「ケイジとケンジ」見逃し動画配信 ドラマ無料視聴方法!DailymotionやPandoraでは!?~所轄と地検の24時~

2020年1月17日

やばい・・・"ケイジとケンジ"録画忘れたー・・・。

こんな経験どなたでもありますよね・・・。

でもご安心下さい!

今は殆どの番組で、見逃したドラマを、ある一定期間であれば、"無料!"でご視聴いただく方法があるのです!!

本記事では、見逃してしまった"【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】"を、"無料!"で視聴する方法をご紹介させていただきます。

アイキャッチ画像はhttps://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/より引用させていただいてます。

「ケイジとケンジ」見逃し動画配信 ドラマ無料視聴方法!DailymotionやPandoraでは!?~所轄と地検の24時~

まずは、海外動画サイトDailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラ)を利用すれば、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】"無料"で視聴することが可能なのか調べてみました。

以下に、現時点での検索結果をご報告させていただきます。

Dailymotion Pandora
【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】 【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】

現時点では、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラ)で、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を視聴することは出来ませんでした。

今後、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラ)での視聴が可能になる可能性も御座いますが、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】の配信は、違法アップロードになりますので、視聴には十分ご注意下さい。

動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは、怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が、公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは、利用は避けた方が良いでしょう。あくまでも自己責任でご視聴下さい。

もし、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】が、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラ)の違法アップロードサイトで視聴できたとしても・・・、

・像が荒い・・・
・動画が止まる・・・
・不審な字幕が入る・・・

このような現象があるとの報告が多数御座いますので、あまりお勧めは出来ません・・・。

それでは・・・、安全に!お得に!【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を動画配信サービスで視聴出来ないのか、色々と検索してみました。

以下が動画配信サービスを検索した結果です。

動画配信サービス 月額(税込み) 配信状況
hulu 933円 ×
dtv 500円 ×
U-NEXT 1990円
FODプレミアム 888円 ×

このように、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を公式なサイトで視聴するには、月額1990円を払ってU-NEXTを契約するしかないようです・・・。

でも、やっぱり無料で視聴したいですよね・・・。

実は今なら・・・

Dailymotion(デイリーモーション)やPandora(パンドラ)ではなく、公式サービスの『U-NEXT』でも、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を、無料で視聴することが出来る方法があるのです。

まず、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】の公式無料配信のある、U-NEXTに登録します。

U-NEXTの公式サイトはこちら

U-NEXTには、登録から"31日間無料体験(無料トライアル)"というサービスがあります。

※無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません!!

しかも、今ならU-NEXTの"31日間無料体験(無料トライアル)"に登録すると、特典として"600ポイント付与"されます。

U-NEXTの、"31日間無料体験(無料トライアル)"に登録するだけで、視聴できる動画数は、現在"見放題作品が14万本、レンタル作品が3万本"(2020年2月現在)です。

しかし残念ながら、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】のような最新作は、14万本の見放題作品ではなく、3万本のレンタル作品の部類になります・・・。

ガッカリ・・・、では【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を、レンタルするといくらなの?

ドラマ最新作の1話のレンタル料金は、大体330円(330ポイント)です。

もう、お分かりですね!?

"31日間無料体験(無料トライアル)"で、付与された600ポイント(600円)を使えば、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】が実質無料でレンタル(視聴)できるわけです!

しかも270ポイント残りますので、余ったポイントは、最新の雑誌の購入などにお使いください。

つまり、"31日間無料体験(無料トライアル)"なら、【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】を"実質無料"でご視聴いただくことが出来るのです。

U-NEXTの公式サイトはこちら

もちろん、"31日間無料体験(無料トライアル)"の残りの期間は、14万本の見放題作品や、70誌以上の読み放題雑誌をお楽しみください。

U-NEXTの動画は公式サイトなので、高画質で、リンクの切れもなく、途中でのCMや広告も一切ありませんのでストレスなくご視聴いただけます。

■U-NEXTの無料トライアルに登録するとこんなメリットがあります。
・31日間無料で、約14万本の見放題作品が楽しめます。
・最新のレンタル作品に使えるポイントが600円分もらえます。
・70誌以上の雑誌が読み放題です。
・パソコンはもちろん、テレビ、スマホでも視聴可能です。

