MBSドラマ「RISKY」6話 ネタバレあらすじと感想~全部ひなたのせい~

2021年春ドラマ
スポンサーリンク

ひたなと光汰の前に、かなたが現れた。

おかえりなさい、と微笑むかなた。
かなたが帰ってきた理由は、ひなただった。

かなたに、復讐のための部屋を見られたひなたは戸惑う。
だが、そんなかなたから告げられた言葉は意外なものだった。

ひなたは私の幸せ、全部奪っていくもんね?
全部、ひなたのせい。
ひなたの幸せを願う、優しいお姉さんだと思った…?

次々と語られる真実に、ひなたは…?

ドラマ『RISKY』6話のネタバレをどうぞ!

アイキャッチ画像はhttps://www.mbs.jp/risky/より引用させていただいてます。

MBSドラマ「RISKY」6話 ネタバレあらすじと感想~全部ひなたのせい~

ドラマ『RISKY』6話のネタバレ

episode 6

-ひなたの幸せ-

黒田美香(山下リオ)に刺されるも、浅井光汰(宮近海斗)に広瀬ひなた(萩原みのり)を連れて逃げるよう告げた桜井亨(古川雄輝)は、刺された肩を押さえつつ「どうして私の邪魔ばかりするの」と呟く美香を見ていた。

耐えられずにハサミで手首を切ろうとする美香の手を押え「もう、うんざりなんだよ!」と亨は告げつつも、ここまで追い込んだのは俺なんだよな、と呟き、ハサミを離した美香は涙を浮かべていた。

一方、亨に助けられ自宅へ戻った光汰とひなたは、部屋の鍵が空いてることを不審に思いつつ部屋に入ると、窓辺に誰かが立っていた。

おかえりなさい、とふたりに微笑むのは、広瀬かなた(深川麻衣)だった。

信じられない様子で「夢?」と呟くひなたを抱きしめ「夢じゃないよ、ひなたに会いたくて帰ってきたの」と告げるかなた。

かなたの胸で泣きじゃくるひなたを見て、光汰も信じられないような顔をしていた。

泣き疲れて眠るひなたをソファに寝かせ、色々と張りつめてたから、かなたを見て安心したんだと思う、と微笑む光汰の前に、かなたも腰を下ろした。

今までどこにいたのか、ひなたと心配していたと言う光汰の言葉を遮り、何も覚えてないとかなたは告げた。

ひなたにはちゃんと話してやって欲しいと言う光汰に、ひなたとふたりにしてほしいと告げられ、光汰は頷き部屋を後にした。

眠るひなたを見るかなたは、なぜか時計を見ていた。

病院では、亨が取り調べを受けており、美香と付き合っていながらも、他の女性に心を奪われた自分に誠実さが足りなかった、と告げ、話し合いで解決したい意向を伝えた。

同じ時、目覚めたひなたは、復讐のために写真やパソコンを置いている部屋にかなたがいる事に気づき、言い訳しようとするも「凄いね、この部屋。私がいない間、何してたの」と告げられるひなた。

お姉ちゃんに酷いことをした人達に復讐を…と戸惑いつつも告げたひなたを、かなたはそっと抱きしめた。

そして「ひなた、亨と寝るのは気持ちよかった?」と尋ねられ、思いもしない言葉にひなたは答えられず、かなたを見つめた。

一方、亨の病室を訪れた光汰は、怪我の具合を尋ねるが、大丈夫だが傷は一生残るらしいと亨から告げられる。

「謝罪はしません」という光汰に、かなたのことを聞きに来たと察する亨は、かなたと結婚が出来なかった理由はひなただ、と言う。

かなたはいつも、ひなたを理由に結婚には応じず、ひなたが高校を卒業したら、と言われており、かなたの部屋にも行ったことがなく、妹のひなたの名前すら6年間も教えてもらえなかったのだと言う。

6年間の付き合いを信じ続けることが出来なかった自分が悪い、と亨は告げるが、この事はひなたには言わないで欲しいと光汰に告げる。

了承する光汰だが、ひなたは何をしているかと問われると、何も答えず病室のドアに手をかけ「世の中には、知らない方がいい事がありますから」と告げ、軽くお辞儀をしながら病室から出て行った。

