってませんよね」と告げる一ノ瀬糸子(水谷果穂)の言葉を聞き、川添はしょんぼりするのだが、そこでとある映像が見つかった。

望月の元を訪れた入間と坂間は、未希を傷つけ僅かな見舞金しか与えてくれなかったが、実はドリームランドは人件費を節約し、老朽化したアトラクションの修繕費までも節約していたことを望月が職員に聞いたのが事件の発端と話す。

金を奪った後の空白の3時間について尋ねると、望月は立ち去ろうとし「あなたの夢はなんですか?」と告げる坂間に突然荒ぶった望月。

監視カメラを手分けして見る中、浜谷がおにぎりの差し入れを持って「子供の寝顔みてたら少年が気になった」と言い仕事を手伝ってくれた。

そして翌朝、坂間は空白の3時間の望月の映像を発見するのだった。

第3回公判、空白の3時間は誰かと会うための時間だったと告げる坂間は、証拠映像を法廷で流した。

映像の中で、望月の元にやってきた陸を見て「滝本さんに事情を」と告げる坂間だが、即座に土下座をした望月は「あいつには言わないでください、お願いします」と告げるのだった。

公判が終わった帰り道、坂間にどうするのか尋ねる入間に、坂間は冷静に客観的に判決を下すのみです、と告げた。

所在尋問を受ける未希と陸の元には、入間と坂間、井出と城島、国選弁護人の辰巳が訪れていた。

そこで井出は、未希の手は手術で治るものであることを告げる。

望月は手術に必要なお金を陸に渡し、残りを人が見る中でばら撒きら、抜き取った額を分からなくしたのだ、と井出から語られ、陸は涙を流したが、それを知っていた吉沢も「博人を重い罪にしないでください」と泣きながら告げるのだった。

帰宅した坂間は、絵真に判決のことを聞かれ、大丈夫だと告げるが「姉ちゃんの大丈夫は、大丈夫じゃなかと」と告げられ、坂間は「きょうだいは一緒にいるべきよね」と呟く。

坂間が近くにいて頼りになった、という絵真は、坂間にエールを送るのだった。

-法律はクソなのか-

判決言い渡しの日、慎重な面持ちで法廷へ向かう坂間と入間と駒沢の姿があった。

判決は懲役3年、執行猶予付き、保護観察処分となった。

陸は家庭裁判所で審理に当っていること、未希の手術が中止になったことを告げると、博人は「どうして!…やっぱり法律はクソだ…」と暴れだしてしまう。

そして法台を降りた坂間は「人生あがいてもどうにもならないことはある、それでも人生を投げてはいけない、あなたは罪を犯してはいけなかった」と告げると「お前に何が分かる、許さない」と告げる望月。

許さなくてもいい、罪を犯したことを反省し、辛い経験があったから今があると、そう思える日が来ることを心から願っています。

そう告げる坂間に、望月は涙を流すのだった。

冷静に、客観的に、誰よりも被告人のことを考えていた、坂間にしかできない裁判だった、と入間に告げられ、入間が立ち去った後、坂間は思わず泣いてしまった。

掃除にやってきた清掃員に「ここは後でお願いします」とそっと告げる入間の姿があった。

いしくらでは絵真と駒沢と石倉の姿があり、そこではカラスの神話について話す駒沢と絵真が居て、二人(入間と坂間)はその神話のカラスのようになりそうで楽しみです、と告げていた。

一方、稲垣の前には入間が現れ、オセロの続きをやりに来たと告げ、弁護士の青山瑞希(板谷由夏)が満面の笑みで告げる。

「私も大好きなんです、マネー」

そして絵真に呼び出されたはずの坂間は、何故かそこに入間がいる事に気付くと「私からのプレゼント」という絵真からのメッセージがスマホに届く。

望月の環境調整として、未希と陸と過ごせるように便宜をはかってもらうと告げる坂間。

だが、坂間と二人でいるのがデートみたいでやだな、と告げる入間だが、その様子を見た石倉は「まさか、ライバル?」と感じてしまうのだった。

ドラマ『イチケイのカラス』第4話のまとめ・判明したこと

・絵真は坂間の仕事ぶりを初めて見た様子
・坂間は昔、長崎の神童と言われていたらしい
・どうやら一ノ瀬はズバズバものを言うタイプの様子
・「みちおを見守る会」今回は空気階段のふたり
・絵真は入間と坂間の関係をどう思ったのだろうか?

ドラマ『イチケイのカラス』第4話の感想

40代女性
40代女性
今回はきょうだいの絆のための犯罪でした。犯罪は良くないことですが、あまりにも理不尽だったから、少年なりに行動を起こしたようで、詳細が分かるほどにとても切なくなってきました。最後に入間が用意した青山に、稲垣が白を黒にしたものをまたひっくり返されるんだろうなと思うと笑いが止まりませんでした。笑
きょうだいのように育った3人が、また笑顔でいれる環境が出来るといいな、と心から思いました。
そして今回は、地獄の花嫁とコラボで、永野芽郁さん、広瀬アリスさん、遠藤憲一さんも出演していました!

ドラマ『イチケイのカラス』無料視聴方法

ドラマ『イチケイのカラス』は毎週月曜21時~

1話~最新話は、FODプレミアムで"全話フル動画見放題配信中"です。

初回2週間無料で、2週間以内に解約すれば料金は掛かりません。

FODプレミアムでは"森本刑事のオジさん監察日記"も配信中!

登録方法は、こちら記事で解説してます。

ドラマ『イチケイのカラス』第4話の感想をSNSで探してみた☆

https://twitter.com/haachan_part2/status/1386673250353262594?s=21
https://twitter.com/yotsu8ya/status/1386673178462670850?s=21

https://twitter.com/asa_yuuchan/status/1386672510662430720?s=21