■U-NEXTの無料トライアルのデメリットもご確認下さい。
・無料期間だけの利用でも、クレジットカードなどの情報を入力する必要があります。
・31日間の期間内に解約しないと、自動的に有料会員になり、支払いが発生します。
・無料で見られるのは見放題作品のみ。最新作は有料のものも多数あります。

ただ、ここまでお得なキャンペーンですので、何時、キャンペーンが終了してしまうかは分かりません。この記事を書いてる時点では、まだ本キャンペーンは継続してますが、もしキャンペーンが終了してしまった際には、どうかご容赦下さい。

キャンペーンが終了してしまう前に、出来るだけ早く、無料トライアルをご利用いただくことをお勧めいたします。

※無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません!!

『U-NEXT』のPC、スマホ、アプリでの解約方法は、こちらの記事に詳しくご説明させていただいております。

解約もとても簡単に出来ますので、一度こちらの記事をご確認いただいてから、『U-NEXT』の無料トライアルにお申し込みいただくことをお勧めいたします。

U-NEXTに無料登録して、快適に【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】をご視聴しませんか?


動画配信情報

ドラマ【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】は『U-NEXT』にて第1話から全話までフル動画配信中です。

■初回31日間、無料で約14万本の見放題作品が楽しめます。

■無料視聴期間内に解約すれば、料金は一切掛かりません。

■解約方法は、こちらよりご確認下さい。

■今なら無料トライアル特典として、"600円相当"のポイントプレゼント中!

■ポイントをお使いいただければ、最新の課金対象作品1話も、無料でご視聴いただけます。

■『U-NEXT』おすすめする3つのポイント

  1. 動画配信数は日本最大級の最大"14万本"が視聴可能!
  2. 国内外のドラマ、映画やアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル、また漫画や雑誌などの電子書籍も配信中!
  3. 継続利用すれば"毎月1200円分"ポイントが貰えます!もちろんポイントは新作映画や電子書籍の購入にお使いいたけます。

■『U-NEXT』ユーザーに"耳寄り情報"聴いてみた!

50代女性
50代女性
無料トライアルに申し込んで1カ月使ってます。 通常料金の月額1990円はちょっと高いので、無料トライアルの期間が終了したら、継続するか解約するかは現在検討中です。作品数は本当に多く、最新作もお試し時に貰ったポイントで見れました。画質・通信速度の快適さ・使いやすさなど特に悪い点はありません。

ドラマ【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】ネタバレ

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第7話】
・2020年1月26日の放送終了~次回放送予定時刻前まで配信予定
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信予定です。
第7話のネタバレはここをクリック

横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ・・・!?

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第6話】
・2020年2月20日放送分
TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!
第6話のネタバレはここをクリック