スポンサーリンク

-かなたの憎しみ-

かなたに尋ねられた事に、かなたが感じた悔しい思いを、美香にも味合わせたかったというひなたに「ひなたはいつも私から幸せを奪っていくもんね?」と告げられてしまう。

亨は最初から酷い人ではなかった、と告げたかなたは「ひなたのせいよ。私の人生は全てあなたのもの、でも決めたのは私だもんね」と告げられる。

ひなたのために、両親の死を悲しむ暇もなく働いてきたかなただが、ひなたのために帰ってきても、ひなたは部活で遅くなったり等、かなたなりにも家族間でのストレスはあった。

そんなある日、ひなたの卒業まで半年となり、結婚を口にしなくなった亨と、美香の存在を偶然知ったかなた。

ひなたと光汰の関係を知り、ひなたは幸せになるんだと思った時、かなたは妊娠している事を知るが、亨の心はかなたにないことも気付いていた。

その後、光汰と三人で自宅で食事をした日、幸せそうなひなたに嫉妬しつつも気丈に振る舞うが、お姉ちゃんに幸せになって欲しいというひなたに「ふざけるな」という感情を抱いていたかなた。

美香に突き落とされた後、病院に駆けつけたひなたが「誰がこんなこと、許せない」と言う姿を見て、全部ひなたのせいだと、かなたは憎しみを抱えていた。

ひなたがいなければ亨と結婚してた、美香と亨が出会うこともなかった、赤ちゃんが死ぬこともなかった、と言われ、ひなたは「ごめんなさい!」と泣き叫んでいた。

手紙を読んで心を痛めたひなたなら、きっと復讐してくれると思った、と微笑むかなたは「でも、一番復讐したかったのは、ひなた、あなたなの」と告げる。

かなたの言葉に傷つき泣くひなたに、人を恨むことはつらいでしょ?それを知ってもらいたかった、と告げるかなた。

「自分は幸せになって当然と思ってる、ひなたにね」

かなたの視線から逃げるように、ひなたは台所へ向かい嘔吐すると、かなたもその後からやってきた。

ひなたの背中を撫でながら「最後にいいこと教えてやる。光汰とのセックスは最高だったよ」と告げた。

ショックを受けたひなたは「嘘…嘘!」と告げて部屋を出て行ってしまう。

好きな女しか抱けない、と言っていた光汰の言葉を思い出し、自分がいなければ洸太とかなたが幸せになる、と考えついてしまったひなた。

その時、屋上にいた光汰は、ひなたが駆け出していくのを見て部屋に戻る。

部屋にいたかなたから「全部話した。全部ひなたのせいだって」と告げられ、光汰も部屋を飛び出して行く。

ひなたを見つけた光汰だが、ひなたは赤信号の横断歩道を歩き始めた。

向かって来た車のライトに照らされるひなたは…?

MBSドラマ「RISKY」6話のまとめ・判明したこと

・ひなたの思うかなたと、実際のかなたのギャップ
・好きな女しか抱けないという光汰の言葉が伏線だった
・美香の具合がちょっと気になる
・判明したことは今回のストーリー全部

ドラマ『RISKY』6話の感想

40代女性
40代女性
これはまさかの…物凄い展開来ました。復讐終わった!やったぜ!ありがとうひなた!の展開かと思いきや…全部ひなたのせいだなんて…。と思うと、光汰はよく「もういいんじゃないか」とか「抱かれる必要まであるのか」って言ってたな、なんて思うこともあり。そして来週はまたもうひと展開ありそうで、結果、光汰もほんのりかなたの気持ちを知ってたのかな?と思うところがありましたね。
そういえば先日、宮近海斗さんのグループである、TravisJapanの松田元太さんが、スカッとジャパンで萩原みのりさんと胸きゅんスカッとを演じてて、ひなたのようなギラギラしてないツンデレ可愛い役も似合うんだ…と思ってしまいました。笑

ドラマ『RISKY』1話~最新話まで無料視聴方法

ドラマ『RISKY』は毎週木曜0時59分~【MBS】毎日放送で放送中!

TSUTAYA TVでは、”各話テレビ放送より1週間先行配信!”

TSUTAYA TVは、初回30日間無料で、30日以内に解約すれば料金は掛かりません。

ドラマ『RISKY』6話の感想をSNSで探してみた☆

Twitter / ?

https://twitter.com/m8_gvx/status/1385286896960507905?s=21

https://twitter.com/love_calvados/status/1385282481629270016?s=21
たびぃ on Twitter
“6話予想以上だった…(脱け殻)… #リスキー #キュン ください…”