毛利ひかる(今田美桜)は友達と合コンに参加するが、刑事という職業は隠すようお願いする。刑事と分かると大体ひかれてしまうので、友達の会社の受付嬢ということで口裏を合わせてもらうこととする。しかし話の中で、横浜~苗場まで車で高速使って2時間で行った!なんて話が出ると、悲しきかな刑事の本能か・・・、「スピード違反でお前らアウト!」・・・。ひかるの恋話はまだ少し先になりそうだ。仲井戸豪太(桐谷健太)、真島修平(東出昌大)、仲井戸みなみ(比嘉愛未)は何時ものように、元裁判官宮沢かほり(奥貫薫)の店『OKAZU-YA』で食事をしてると、そこにお互い趣味が将棋の樫村武男(柳葉敏郎)と大貫誠一郎(風間杜夫)に遭遇し、一緒に飲んでいた。合コンに失敗し、落ち込んだひかるは帰り道、交番勤務の田口の元を訪れ愚痴を聞いてもらってると・・・、"コンビニ強盗発生"無線が田口のもとに入る。しかも近くだ!コンビニ店員がカラーボールを当てたとの情報もあり、すぐに怪しい男を見つける、ひかる。職質をかけると逃げようとする。追いかけると抵抗してきたのできたで、そのまま揉みあいになり即逮捕する。ポケットからは、コンビニ強盗に使ったとみられるナイフも見つかった。お手柄だった!翌日犯人を送検し、何時ものように送検祝いで盛り上がる刑事課の面々。コンビニ強盗、しかも防犯カメラの映像も容疑者と一致してる。修平は、何も疑う余地のない半田(長谷川朝晴)を起訴することを樫村に報告する。しかし昨日かおりの店で従業員の大野純(ぎぃ子)に、趣味の将棋であっさり負けてしまい、機嫌の悪い樫村は修平に、「半田の兄は調べたのか!?」、「もし兄貴の指示でコンビニ強盗をやってたらどうする!?」、「兄貴がナイフを購入してたらどうするんだ!?」、「詰めが甘い!!」と怒られてしまう。修平はすぐに樫村の指示通り、ひかるに半田の兄を調べるよう捜査依頼する。捜査の結果なんと、半田が弟になりすましていたことが分かる。弟の二郎の免許証更新を、兄の半田一郎が、弟の二郎になしすまして更新していたのだ。一体なんのために?しかもその後、弟の二郎は行方不明になっている・・・。事件の匂いがプンプンする案件に飛びつく修平は、すぐに半田の取り調べを横浜桜木署に依頼する。半田曰く免許証の更新は、痩せたと言ったら全く疑われなかったようだ。半田は自分の免許が取り消しになり、困っていたためだったと言う。その免許で金を借りたことはあるか尋ねると、消費者金融で金を借りたことをあっさり認めた。そしてその後、弟二郎は失踪してる。ますます怪しい・・・。修平と半田の取り調べをマジックミラー越しに見ていた豪太は、我慢できず取調室に乗り込む。「お前が殺したんだろ!!」曖昧な供述を続ける半田に、修平も二郎の遺体を探すよう刑事課に指示をだす。しかし、ひかるは二郎が何処かで生きてることを信じるようだ。

豪太は早速半田の自宅を調べることとする。両親を亡くし、元々は二郎と二人で住んでいたという、両親の実家を捜索すると、床下から骨のようなものが見つかる!!しかも台所の床からはルミノール反応が出た!!「間違いなく殺人事件だ!」色めく刑事課の面々と修平!県警の捜査一課も動きだした。修平は改めて半田を取り調べると、弟の二郎はすぐに鼻血を垂らしていたと言う・・・。「嘘をつくな!!お前が殺して床下に埋めたんだろ!!」

鑑定結果が出た!骨はなんと、鶏肉の骨だったことが分かる!?

周平の指示で、とにかく遺体を探し床下を掘り続ける豪太。遺体ではないが缶の入れ物を見つける。恐る恐る開けてみると、中には手紙が入っていた。手紙のタイトルは"30年後の僕たちへ"子供の頃、半田が仕込んだタイムカプセルだった。その頃ひかるは、目黒元気(磯村勇斗)に協力してもらい、弟の二郎を探し続けてた。すると捜索中のひかるは、あるホームレスの証言から二郎を発見する。二郎は生きていたのだ!ホームレスになった二郎は自由気ままに生きていたのだ。喜んで、思わず二郎に抱き着くひかる。ひかるに気がある目黒は、二郎を見つけて喜ぶひかるの姿に嬉しそうだ。その時ひかるに抱き着かれた二郎は、興奮して嬉しかったのか鼻血がタラり・・・。ただのお騒がせ事件だった。送検された半田は修平の取り調べを受ける。一通りの起訴内容を伝えた上でみなみが、豪太の見つけたタイムカプセルの手紙を読みあげる。そこには、二郎も自分(一郎)も素敵な奥さんもらい、立派な家族を作って、兄弟仲良く幸せに暮らしてるだろうと書かれていた。自分の書いた手紙に、今の自分と照らし合わせ"情けない"と涙を流す半田。事情聴取のために検察を訪れた二郎は、3年ぶりに一郎と再会する。ホームレスの二郎は一郎に、「俺みたいにちゃんと生きろ」と説教する。それに、「そうする」と答える一郎だった。

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第5話】
・2020年2月13日放送分
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信は終了しました。
第5話のネタバレはここをクリック

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は仕事終わりに居酒屋店へ。出世の為に重要なのはミスをしない、即ち冒険しないことだいう目黒に、豪太はつまらなそうだ。「俺は横浜から、犯罪を撲滅するために刑事になった!」と豪語する豪太に、目黒は全く理解を示さないのだ。二人は帰り道で、男性同士の揉め事に出くわす。お互い酔っぱらってるようだった。見過ごすわけにもいかない豪太と目黒は、喧嘩を止めに入ることとする。揉み合いから倒れた男性は、額から多少の出血をしていた。警察であることを名乗り、喧嘩の仲裁に入ると、「こいつにやられました!」額から出血してる男性の方が叫んだ!するともう一方の男性は、目黒の制止を振りほどき、突然逃げ出す。慌てて豪太は追いかける!そこへたまたまパトロール中だった、交番勤務の田口の協力もあり、見事現行犯逮捕に至る。思わぬお手柄だった。翌朝、思わぬお手柄にすっかり舞い上がる豪太と目黒の二人。現行犯逮捕の容疑者は、源義和(深水元基)。免許証の写真を見た刑事課の毛利ひかる(今田美桜)は、何か違和感を感じる。何処かで見たことあるような・・・。そこへ、ILA法律事務所の弁護士を名乗る、神田川博史(堀井新太)という男が現れる。源の家族から依頼を受けて来たと言う。ILA法律事務所は、源の父親が経営する会社のクライアントということもあり、早急に根回しをしてきたようだ。しかもこの神田川という男、目黒とは中高の同級生だったというのだから驚きだ。神田川は挨拶もそこそこに、タブレットを開きある映像を見せてきた。そこには昨晩、豪太と目黒が目撃した現場とみられる映像が映っていた。神田川は、これから捜査を始める警察よりも先に、防犯カメラの映像を入手していたのだ。しかもここには思いがけない映像が映っていた。先に手を出したのは、今回逮捕した源ではなく、血を流していた男性の方で、自ら転倒し額をぶつけていたのだ。「捜査の必要はありませんよ、これはあきらかな誤認逮捕です。」神田川が意気揚々と言う。「逮捕したのは中井戸さんです!」目黒が言う。「めぐちゃんだろ!」豪太も叫ぶ。手柄は一変して、誤認逮捕の擦り付け合いに変わっていた・・・。ひかるが似顔絵を持って戻ってきた。そこに書かれた似顔絵は、源にそっくりだった。3年前、まだ豪太が刑事課に配属になる前の、未解決傷害事件の容疑者の似顔絵だと言う。当時の捜査に関わった刑事課の面々も、源で間違いないと言う。だから源はあの時、先に手出してないにも関わらず、警察と名乗ったことで逃げ出したのだ。誤認逮捕の汚名返上か!?しかし・・・、横浜桜木警察署署長・大貫誠一郎(風間杜夫)自ら、横浜地検みなと支部支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に捜査協力の要請をするも・・・、別件逮捕、しかもそれが誤認逮捕であれば、当然釈放!とバッサリ切り捨てられる・・・。「しかし、そのまま逃亡されてまったら・・・、」大貫も食い下がるが、「釈放です!傷害事件の捜査はその後!!」樫村はそのまま返事も聞かずに電話を切る。樫村は警察の暴走を危惧し、送検前にも関わらず、部下の真島修平(東出昌大)に捜査に加わるよう指示を出す。その頃警察では、樫村の指示通り、源の釈放の準備を進めるが・・・、ある計画を立てていた。弁護士と共に源が、桜木署から出た瞬間だった。「源義和、3年前の傷害事件の件で、任意同行願います!」理屈は一度は釈放、桜木署から出た瞬間に、改めて任意同行を求めたのだ。暴れる源の肘が、目黒の顔面に直撃する。公務執行妨害の現行犯逮捕だ!捜査の結果、3年前の飲食店での傷害事件で、犯人が使ったとされるグラスの指紋と源の指紋が一致したのだ。しかし源は否認する。何も知らされてない、神田川はすぐさま源との面会を求める。「私はあなたの味方です。本当のことを教えて下さい。」神田川が源に問うと、「俺だよ!俺がやった!」源は全く悪びれる様子もなく、神田川に言葉を吐き捨てた。

豪太は捜査に加わった修平、立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)と共に、3年前の傷害事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)に会いに行く。徹は車いすバスケをしていた。3年前の傷害事件で徹は、脊髄損傷の大ケガを負い、半身不随になっていたのだ・・・。まず豪太と修平は徹に、容疑者を逮捕したことを伝える。その上で徹に改めて、事件の詳細を確認してもらうこととする。事件の詳細を改めて確認した徹は、弁護士の神田から連絡があったことを、豪太と修平に伝える。容疑者の源が逮捕されたことを伝えるのではなく、豪太と修平が会いに来るより前に、神田川はコンタクトを取って来ていたのだ。神田川が言うには、3年前の事件で源は、3年間苦しみ続けていたと言う。そして源は、もうこれ以上は隠したくない。お見舞金として500万受け取っていただきたいと言ってきた、と言うのだ。神田川はこの事件を早々に示談に持ち込もうとしてるのだ。「あいつは全く反省などしていない!むしろ、しらばっくれている!」神田川のやり方に納得のいかない豪太は、源の本当の現状を徹に伝える。しかし修平は冷静に、示談に応じる気持ちが徹にあるのか確認をする。「示談には応じません!」少し考えてから徹は、はっきりと答えた。今の自分は、しっかりと気持ちを切り替えて前向きに生きてるつもりです。でも犯人を許すことは出来ない、それとこれとは話が違うと、はっきり徹は答えた。徹の決意に感動した豪太は、源の送致に気合が入る。改めて源の顔写真を確認してもらい、横浜地検みなと支部に送致することを決める。送致の件は中高同級生の目黒から、神田川に伝えさせることとする。横浜桜木署恒例の、送検祝いに湧き上がる刑事課の面々だったが・・・、神田川はこのまま黙って引き下がるような男ではなかった・・・。送致された源だったが、修平の検事調べには完全黙秘を貫く。恐らくこれも神田川の入れ知恵だろう・・・。修平は改めて横浜桜木署に、徹が事件で受けた、被害の程度の確認を依頼する。

豪太と目黒は、早速事件現場となった飲食店に向かい、店主から話を聞くこととする。徹はバスケの有望な選手で、プロ入りも決まっていたというのだ。その夢を一瞬で壊されたというのだった。怒りに震える豪太は改めて、源の罪を立証するため、捜査に気合が入る。神田川は修平に面会を求め、横浜地検みなと支部を訪れて来た。警察の捜査資料を提示する周平に対し、全てを悟ったよう言葉巧みに切り返す神田川、そして改めて、示談が成立したことを修平に伝えてきた。金額を2,000万に釣り上げたのだ。修平のスイッチが入った瞬間だった・・・。怒りの収まらない豪太と目黒は捜査を続ける。修平からの助言もあり、源が今まで酒で暴力沙汰を起こし、その度に弁護士が何度も解決していたことを調べ上げる。その事実を徹に伝え、改めて示談には応じず、源を重い罪で罰っしたいこと、そして今回でそれが出来なければ、全く反省の余地のない源は、必ずまた同じ事件を起こして、そしてまたあなたと同じように、つらい目にあう人がでてきてしまうのだと、豪太は徹に訴える。周平はみなみと共に、神田川に会うためILA法律事務所を訪れる。わざわざ検事の訪問に、神田川は少し驚いた。自信満々の神田川に修平は、徹は示談には応じないことを伝える。その上で、傷害罪で起訴すること、そして民事でも、徹は源を訴えることを伝える。徹はBリーグ入りが決まっていた。安く見積もっても10年で2億円は稼ぐ可能性があったであろうこと。これが民事裁判では、請求額の目安になるではないかと伝える。検察は民事には介入しないことを伝えた上で、慌てふためく神田川に、最後の一撃を加える。民事で徹につく弁護士は、藤堂法留津事務所の藤堂俊介先生であることを伝えたのだ。藤堂俊介先生は、民事訴訟のレジェンドとも言われ、当然神田川も太刀打ちできない、凄腕の弁護士である事を知っている・・・。本気になった修平の勝訴だった。ちなみに藤堂俊介先生は、修平の司法修習生時代の恩師で、今回の件で修平が自ら代理人をお願いしたのだ。源は今後、起こした事件に相当する罪を背負うことになるだろう。そして目黒もまた、時には冒険することの大切さも、豪太に教えられたようだった。豪太と周平のコンビがまた一段と強くなった。

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第4話】
・2020年2月6日放送分
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信は終了しました。
第4話のネタバレはここをクリック

横浜桜木署の刑事課、強行犯係に密着テレビの取材が入る事ととなり、やる気満々の刑事課、強行犯係の面々。テレビクルーも待機の中、早速"放火事件"の一報が入る!!通報を受け、テレビクルーも同行して現場に向かう仲井戸豪太(桐谷健太)たちだったが、被害は、原付バイクの前輪が燃えただけだった・・・。多少建物にも焦げ跡が残ったが、この程度では企画にならないと、残念そうに撤収するテレビクルーのメンバーたち・・・。すると多胡係長(矢柴俊博)たち刑事課のメンバーたちも、テレビクルーが帰るならと、豪太に後処理を任せてサッサと帰ってしまう・・・。寒空の中、マンションのバイク置き場で持ち主を待つ豪太の元に、ようやく原付バイクの元主が帰宅する。バイクの持ち主である、太郎丸直樹(大東駿介)に犯人に心当たりはないか尋ねると、最近別れた元カノが怪しいと・・・。自宅に戻った豪太は、みなみに事件のことを話すと、なんと太郎丸が3ヶ月前までみなみと同棲してた元カレだと分かる!しかも太郎丸は、みなみと別れた後すぐに新しい彼女を作っていたことも・・・。太郎丸の証言を元に捜査の結果、事件当日、付近の防犯カメラに、太郎丸の元カノ石田貴理子(阿部純子)の姿が・・・。豪太はすぐに貴理子を取り調べると、あっさりと犯行を自供する。容疑者の女性が、みなみの元カレの元カノということを知った修平だが、支部長の樫村武男(柳葉敏郎)より、この事件の担当検事に任命される。同様した周平だが、樫村に太郎丸がみなみの元カレであることを伝えると、樫村はみなみをこの事件の担当から外すことを、本人に直接伝える。みなみも憤りを感じながらも、樫村の指示を受け入れる。修平は、別の秘書官と貴理子を取り調べる。貴理子は、何の理由も言われることなく、太郎丸に振られたことで、自分の気持に収まりがつかず、犯行に及んでしまったと言う。反省する様子を見せる貴理子に、事の重大性と犯した罪の重さ、またもし火が建物に移ってしまっていた場合には、多くの犠牲者がでていた可能性があることまで伝え、反省を促す。みなみは、取調べ室から出てるく貴理子と偶然遭遇する。その時、貴理子の表情が、取り調べの後にも関わらず、あまりにも平然としてたことから、若干の違和感と恐怖を覚える。みなみは、取調べのために、横浜地検みなと支部に訪れた太郎丸と再会することとなる・・・。修平は、太郎丸に現在の状況と今後の対応について回答を求めると、太郎丸はあっさり貴理子を告訴すると言う・・・。理由を聞くと、太郎丸は警察には話してないもう一つの事実を修平に伝える。太郎丸は、別れ話のあと貴理子のマンションを出たところで、上から植木鉢が落ちてきて、あやうく直撃するところだったことを修平に伝える。間一髪事なきを得たが、貴理子の仕業で間違いないと言う。これが事実で、貴理子に殺意があったとなれば、殺人罪まで可能性があることになる。早速、修平は豪太にここまでの経緯を伝え、捜査を依頼することとなる。

修平からの依頼を受け、捜査を始める豪太だが、貴理子の本性が次から次へとあきらかになる。貴理子は、ホストクラブに入り浸っていたことがわかる。早速、豪太はそのホストクラブを訪ね、担当したホストに話を聞きに行くこととする。ホストはある日の会話を豪太に伝える。貴理子は、以前付き合ってた男に突然別れを切り出され、腹の虫が収まらず、当時住んでいた7階のマンションから植木鉢を落とし、その男に命中させたことを、何かの武勇伝のように話していたというのだ・・・。しかしこの件は事件にはなってない!?豪太は、貴理子が以前付き合ってたというこの男に会いに行くこととする。林原という男は、植木鉢が上空から落ちてきて、直撃したことで肩の骨を複雑骨折し、現在も治療中だという。林原曰く、その日は台風の影響で風が強く、不運な事故だったと言うのだ。林原の話に違和感を覚えた豪太が、問い詰めると貴理子との関係を認める。しかも不倫だったと言う。だから事件にでは出来ず隠していたのだ。別れた経緯を訪ねると、貴理子は独占欲が強く、1日何度もメールが来るし、時には自宅に電話が掛かってきたこともあったという・・・。太郎丸の証言とほぼ一緒だ・・・。貴理子を少なからず哀れに思う豪太だったが、その事実を伝えるため、修平を自宅に呼ぶ。みなみは友達と食事で帰りは遅いからだった。現状を修平に伝えると、そこにみなみも帰宅してきたため、3人で話をすることとなる。別れの理由を全く告げられずに、怒りの矛先を向けるところがなかったこと。例えばメールを1日何通も送ってくるなとか、ハッキリと理由を伝えられなかったこと。そして、このままではまた同じことを繰り返してしまう可能性が高いことも話し合う3人・・・。

起訴する貴理子に、修平が伝えた罪名は・・・、現住建造物等放火未遂罪。未遂?意外な判決に貴理子は少し驚く・・・。罪状を伝えたうえで修平は、貴理子にもう2度と同じ過ちを繰り返さない、犯罪者として裁かれるのは、これが最後にして欲しいと伝える。その上で、豪太、みなみと3人で意見をぶつけ合った話を、個人的な意見として貴理子に伝える。嫌なことがあれば愚痴を言い合えるような友達を作って下さい。そしてデリカシーの無い男の悪口を言い合えるといいでしょう。1日何度もメールを送るようなことではなく、逆に恋の駆け引きを楽しむぐらいでないと・・・、失恋のはけ口がないことが、殺人にまで発展してしまう可能性がるということを、女性目線としての、みなみの考えも伝える。そして・・・、「もう部屋に植木鉢は置かない事!」修平の話に、涙する貴理子・・・。部屋の前で話を聞いていたみなみも、修平の話に賛同し微笑む。修正は、豪太に植木鉢の件を貴理子が認めたことと、起訴内容を伝える。

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第3話】
・2020年1月30日日放送分
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信は終了しました。
第3話のネタバレはここをクリック

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。検事5年目・・・初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず・・・。捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。"落としの長さん"の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから・・・と、修平は拒否。逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し・・・!そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。さらに・・・!刑事にとっても検察にとっても、"決してあってはならない事態"が発生する-。

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第2話】
・2020年1月23日放送分
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信は終了しました。
第2話のネタバレはここをクリック

会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。そのまますぐに送検される。ところが直後、事態は一変する。捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ!しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ・・・。頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。そこでふと視界に入ったものが引っかかり・・・!?

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

【ドラマ『ケイジとケンジ所轄と地検の24時』第1話】
・2020年1月16日放送分
・TVer、テレ朝キャッチアップ、GYAO!での配信は終了しました。
第1話のネタバレはここをクリック

体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。県警本部長から表彰される。しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ・・・!一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ・・・!?

引用:【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】公式HP

ドラマ【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】イントロダクション・キャスト情報


公式サイト 公式twitter 公式instagram

【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】
令和初の新春が訪れると同時に、ドラマ界にも新時代の到来を予感させる、やたらめったら気になる新バディが誕生・・・!?2020年1月期、テレビ朝日が毎週木曜にお届けするオリジナルドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で、"刑事"と"検事"という“日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせの男たち"がタッグを組み、港町・横浜を舞台に人間臭さ全開で大暴れします。この新バディを演じるのは、もはや説明はいらないほど縦横無尽な大活躍を続ける桐谷健太と東出昌大。桐谷が昔ながらの気質(!?)で走り出したら止まらない"元体育教師の異色な刑事"に、東出が頭脳明晰すぎて逆にズレている(!?)"東大卒の頭でっかちな超エリート検事"に扮し、仲良くケンカしながら難事件に挑む2人組を体現することに!「この人間くさくて愛らしいキャラクターにしっかりと血を通わせて、東出君との魅力的なやりとりを楽しみたいです。共に全身全霊で切磋琢磨していきたい」という桐谷。かたや「本当に魅力的で大好きな先輩なので、"これから一緒に戦っていく仲間"としても心強いです。そんな桐谷さんに頼りながらも、僕自身も向こうを張れるように全力でぶつかっていきたいです!」という東出。彼らが時にふっと笑っちゃうほど軽やかに、時にグッとくるほど真剣に-。映画『GONIN サーガ』(2015年)でも共演し、互いをよく知る2人が《W主演》という新タッグ体制のもと、絶妙コンビネーションで“半人前同士だからこそ可能性は底知れない2人”を演じます。

Cast
桐谷健太・東出昌大・比嘉愛未・磯村勇斗・今田美桜・渋谷謙人・奥山かずさ・ぎぃ子・矢柴俊博・菅原大吉・峯村リエ・西村元貴・奥貫薫・柳葉敏郎・風間杜夫

ドラマ【ケイジとケンジ所轄と地検の24時】の期待どころを募ってみた☆

50代女性
50代女性
桐谷健太さんの、大阪弁で人情味のあるコミカルな演技も本領発揮で好感が持てます。生真面目だが何処か抜けている東出昌大さんも良い味出していますね。この二人のデコボココンビの掛け合いが面白いです。それを緩和して和ませる美人の比嘉愛未さんに癒される(^^♪テンポが良く笑わせながら、最後はホロっとさせる下りが面白い。脚本がヒーロー、ガリレオ、朝ドラまんぷく、龍馬伝などヒット作話題作を送り出した、福田靖さんの書下ろし脚本も期待できます。
30代女性
30代女性
思ってたより真面目な作りになるのかな?刑事・検事それぞれの苦悩もきちんと描かれ、それでいて適度にコメディー要素も盛り込まれて、大変見やすく満足できました。柳葉さんの温かくも厳しい、なんでもお見通し感あふれる支部長もいい。作品に重厚感が加わります。和食処は、作品のよくある癒しのシーンだろうと思ったが、真島検事が店に入った時、一瞬女将の顔がこわばったように見えた。元裁判官だけに何かストーリーに絡んできそう・・・。
20代女性
20代女性
ベタですが面白かったです(^.^)桐谷さんも、東出さんも、演技は本当に上手くないな、と思うのですが(失礼)、キャラクターが立っていて良いですね。東出さんの悪い人ではないが、清々しいまでの小物っぷりクズっぷり、桐谷さんは、優しくて熱いけど、明らかに浅い。役にピッタリです。演技力はあるにこした事はないですが、役に合うと言うのが大切なのだなと改めて感じました。二人は役者として、見た目も良いですしねf(^_^)個性的な二人を見守る一般的な感覚を持つ人の役として、比嘉愛未さんも良いですね。おかしな人だと思いながらもほっとけない優しさがあり、振り回されてしまうのでしょう。この三人が出会いによってどう変わっていくのか?とても楽しみです。